日本での新製品は? フランス生まれの「Wiko」に寄せる期待

文●山根康宏 編集●ゆうこば

2017年08月15日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カラフルボディーな低価格モデル「Tommy」を発売したものの、その後の新モデルが日本ではまだ出てきていないWiko(ウィコウ)。

 2017年2月のMWC 2017では「高性能カメラモデルを日本に投入も検討」という話もありましたが、それからすでに半年が過ぎてしまいました。

 Wikoの次の日本投入モデルはどんな製品になるのか、ヨーロッパで販売されているWikoの最新モデルを確認してみましょう。

日本でもウケそうなデュアルレンズ新型スマホ「WIM」

 デュアルカメラを搭載し高速シャッターも自慢の「WIM」、そしてその兄弟モデルの「WIM Lite」はこの7月にようやくヨーロッパで発売になりました。

 順当に進めば、この2つの製品が日本に投入されるはずです。カラーとモノクロと言う、「HUAWEI Pシリーズ」と同じデュアルカメラを搭載したWIMは高画質な写真撮影を可能にしますし、カラフルなボディーのWIM Liteはより価格が低いことからセカンドマシンにも最適です。

WIMシリーズはようやくヨーロッパで発売

 WikoはこのWIMシリーズ以外にも、今年になってから複数のモデルをリリースしています。現行モデルは20機種前後と、ミドルレンジ機を中心に100ユーロ台の低価格機も豊富にそろえているのはWikoならでは。

 ヨーロッパならば、常時これらの製品が販売されていますが、日本ではまだ1機種だけと言うのは寂しいところです。

ヨーロッパでは20機種程度が販売されている

得意分野の「エントリー」市場の新型は難航しそう

 たとえば、日本発売のTommyは後継モデルとして「Tommy 2」が7月に発売されています。機能はほとんど変わらずで、CPUがSnapdragon 212(1.3GHz、クアッドコア)、メモリー1GB、ストレージ8GB、背面カメラ800万画素、正面カメラ500万画素。

 ディスプレーは5型HD解像度(720×1280ドット)で、価格は99ユーロ。Tommyよりも40ユーロ安くなり、カラバリもシックな色合いとなっています。Tommyが日本で1万4800円(税別)ですから、このTommy 2はがんばれば9980円、1万円切りも夢ではないかも。

Tommyの後継モデル、Tommy 2はマイナーバージョンアップモデル

 このTommy 2は5.5型ディスプレーモデルの「Tommy 2 Plus」が9月登場予定なので、もしかするとそちらが日本に出てくるかもしれません。価格は139ユーロ予定なので、日本販売のTommyをこのTommy 2 Plusで置き換えるのも悪くないでしょう。

 なお、Tommy 2とTommy 2 Plusの基本スペックは変わりませんが、日本で出すならば日本版Tommy同様、メモリーは2GBで欲しいところです。

Tommy 2は5.5型モデルも登場予定、日本への投入なるか

 7月には「Sunny 2」「Jerry 2」の2つの製品も発売になっています。ヨーロッパは9月が新学期ですから、それを前にして多数の新製品を投入しているのでしょう。

 しかし、この2製品はどちらも3Gのみのエントリーモデル。Sunny 2は4型WVGA解像度(480×800ドット)ディスプレーに、メモリー512MB。一方、Jerry 2は5型FWVGA解像度(480x854ドット)ディスプレーにメモリー1GB。

 それぞれ59.98ユーロ、89.98ユーロですが、エントリー機としても日本投入は厳しいでしょう。Sunny 2の大きさが目立つカメラ部分はちょっと気になりますけど。

3GのみのエントリーモデルSunny 2

8月末から始まるIFAの発表ラッシュに期待!

 WIM以外のモデルは価格重視の製品が多いため、Tommyを発売している現状からすると、ほかの製品が日本向けに出てくることはなさそうです。やはりWIMとWIM Liteを発売し、その下にTommyクラスの入門機という、3つの柱が欲しいところではないでしょうか。

ヨーロッパでは豊富なモデル数を誇るものの、WIMの投入が待たれる

 さて、9月にはドイツ・ベルリンでIFA 2017が開催されます。Wikoもフランスブランドメーカーとして当然出展します。

 年々スマートフォン販売数を伸ばしているWikoだけに、IFA 2017では新製品の発表もあるのではないでしょうか? MWC 2017がカメラ強化だっただけに、IFA2017では他の機能に特徴を持たせた製品が出てくる可能性があります。

IFA 2017に出展するWiko

 各社がハイスペック・ハイエンド製品で話題を集める中、リーズナブルな価格のモデルを中心に展開するというWikoのビジネスモデルはまさしく「Game changer」。IFA 2017では日本向けにも何かしらの発表を期待したいところです。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

http://ascii.jp/elem/000/001/179/1179201/

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰〜山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰〜山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク