バーコードやQRコードでお買い物 ドコモが新決済サービス「d払い」を4月開始

文●二子/ASCII編集部

2018年01月17日 13時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモはスマートフォンのディスプレーに表示させたバーコードやQRコードを、対応のレジや決済端末で読み取ることで、キャッシュレスによる買い物が可能になる新決済サービス「d払い」を2018年4月に開始すると発表した。

 従来のFeliCaによる非接触決済は、スマホ側に専用のハードウェア(ICチップ)を必要としたほか、店舗側もICリーダー/ライター機能を持つPOSシステムが必要であるなど、どうしても導入のうえでのハードルが高かった。

 これに対し、d払いではスマホ側はアプリでバーコードなどを表示するだけでよく、店舗側も市販のタブレットと専用アプリを用意するだけと大幅に導入のコストが下げられる。このようなバーコード(QRコード)+スマホアプリのモバイル決済は、中国の「WeChat Pay」「Alipay」など爆発的に普及している地域も見られる。

 d払い加盟店としてすでに公表されているのは「ローソン」「マツモトキヨシ」「ツルハドラッグ」「髙島屋」など10社1万9000店舗。ドコモでは早期に10万店舗以上の展開を目指すとするほか、キャナルペイメントサービス、日本電気、NTTデータなど8社のシステムパートナーとの協力についても発表されている。

 発表会の模様については、後ほど詳しくお届けする予定。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ