逆発想の格安SIM mineoが「混雑時間で速度制限」の代わりに安くなるトライアル

文●オカモト/ASCII編集部

2018年06月06日 15時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケイ・オプティコムが展開するモバイルサービス「mineo」は、特定の時間帯に速度制限する代わりに月額料金を割引する「エココース」を、トライアルサービスとして開始すると発表した。

 月3GB以上のmineoの各コース(ドコモ網のDプラン、au網のAプランとも)にすでに加入しているユーザーが対象で、7月1日~8月31日の期間で提供する。6月11日から申し込みが可能。

 MVNOによるいわゆる格安SIMは、ドコモなどの主要キャリアと帯域単位で回戦を借り受け、それを同じサービスのユーザーでシェアするため、多くのユーザーがデータ通信を利用する混雑時間帯は、それ以外の時間と比べて、大きく速度が低下。主要キャリアとの品質差になっている。

 そこで「エココース」では平日のうち、通勤・通学の7時30分~8時30分、昼休みの12時~13時、帰宅時の18時~19時が200kbpsに速度制限される代わりに、コースによって税抜月50~450円を割引するというものだ。

 mineoでは「エココース」のトライアルを実施して、混雑緩和に有効であるか、参加しないユーザーを含めて、満足度が高いサービスになるかを検証した上で、本格導入に向けての検討するとのこと。なお、参加者もトライアル終了後は自動的に通常料金のプランに変更される予定。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ