ドコモ発で世界で羽ばたく(?)2画面スマホ「AXON M」をニューヨークでチェック

文●山根康宏 編集●ASCII編集部

2017年10月19日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 18日にはドコモの発表会が日本でありましたが、その前日17日はニューヨークでZTE「AXON M」の発表会が行なわれました。そこではアメリカAT&T向けの製品が展示されていたので、2画面端末のデキはどんなものか、さっそく実機をチェックしてみました。

 AXON Mは5.2型フルHD(1080x1920ドット)のディスプレーを2枚備えた製品です。閉じた状態では普通のスマートフォンとして利用できます。この時のサイズは71.6×150.8×12.1mm。やや厚さはあるものの、左右のフレームを薄くしているので片手でも無理なく持つことができます。

左右のベゼルが薄く縦に長い形状のAXON M

 本体下部にはUSB Type-C端子とスピーカーが並びます。よく見ると折り畳んだ状態の2枚目のディスプレーが裏側に折り畳まれているのが見えます。ディスプレーの厚さはかなり差がありますが、以前日本で発売されていた「MEDIAS W」とは2枚のディスプレーの形状が異なるのがわかるでしょう。AXON Mは2枚目のディスプレーはかなり薄くなっています。

本体下部にはUSB Type-C端子とスピーカーが並ぶ
本体上部はヘッドフォン端子。こうしてみると2枚目のディスプレーの薄さが目立つ

 本体の側面は、閉じた状態の右側にヒンジが備わります。ヒンジは0度と180度ではしっかり止まり、その間の角度は自由に可変できます。また、左側面にはSIMスロット、充電端子、ボリュームキーなどが並びます。このうち電源ボタンは指紋認証センサーを兼ねています。側面にセンサーを搭載すると本体の厚みを薄くできなくなるのですが、AXON Mは逆にこの形状のため本体に厚みがあり、この位置への搭載も問題ないのです。

本体右側面のヒンジ
左側面にはSIMスロットや電源ボタンなどが並ぶ

 本体を開いてみると、背面内側にはAT&Tのロゴが印刷されています。また閉じたときにそれぞれの画面がぐらつかないように、背面側には凹凸の加工がされています。閉じると噛みあって重なるようになっています。

本体の内面。キャリアロゴが配置される

 本体を完全に開くと、2枚の画面はみごとにツライチとなります。左右で厚みが違いますが、実際に持ってみるとそこは特に気にはなりません。左利きの人が右手で本体を持つときも、本体を上下逆にすれば画面表示が180度回転してくれるので持ちにくいということはないでしょう。

裏側の2枚目のディスプレーを完全に開く
2枚のディスプレーはツライチとなる

 ところで面白いのがカメラ。通常のスマートフォンは背面と前面にカメラを搭載しています。しかし、AXON Mはフロントに2030万画素を搭載するのみです。セルフィーには便利ですが、通常の写真を撮るときはちょっとトリッキーな動きをします。カメラを起動すると、すぐに画面表示が裏画面に切り替わるのです。これで通常のスマートフォンのように写真撮影ができるというわけです。

カメラはフロントのみに搭載

 それでは2画面の使い方を試してみましょう。まずは閉じた状態。スリムで片手でも十分持てます。画面をよく見ると、下部のソフトキーの右側に「M」の文字が並んでいます。このMキーは画面を閉じた状態ではタップしても何もおきません。

片手でも持てる5.2型の小型サイズ
画面の右下に「M」が表示されている

 今度は画面を開いて再びMキーをタップすると、その下に4つのアイコンが並びます。左から「2枚の画面を同じ表示」「2枚の画面をつなげて1枚の画面として表示」「左右別々の表示」「左画面だけ表示」の4つのモードを簡単に切り替えできます。

画面を開くと、左右どちらの画面の下にもソフトキーが表示される
開いた状態でソフトキーをタッチすると左右の画面のモード切替ができる

 まずは左右の同じ画面表示。これは2画面それぞれまったく同じ表示となります。スマートフォンを2台並べているようなものです。この状態で本体を山折にして相手に同じ内容を見せる、という使い方ができます。そして、AXON M用に開発されたアプリもこれから登場します。2画面を使って対戦ゲームも可能になるそうです。

2つの画面が左右に並ぶモード
チェスのゲームはAXON M用に開発されたもの。2人で向かい合って対戦できる

 2画面を1枚にするモードでは、ディスプレーサイズが6.75型相当となります。7型タブレットに近い大画面表示ができるわけです。2枚のディスプレーのつなぎ目が若干気になるものの、「ぱっと開けば大画面」はなかなか便利そうです。

1画面にするモードでは6.75型相当の大画面となる
ブラウザ表示もより広い画面が使える。真ん中の継ぎ目はコンテンツによっては気になる人もいるかも

 そして左右を別々に使うモードでは、2つのアプリを同時に利用できるとのこと。スマートフォンを2台使っている人には有用なモードと言えるでしょう。本体を横に傾ければ画面表示も横向きになります。SNSをメインに使う時は縦で、動画を見ながら何かするときは横向きで、という使い分けができます。

2画面モードでは左右のアプリは個別に動く
横向きにすれば上下にアプリが表示される

 MEDIAS Wが出たころはスマートフォンのスペックも低く、今ほどSNSも普及していませんでした。しかし、今や一度に複数のタスクを使うのは当たり前となり、SNSの利用が1日の大半を占めるほどになっています。AXON Mはマルチタスク全盛の今の時代にちょうど適したスマートフォンと言えそうです。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク