「MONO」「Qua phone」「Android One」、キャリアのミドルクラスのスタミナは?

文●小林 誠 編集● ASCII編集部

2018年05月14日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 主要3キャリアのミドルクラスのスマホ。ドコモ「MONO MO-01K」、au「Qua phone QZ」、ソフトバンク「Android One S3」の3機種で比較を続けてきたが、最後はスタミナチェック。電池持ち重視の機種もあるのだが……果たして結果は?

MONO
Qua phone QZ
Android One S3

ここまでQua phone QZ、Android One S3が1勝ずつという展開

 主要キャリアでも一括2〜3万円台で購入できるお手頃スマホ、「MONO」「Qua phone QZ」「Android One S3」を取り上げて比較しているが、ここまで初回のスペック&料金では、auピタットプランを上手に使うことを前提にQua phone QZが1勝。速度チェックは接戦になり引き分け、カメラ対決は明るくキレイに撮れたAndroid One S3を、カメラアプリの追加が前提で1勝とした。

 個別のテストを見ていくとMONOも何度もリードしており、今回の3機種、得意分野はあるものの実力はかなり近い印象だ。最後のスタミナ比較で差をつけられれば決め手になりそう。まずは3機種の主なスペックをおさらいから。

  ドコモ「MONO
MO-01K」
au「Qua phone QZ」 ソフトバンク
「Android One S3」
メーカー ZTE 京セラ シャープ
本体サイズ 約69×142
×8.9mm
約72×145
×8.7mm
約71×144
×8.5mm
重量 約153g 約136g 約143g
画面サイズ 5型 5型 5型
画面解像度 720×1280ドット 1080×1920ドット 1080×1920ドット
OS Android 7.1.2 Android 8.0 Android 8.0
CPU 1.4GHz+1.1GHz
(8コア)
1.4GHz+1.1GHz
(8コア)
1.4GHz+1.1GHz
(8コア)
ROM/RAM 32GB/3GB 32GB/3GB 32GB/3GB
メモリーカード microSDXC
(256GB)
microSDXC
(256GB)
microSDXC
(256GB)
国内4G対応バンド 1/3/19/21 1/3/18/26/41 1/3/8/41
キャリアアグリゲーション × × ×
VoLTE
連続通話時間 630分(LTE) 960分(LTE) 1310分(LTE)
無線LAN IEEE802.11n
(2.4GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11n
(2.4GHz対応)
カメラ画素数 1320万画素 1300万画素 1310万画素
インカメラ 500万画素 500万画素 500万画素
防水/防塵 IPX57/IP6X IPX58/IP5X IPX58/IP6X
ワンセグ × × ×
フルセグ × × ×
おサイフケータイ × × ×
NFC × × ×
Bluetooth 4.2 4.2 4.2
MHL(HDMI) × × ×
キャスト ×
SIM形状 nanoSIM nanoSIM nanoSIM
バッテリー容量 2800mAh 2600mAh 2700mAh
Qi × × ×
生体認証 × × ×
USB端子 microUSB Type-C Type-C
カラバリ White、Gray Black チョコミント、カシスピンク、シトラスレモン、インディゴ ネイビーブラック、ホワイト、ピンク

 画面サイズは3機種とも5型。ただ解像度が低いMONOは消費電力の面で有利かも。バッテリー容量でもMONOがわずかに大きく2800mAh、Android One S3の2700mAh、Qua phone QZの2600mAhの順。ただし連続通話時間を見るとAndroid One S3、Qua phone QZ、MONOの順になっている。さて実際のところはどうか。テストしてみよう。

YouTubeの2時間連続再生ではMONOがリード

 まずはYouTubeの2時間連続再生。満充電の状態からスタートし、2時間再生後の電池残量を見る。画面の明るさは自動調整、音量は中くらいに手動設定、3機種とも筆者宅のWi-Fiに接続し、BluetoothやNFCはオフ、GPSの位置検索は高精度、Googleアカウントは同じ、その他の設定は初期のままだ。電池の消費経過はアプリの「Battery Mix」でチェックする。

  MONO QUA phone QZ Android One S3
2時間視聴後の
バッテリー残量
73% 58% 62%

 今回はトップのMONOでも残量73%。以前のスマホとの比較とも比べてもやや奮わない。他の2機種もさらに厳しい。また、Battery Mixとの相性がよくないのか、Qua phone QZの消費の経過を見るとグラフが急降下、急上昇している。残量自体は正確だと思うが、少々心配だ。

 画面の明るさを見ると、MONOが一番明るく(というか淡い)、Android One S3は濃い色に、Qua phone QZは中間といった印象だ。

最長13時間テスト 3機種とも待受だけならは長持ち

 いつもなら同じ設定でYouTubeの24時間ライブ配信を流し続けるのだが、今回はちょうどよいライブ配信の番組が見つからず、2回テストを行ったものの、それぞれ動画は5時間、3時間しか流れていない。テストできる期間も限界だったので、今回はこの2つのテスト結果でお許し願いたい。まずは7時間中、5時間YouTubeを再生したテスト。

 最初の5時間が動画視聴、残り2時間は放置。Android One S3がトップの残量38%。しかしMONOもほぼ同じ37%。Qua phone QZは22%と離された。

  MONO QUA phone QZ Android One S3
7時間テスト
(5時間YouTube)
37% 22% 38%

 続いて13時間中3時間YouTubeを再生したテスト。

  MONO QUA phone QZ Android One S3
13時間テスト
(3時間YouTube)
64% 56% 61%

 最初の3時間が動画視聴、残り10時間は放置。こちらはMONOが逆転し64%となっている。この2つのテストを見ていると、動画視聴時は一気に電池が減るものの、放置状態であればほとんど電池消費が無い。YouTubeの動画再生ではやや厳しい結果だとしても、待受中心のユーザーにはさほど心配なさそうだ。

カメラ、Kindle、マップの連続使用
MONOが終始譲らず!

 最後に複数の機能を使用してのスタミナテスト。カメラで静止画50枚を撮影し、そのまま10分の動画を録画。続けてWi-FiでKindleのアプリをインストールし、電子コミック1冊を各機種に追加して読み終える。さらにマップを起動して外出、キャリアの回線を使いながら30分間ナビ機能を利用して目的地(駅)まで歩く。

  MONO QUA phone QZ Android One S3
カメラ撮影後 96% 95% 95%
電子書籍1冊 89% 85% 87%
マップGPS30分 78% 71% 75%

 MONOが常にトップ。その差はわずかだが、カメラ撮影では4%減、Kindleで7%減、マップで11%減という結果。それに続くのが、Android One S3。Qua phone QZはKindle、マップで電池消費がやや大きい。スタミナに関しては3機種で比べるとやや厳しい結果になった。

3機種とも基本的なアプリ、設定のみで独自性は少ない

 最後に各機種の独自機能や便利な小技などを紹介していくのだが、独自性のある機能は非常に少なく、基本的な設定、機能ばかり。だがこれくらいのほうがスマホ初心者、ライトユーザーにはちょうどよいかもしれない。

 MONOはしゃべってコンシェルをはじめとしたドコモのプリインストールアプリが多数あるものの、あとは基本的な機能のみ。目に優しいブルーライトフィルター、スグ電機能、簡易留守電の伝言メモ、操作時のバイブレーション設定やLEDの点灯設定、バッテリーの節電機能あたりが便利だろう。

端末にはドコモのサービス用アプリがずらっと。昔のケータイのようにLEDが付いており、通知事などに点滅させられる

 Qua phone QZは紙の手帳でおなじみのロルバーンとのコラボで、ホーム画面の壁紙もそのイメージになっている。初期設定はauベーシックホームだが、標準ホームに変更も可能だ。メニューが一部auナイズされているが、やはり設定自体は基本的なもので、項目名が違うだけでMONOとほぼ同じ。ただ京セラ端末らしい工夫もあり、「ステップアップ着信」や、歩数計アプリ「デイリーステップ」「エコモード」があるので、3機種のなかで若干独自性を感じられる。

ロルバーンの手帳を意識した壁紙。au製アプリに混じって、京セラ製の歩数計アプリも

 Android One S3はグーグルのプラットフォームを採用しているだけに、シャープ独自のアプリや設定項目はなく、ソフトバンク系アプリもわずか。グーグル製のアプリ、基本的な設定のみだ。3機種でもっともシンプル。これがAndroid Oneならではということなのだろう。

Android One端末ということで、ホームUIも設定項目も素のまま

最後にMONOが1勝も……引き分け

 最後のスタミナ勝負はAndroid One S3と接戦ではあったが、MONOが確実にリードしたので、4戦目はMONOの勝利だろう。振り返ってみるとココが強いと言えたのは、料金を抑えるのならQua phone QZ、スクロールとメインカメラの画質ならAndroid One S3、カメラのスピードとスタミナならMONOといったところ。

 とはいえ、いずれも僅差であり、決め手に欠ける。引き分けという結論になる。

 ただ3機種とも最近では少なくなった5型モデルだけに片手操作はしやすく、低価格とは言え、サクサク使うには十分だ。スマホ初心者やあまり使用頻度が多くないライトユーザーなら十分。逆にハイスペック機ばかり使っている人にはやや物足りない部分はあるだろう。

 Androidスマホの完成度が高まっているのか、同価格帯の端末では差は小さくなっているが、それはそれでスペック以外のデザインやフィーリングで選べば良くなっているという現れかもしれない。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク