モトローラ、海外で「moto z3 play」発表 縦長でもmoto mods維持

文●二子/ASCII編集部

2018年06月07日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モトローラは海外において、背面に磁石で拡張機器を取り付けられるmoto mods対応のスマートフォン「moto z3 play」を発表した。米国のSIMフリーモデルの価格は499ドルで、バッテリータイプのmoto modsが付属する。

 これまで5.5型ディスプレーを搭載していたmoto Zシリーズと異なり、18:9の縦長6.01型有機ELを搭載しながら、従来モデルとほぼ同じ本体サイズに収めることで、従来のmoto modsと互換性を維持しているのが特徴的。

 主なスペックは、Snapdragon 636(1.8GHz、オクタコア)、4GBメモリー、32GBまたは64GBストレージ、12メガ+5メガカメラ(イン8メガ)、3000mAhバッテリー、背面指紋センサー、Android 8.1など。米国サイトに記載されている周波数一覧にも日本向けバンドへの対応がうたわれており、国内リリースにも期待したい。

「moto z3 play」の主なスペック
メーカー Motolora Mobility
ディスプレー 6.01型有機EL
画面解像度 1080×2160ドット
サイズ 76.5×156.5×6.75mm
重量 156g
CPU Snapdragon 636 1.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 32/64GB
外部ストレージ microSDXC(最大2TB)
OS Android 8.1
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:12メガ+5メガ
/イン:8メガ
バッテリー容量 3000mAh
防水/防塵 ×/×(防滴)
生体認証 ○(指紋、顔)
USB端子 Type-C
カラバリ Deep Indigo

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ