Galaxy、isai V30+、Xperia、ハイスペック機のスタミナテスト

文●小林 誠 編集● ASCII編集部

2018年03月12日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 主要3キャリアが提供するハイエンドスマホ、「Galaxy Note8」「isai V30+」「Xperia XZ1」の3機種を比較してきたが、最後はスタミナテスト。スペックが高いスマホのバッテリー持ちはどうだろうか。

Galaxy Note8
isai V30+
Xperia XZ1

ここまでXperia XZ1が2勝、引き分け1回

 ドコモ「Galaxy Note8 SC-01K」、au「isai V30+ LGV35」、ソフトバンク「Xperia XZ1」を使用しテストをしているが、2年間の料金比較スピードチェックでXperia XZ1が2勝、カメラテストでは各機種に決め手無く引き分け。Xperia XZ1はソフトバンクの月月割や、本体サイズなどの点で有利になったものの、正直3回とも引き分けでもおかしくないようなここまでの結果だった。

  ドコモ「Galaxy Note8
SC-01K」
au「isai V30+
LGV35」
ソフトバンク
「Xperia XZ1」
メーカー サムスン電子 LG ソニーモバイル
本体サイズ 約75×163
×8.6mm
約75×152
×7.4mm
約73×148
×7.4mm
重量 約190g 約158g 約156g
画面サイズ 6.3型 6型 5.2型
画面解像度 1440×2960ドット 1440×2880ドット 1080×1920ドット
OS Android 7.1.1 Android 8.0 Android 8.0
CPU 2.35GHz+1.9GHz
(8コア)
2.35GHz+1.9GHz
(8コア)
2.45GHz+1.9GHz
(8コア)
ROM/RAM 64GB/6GB 128GB/4GB 64GB/4GB
メモリーカード microSDXC
(256GB)
microSDXC
(256GB)
microSDXC
(256GB)
国内4G対応バンド 1/3/19/21
/28/42
1/3/8/18/26
/28/41
1/3/8/11/28
/41/42
キャリアアグリゲーション
VoLTE
連続通話時間 1370分(LTE) 1200分(LTE) 1460分(LTE)
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 1220万画素×2 1650+1310万画素 1920万画素
インカメラ 800万画素 510万画素 1320万画素
防水/防塵 IPX58/IP6X IPX58/IP6X IPX58/IP6X
ワンセグ
フルセグ
おサイフケータイ
NFC
Bluetooth 5.0 5.0 5.0
MHL(HDMI) × × ×
キャスト ×
SIM形状 nanoSIM nanoSIM nanoSIM
バッテリー容量 3300mAh 3300mAh 2700mAh
Qi ×
生体認証 指紋、顔、虹彩 指紋、顔、音声 指紋
USB端子 Type-C Type-C Type-C
カラバリ Midnight Black、Maple Gold オーロラブラック、クラウドシルバー、モロッカンブルー ムーンリットブルー、ブラック、ウォームシルバー、ヴィーナスピング

 スペックを見ると、Galaxy Note8とisai V30+はバッテリー容量が3300mAhだが画面サイズは6型オーバー、そして有機EL。Xperia XZ1はバッテリー容量が2700mAhと小さく、画面は5.2型液晶。これだけではなんとも判断しがたいところだ。

YouTubeの2時間連続再生ではisai V30+

 まずはいつも通り満充電の状態からYouTubeの2時間連続再生をし、残量を見る。ディスプレイの明るさは自動調整、音量は中くらいに手動設定、3機種とも各キャリアの通信回線が使えるものの、動画はWi-Fiで見ることが多いだろう、ということで筆者宅のWi-Fiに接続している。BluetoothやNFCはオフ、GPSの位置検索は高精度、Googleアカウントは同じ、その他の設定は初期のまま。なお電池の消費経過はアプリの「Battery Mix」を使用して確認している。

  Galaxy Note8 isai V30+ Xperia XZ1
2時間視聴後の
バッテリー残量
84% 88% 85%

 isai V30+が1位。2時間で12%減の電池残量88%だ。続くのが15%減のXperia XZ1、わずかな差で3位になったのが16%減のGalaxy Note8だ。

 並べて画面を見ていると、isai V30+はもっとも画面が明るく見えた。本体の設定にある「HDR動画効果」のおかげかもしれない。これはフルスクリーンの動画再生時に適用される。ともかく明るく、バッテリーが持つのならハッキリと勝利と言える。Xperia XZ1も明るめだが、斜めから見ると暗め。Galaxy Note8は3機種中もっとも暗く感じた。

YouTubeの24時間ライブ配信ではGalaxy Note8がトップ

 続いて同じ設定で、YouTubeの24時間ライブ配信を流し続ける。バッテリーがゼロになるまで何時間かかるのか。なお実際は電池残量がわずかになるとYouTubeが停止するものの、そのまま放置し、実際に残量がゼロになるまでの時間を計測している。

  Galaxy Note8 isai V30+ Xperia XZ1
ライブ視聴経過 11時間10分 10時間30分 9時間30分

 こちらはGalaxy Note8がトップで、電池残量0%になるまで11時間10分。2位はisai V30+で10時間30分、3位にはXperia XZ1で9時間30分。3機種とも特に問題無くスムーズに再生を終えた。

カメラ、Kindle、マップの連続使用
isai V30+が再び1位に!

 複数の機能を使用してのスタミナテストも行なった。カメラで静止画50枚を撮影し、そのまま10分の動画を録画。続けてKindleのアプリをインストールし、電子コミック1冊を各機種に追加して読み終える。さらにマップを起動して外出、キャリアの回線を使いながら30分間ナビ機能を利用して目的地(駅)まで歩く。

 ただし通常Wi-Fiを使い続けるKindle・電子コミックのインストールでは、今回3機種とも動作が遅く(おそらく筆者宅のWi-Fiルーターの問題)、いつまでもアプリとコミックの追加ができなかったため、Wi-Fiを切断しキャリアの回線を一時使用している。

  Galaxy Note8 isai V30+ Xperia XZ1
カメラ撮影後 96% 99% 96%
電子書籍1冊 92% 93% 85%
マップGPS30分 86% 87% 76%

 このテストでは終始isai V30+がリードした。とくにカメラ使用後は消費がわずか1%。Kindle読了後は6%減、マップ使用後も6%減だが、最後は残量87%だ。

 1%差で2位となったのがGalaxy Note8。最終的に電池残量は86%。こちらはカメラで4%消費したが、Kindleも4%減で済んでいる。ただしマップはisaiと同じく6%減。

 Xperia XZ1は残量76%と離された。カメラでは4%減だが、前述したインストールの件でもたついたせいか、Kindleで11%減と電池消費が大きくなっている。ただしこれは3機種とも同じ。またマップも9%減なので連続して使うとやや不利なようだ。

試してみたい独自機能多数! Galaxy Note8

 最後に独自機能や便利機能、小技などを取り上げる。

 Galaxy Note8はハイエンド&独自性が強いため、とにかくいじりがいがある。まずおなじみSペンは本物のペンのような書き心地。ペン先に引っかかりがあるかのような、つるつる滑らないのが◎。筆圧感知により線の太さも自由自在だ。とくに本物のメモ帳代わりに使える画面オフメモは、他のスマホにも欲しいくらい。またSペンには字や絵を描くだけでなく、翻訳やルーペ機能などもある。

 さらにサイドの曲面ディスプレー「エッジスクリーン」も本機の特長。アプリや機能のショートカットだけでなく、天気予報、カレンダーの予定やニュースの表示といったカスタマイズも可能だ。また左側面にあるBixbyボタンを押すと自分好みの情報収集に役立つ。

 本体設定も調整しがいがあり、ホームボタンは圧力を感知(調整可能)して押し込みを判断、端末のメンテナンス機能、音質調整、ボイスレコーダーにはテキスト変換機能まである。

Sペンはショートカットメニューからすぐに機能が使える。エッジ部から各種機能が引き出せるのもGalaxyシリーズの特徴的な操作
ジェスチャー系機能も豊富。画面表示型になったメインキーだが、ホームボタンは押し込み操作が可能なほか、戻ると履歴を入れ替えるカスタマイズにも対応する

こちらも独自性は強い isai V30+

 Galaxy Note8が独自機能を豊富に搭載しているため、比べるとisai V30+は物足りないかなと判断しそうになる。だが、機能的には豊富。音質調整のHi-Fi Quad DAC、HDレコーダーを搭載。通話中のノイズリダクション、ホームボタンのカスタマイズ、高解像度なのでアプリに最適な表示に合わせられる解像度調整も可能。端末のメンテナンス機能はこちらにもある。

 電源ボタンが裏にあるせいで不便にも感じそうだが、トントンと画面を軽く叩いてロックを解除する「ノックコード」や、フローティングバーを有効にすると、アプリのショートカットや音楽、スクリーンショットが画面左右からいつでも表示できるうえ、音量(上)キーの2回押しでスクリーンショットの撮影、音量(下)キーの2回押しでカメラ起動と操作面も充実している。

最近はサウンドにこだわっているのもLG製スマホの特長。HD音質でのレコーダー機能も
こちらもメインキー周りはカスタマイズ可能。さらにボタンを増やすことも。フローティングバーを常時表示させられる

新鮮味はやや薄めもわかりやすく使える Xperia XZ1

 Galaxy Note8、isai V30+と比べて新鮮味を感じにくいのがXperia XZ1だ。Xperiaシリーズを使い続けていると、同じUI、同じ設定のように思えてくる。ただ逆に他の2機種が独自機能満載のせいで、どこに何があるのか把握しにくいのに対し、Xperiaはキレイにまとまっていて、迷いなく使いこなせそうだ。

 設定には省電力設定で長持ちにするだけでなく、充電速度の調整でバッテリー寿命を延ばせる「いたわり充電」がある。画質設定には「色域とコントラスト」があり、画面の色にこだわる人にオススメ。「スマートクリーナー」を有効にしておけば自動的にストレージとメモリーを最適化する。

STAMINAモードに加え、寝ている間は100%まで充電せず、起きる時間に合わせて100%にすることでバッテリーをいたわるという仕組みがある
ディスプレーの設定に加え、ストレージの自動最適化機能も用意されている

スタミナではisai V30+ 総合ではXperia XZ1

 スタミナテストはisai V30+の勝利だ。2時間再生と複数機能使用時にトップだったのが決め手。Galaxy Note8がリードした24時間再生では40分の差がつけられたものの、点灯・再生し続けて10時間を超えていれば十分だと思う。

 総合優勝は前述とおりに2勝で先行していたXperia XZ1だ。スタミナ勝負は3番手だが、設定次第でスタミナは伸びるし、スマホを長く使っていく、と考えれば「いたわり充電」の搭載は他社に無いプラスポイント。本体サイズも他の2機種より小さめだったのはプラスだったと思う。

 ただGalaxy Note8とisai V30+は最後の機能紹介で触れたように、使っていて新鮮さを感じることが多く、使いこなしや片手操作は大変でもハイエンドらしい充実っぷり。ハイスペックスマホを使い続けている人にはこの2機種のほうが楽しいかもしれない。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ