やっぱり深センに出てきたノキアの4Gケータイ「8110」のコピー品

文●山根康宏 編集●ASCII編集部

2018年06月07日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Nokia 8110 4Gっぽい端末。本物とちょっと違う

 MWC 2018で発表されたノキアのリバイバルフォンである「Nokia 8110 4G」。本体は側面から見るとバナナのようなカーブを描いており、テンキーはスライドカバーに覆われています。しかも4G対応、Wi-Fiも搭載しているのでスマートフォンからテザリングして使うこともできそう。通話とちょっとしたネット&4Gルーターとして使えるわけです。

 しかし、発表から3ヵ月がたっても筆者の住む香港では発売になっていません。友人が5月末にタイ・バンコクへ行ったところ、すでに販売されており購入したとのこと。自分もタイに飛んで買っちゃおうかと思ったものの、フィーチャーフォンを買うのに旅費がもったいと思いとどまりました。

筆者の友人がバンコクで購入。ちなみに彼は世界で唯一のNokia 8110全機種コレクター

 そういえば昨年の初代リバイバルモデル「Nokia 3310」は中国でも早い時期に発売になったのでした。なので中国に行けば売っているだろう! とさっそく深センへ。ところが深セン電脳街に行ってもNokia 8110 4Gの姿はありません……。

 いくつかのお店に聞いたのですが、反応も薄め。Nokia 3310はベストセラーだったので今でも知っている人は多くいます。一方、Nokia 8110は元々高価だったこともあり、使っていた人はそれほど多くありません。映画で有名だったものの、後継モデルの「Nokia 7110」と間違う人もいるくらいで、3310ほどメジャーではないからかもしれません。

間違う人が多いけど、8110(左)と7110(右)は全然違う。映画に出たのも8110

 しかし「8110は無いかー」と街をさまよっていたところ「こっち、来てみる?」と怪しい声が。ついていくと、ありましたよ端末が。もちろん本物ではありません。

 この手のコピー端末、中国ではかなり絶滅しています。だって1万円以下でシャオミの低価格スマートフォンが変える時代に、たとえ1000円でもフィーチャーフォンを買うメリットはありません。みんなWeChatでサクサクコミュニケーションを取るのがあたりまえ、そしてスマートフォンでQRコードを読み取って現金不要の毎日を送っています。安物コピーなフィーチャーフォンの需要ないのです。

深セン電脳街。表の店ではNokia 8110 4Gは見つからず

 でも最新モデルでノキアとなれば、まだ作る会社があるようです。携帯電話の裏市場に行くと、数店舗に1軒の割合で扱っているようでした。しかもオリジナルにはない赤もあるなど、少しでも売れるようにと頑張っているようです。

ビルの上層階の裏市場でコピー品を発見、オリジナルにない色も

 せっかくなのでデキはどうかと見せてもらうと「いま動くのはこれだけだ」と黒いボディーの端末が出てきました。側面を見るとわずかにカーブしていますが、オリジナルはもっと曲がっていた気がします。

コピー品を1台チェック

 それに仕上げも気になります。特にスライドカバー。ところがよく見るとカバーがありません。テンキーがそのまま。「こっちのほうが使いやすいだろう」とお店の人はいいますが、そうじゃないでしょ。オリジナルを勝手に改変したら、コピーの意味ありません。というか、カバーがなければ、ただのケータイです。

8110の特徴のスライドカバーがない!

 ちなみにデュアルSIM対応ですが、GSMのみ。つまりそのあたりで売っている、激安フィーチャーフォンと中身は変わりません。せめて3Gでも乗っていれば買おうと思ったのですが、これでは人に見せても自慢にもならないのでやめました。

こちらはMWC 2018で見た本物。全然違う

 コピー端末が絶滅状態とはいえ、このレベルの製品しか出てきていないのはちょっと残念。やはりタイに飛んでオリジナルを買うべきなのかなあと、今でもノキアマニアな筆者は悩むのでした。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

http://ascii.jp/elem/000/001/179/1179201/

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク