ファーウェイ「Mate 10 Pro」「nova lite 2」も導入! ソフトバンク夏スマホまとめ

文●スピーディー末岡/ASCII編集部

2018年05月10日 10時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクの夏モデルも魅力的な端末が多数登場した。ここでは、Xperia XZ2AQUOS R2以外のモデルをまとめて紹介する。

SIMフリーで大人気のフラッグシップ
「HUAWEI Mate 10 Pro」(ファーウェイ)

 SIMフリーのフラッグシップモデルの中でも人気の「HUAWEI Mate 10 Pro」がソフトバンクから登場。スペックや機能などは基本的にSIMフリーで販売されているのものと同じで、Leicaダブルレンズカメラを搭載。AI処理に特化したプロセッサーを内蔵し、撮影シーンの自動認識や翻訳アプリなどで活用できる。ただ、デュアルSIMだったSIMフリー版と違い、シングルSIM仕様になっているほか、ソフトバンクのキャリアアプリがプリインストールされている。カラバリはグローバルと同じ、ミッドナイトブルーとチタニウムグレーの2色。

 予約受付は5月11日、発売は5月18日。料金は分割払(24回)4480円/月(10万7520円)、MNPの場合は実質680円/月、新規・機種変の場合は実質2480円/月となる。

ファーウェイ「HUAWEI Mate 10 Pro」 ミッドナイトブルー
チタニウムグレー
ソフトバンク「HUAWEI Mate 10 Pro」の主なスペック
メーカー ファーウェイ
ディスプレー 6型液晶
画面解像度 1080×2160ドット
サイズ 約74.5×154.2×7.9mm
重量 約178g
CPU HUAWEI Kirin 970
2.36GHz×4+1.8GHz×4(オクタコア)
内蔵メモリー 6GB
内蔵ストレージ 128GB
OS Android 8.0
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:2000万画素+1200万画素
/イン:800万画素
バッテリー容量 4000mAh
防水/防塵 IPX7/IP6X
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C
連続待受時間(LTE/3G) 約435時間/約522時間
連続通話時間(LTE/3G) 約950分/約1140分
カラバリ ミッドナイトブルー、チタニウムグレー
発売時期 5月18日

コスパが高いミドルクラスの決定版がソフトバンクに
「HUAWEI nova lite 2」(ファーウェイ)

 こちらもファーウェイのSIMフリーモデルに続いての登場。こちらはミドルレンジモデルで、価格とスペックのバランスのよさで、高い人気となっている。基本的なスペックはSIMフリーモデルと同じ。ソフトバンクだけのオリジナル機能としては、スマホ初心者向けにアイコンがタイルのようになっているホーム画面「シンプルモード」が採用されている点。また、キャリアならではの災害伝言用アプリやメッセージ+などのアプリがプリインストールされている。

ファーウェイ「HUAWEI nova lite 2」ゴールド

 カラバリはブラック、ゴールド、ブルーの3色。発売はちょっと先の7月上旬を予定している。

ブルー
ブラック
ソフトバンク「HUAWEI nova lite 2」の主なスペック
メーカー ファーウェイ
ディスプレー 5.65型液晶
画面解像度 1080×2160ドット
サイズ 約72×150×7.5mm
重量 約143g
CPU HUAWEI Kirin 659
2.36GHz×4+1.7GHz×4(オクタコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
OS Android 8.0
無線LAN IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
カメラ画素数 リア:1300万画素+200万画素
/イン:800万画素
バッテリー容量 3000mAh
生体認証 ○(指紋)
USB端子 microUSB
カラバリ ブラック、ゴールド、ブルー
発売時期 7月上旬

操作のしやすさに徹底的にこだわった
「DIGNO J」(京セラ)

 シンプルで使いやすいスマホを求めている、年齢層高めのスマホ初心者向けモデル「DIGNO J」。京セラお得意の防水・防塵・耐衝撃性能を兼ね備えており、ディスプレーも割れにくい「ハイブリッドシールド」を採用している。手が濡れていても使えるウェットタッチ、手袋をしたままでも使えるグローブタッチ、着信音を聞き逃さないステップアップ着信、歩数計などは前モデルから引き続き搭載された。

京セラ「DIGNO J」チャコールブラック

 ホーム画面はアイコンの周りに台座が敷かれる「かんたんビギナーホーム」で視覚的にどれを操作すればいいのかわかりやすくなっている。ストラップホールもついているので、落下防止にも役立つだろう。

 カラバリはアクアブルー、チャコールブラック、パールホワイトの3色。発売は7月上旬以降を予定している。

アクアブルー
パールホワイト
ソフトバンク「DIGNO J」の主なスペック
メーカー 京セラ
ディスプレー 5型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約72×145×8.4mm
重量 約130g
CPU Snapdragon 430(オクタコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
OS Android 8.1
無線LAN IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
カメラ画素数 リア:1300万画素/イン:500万画素
バッテリー容量 2600mAh
防水/防塵 IPX7/IP5X
USB端子 Type-C
連続待受時間(LTE/3G) 約640時間/約720時間
連続通話時間(LTE/3G) 約1010分/約1360分
カラバリ アクアブルー、チャコールブラック、パールホワイト
発売時期 7月上旬以降

シニアのスマホデビューに最適
「シンプルスマホ 4」(シャープ)

 シニア向けモデル「シンプルスマホ」シリーズの最新モデル。あくまでもシニア向けであって、スマホ初心者向けの「DIGNO J」とは一線を画している。

シャープ「シンプルスマホ 4」 シャンパンシルバー

 ホーム画面は使いたいアプリをすぐに探せる見やすさとホームデザイン、Androidスマホ準拠のアプリ一覧ボタンも搭載、ハードキーは電話、ホーム、メール、そして側面に音声検索を一発起動できるボタンを搭載した。このボタンはシニアからの要望が一番多かったそうだ。また、防水・防塵、耐衝撃性能を備え、バッテリーの劣化を防ぐ充電方式「インテリジェントチャージ」、資格情報の変化を調節する機能「はっきりビュー」といったなかなかスペックには現われない便利機能が多数採用されている。

 カラバリはシャンパンシルバー、ネイビー、ピンクの3色。発売日は7月下旬以降を予定している。

ネイビー
ピンク
ソフトバンク「シンプルスマホ 4」の主なスペック
メーカー シャープ
ディスプレー 5型IGZO液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約71×143×9.4mm
重量 約150g
CPU Snapdragon 430(オクタコア)
内蔵メモリー 3GB
内蔵ストレージ 32GB
OS Android 8.0
無線LAN IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
カメラ画素数 リア:1310万画素/イン:500万画素
バッテリー容量 2800mAh
防水/防塵 IPX5,8/IP6X
カラバリ シャンパンシルバー、ネイビー、ピンク
発売時期 7月下旬以降

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ