Xperia Ear DuoとLINE Clovaのコラボは必然だった

文●ジャイアン鈴木 編集● ASCII編集部

2018年06月09日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Xperiaシリーズとしてリリースされた、音楽を聴きながら周りの音も聞けるヒアラブルデバイス「Xperia Ear Duo」。2017年のMWCでコンセプトモデルが発表され、満を持して発売された。

 そんなXperia Ear Duoだが、LINEのAIアシスタント「Clova」と連携するという。両者がなぜ連携するに至ったのか。ソニーモバイルコミュニケーションズの八木 泉さん、LINEの小城久美子さんに、実際にXperia Ear Duoを購入して使いまくっているジャイアン鈴木氏がガッツリとお話を聞いた。

Xperia Ear Duo
LINE Clova Friends

Xperia Ear DuoがXperiaシリーズになった理由

――まず「Xperia Ear Duo」がXperiaブランドとして発売された理由をお聞かせください。

八木 泉さん(以下八木):Xperiaはもともとスマートフォンから始まったブランドですが、スマートフォンだけのブランドではなく、新しいコミュニケーションを創造するという目的もあります。Xperia Ear Duoは、新しいコミュニケーションスタイルを模索するというミッションを担っているので、Xperiaブランドから発売しました。

――それでは、開発で苦労した点をお聞かせいただけますか?

八木:一番の特徴である「デュアルリスニング」には、ソニーのR&Dの技術である独自の音導管設計を用いていますが、それを商用化するのにかなり苦労しました。今回の音導管技術では、外の音を取り込みつつ音漏れも低減させています。しっかりと音楽を楽しめるレベルに仕上げられたのは、ソニーの音響技術あってのものです。

ソニーモバイルコミュニケーションズ スマートプロダクト部門 商品企画課 八木 泉さん

――なぜ、このような形状になったのでしょうか?

八木:人の耳の形は上と下で比べると、下のほうがばらつきが少ないんです。ワンサイズでいろんなお客様の耳の形にフィットさせるためには、音導管を下に回す形がいいと判断しました。眼鏡と干渉しにくいというのも理由のひとつです。また、私はピアスをしていますが、Xperia Ear Duoはほとんど干渉しません。スタイルに合わせられるという意味でも、下がけはよい選択だったと思っています。

コミュニケーションインフラとして欠かせないLINEだからこそ
Clovaと連携した

――それでは、今回の本題とも言える、ボイスアシスタントにLINEのClovaを選んだ理由を教えてください。

八木:Xperia Ear Duoはコミュニケーションの未来を創造するというミッションを持っています。まずデュアルリスニングというスタイルで、目の前の相手や日常生活との隔たりをなくしました。でも目の前の相手だけではなく、遠くにいる大切な人、家族とのコミュニケーションも重要ですよね。いまの日本のコミュニケーションインフラとして、LINEさんのサービスは欠かせないものと考え、今回の製品で連携させていただきました。

――では連携のきっかけはソニーモバイルコミュニケーションズさんから?

小城久美子さん(以下小城):いえ、LINEからお声がけしました。Clovaはこれまでスマートスピーカーだけを発売していますが、そこに限定する必要はないと考えていたんです。いまは家の中、ヒアラブル、車の中の3つの軸で事業を進めていますが、ヒアラブルではブランド力とスマートデバイスの実績でもソニーさんかなと考えて、お声がけさせていただきました。

LINE株式会社 Clovaセンター Clova事業企画室 Clovaオープンプラットフォーム企画チーム小城久美子さん

ジャイアン鈴木:「ながらLINE」が便利ですよね。仕事していて一瞬でも手を離したくないというときに、LINEを送れるのが重宝しています。

八木:最初はモバイルシーンをメインで考えていましたが、自分たちで実際に使ってみると、家の中でも結構便利なんですよね。スマートスピーカーだとわざわざ設置場所に話しかけに行かなければなりませんが、耳元に付いていれば、スマートフォンが手元になくてもすぐにLINEを使えるので、すごく便利です。

ジャイアン鈴木:スマートウォッチを使い始めてからスマートフォンの画面を見ることが面倒になったんですが、Xperia Ear Duoを付け始めたら今度はスマートウォッチを掲げることすら億劫になっちゃいました。耳に通知や情報がやってきて、興味がなければ顔を振る「ヘッドジェスチャー」でキャンセルできるのがすっごくラクですね。どんどんどんどん堕落していってます。

一同:(笑)。

八木:人間の能力を拡張しているのか、堕落させているのか、どちらなんだろうと思うことはあります(笑)。

サーバー側のアップデートで増やせる機能

――今後Clovaとの連携で、できることは増えていくんですか?

小城:いまはClovaの機能の中から、特にヒアラブル機器で使っていただきたい機能を10個ぐらい実装しているのですが、ほかの機能もサーバー側のアップデートだけで増やしていけます。Clovaはプラットフォームとしてオープン化することを見据えていますので、今後Xperia Ear Duoでできることをどんどん増やしていく予定です。

――AndroidとiOS、どちらのスマートフォンで使うのが便利なのでしょうか?

八木:今回はXperiaというブランドとしてiOSにも対応させていただいていますが、現状すべての機能を体験できるのはAndroidなので、Androidスマホで使っていただいたほうが便利だと思います。できればXperiaのスマホで(笑)。

――ですよね(笑)。さて、意外と知られていない機能などを教えていただけますか?

八木:LINEの送受信ではすぐに返事しなければと思われがちですが、5分以内にタップして「返信して」と言えばすぐに返信できます。あとタッチパッドはかなり細かくカスタマイズできるんです。シングルタップに「メッセージに返信」などを設定すれば、LINEにすぐ返事できます。カスタマイズするとさらに便利になりますよ。

小城:Clovaを直接呼び出すカスタマイズ設定も用意していただいています。

どのようにスタンプに対応させるかが課題

――Clovaはまだスタンプに対応していないですよね?

小城:そうですね。スタンプが来たときには通知はしていますが……。

ジャイアン鈴木:「笑っているスタンプだよ」とか教えてくれるとうれしいです。

八木:「わーい」とか「えーん」とか言ってくれたらいいですね(笑)。

ジャイアン鈴木:いちユーザーとしては、コンテンツがもっと増えるといいなと思っています。音楽を聴いたり、ニュースを聞いたりできますが、たとえば電子書籍的なものを読んでくれたりとか。

八木:いまのお客様の使い方を見てみると、オーディオブックやradikoを楽しんでいただいていますが、ほかのコンテンツとの連携ももっとできるといいなと思います。

 でも楽しみ方という意味では、私たちが想像していなかったような使い方もされているんです。たとえば楽器の練習に使われているお客様もいます。全体の音を聴きながら、自分の演奏をしているそうです。密閉式だと自分の演奏の音が聞こえませんが、外の音も聞こえると楽器の練習に便利とのことですよ。ひとりカラオケをされている方もいらっしゃいますね。

駆動時間が増えればやれることも増える

――今後、駆動時間は延ばせるんですか?

八木:ずっと付けていられるというのがもともとのコンセプトなので、その点は検討していきたいと考えています。

小城:でも、すごく充電が早いですよね。

八木:この小さなボディーに入れられるバッテリーの容量は限られていますが、この充電ケースでも3回充電できたりとか、7分で1時間使える急速充電機能を搭載することで、お客様が使えない時間をできるだけなくしていこうという努力はしています。

――私は通勤中ずっと音楽を聴いていますが、音楽を聴きながらスマホをいじっていると、いまどこの駅だろうと焦ったり、乗り過ごしたりするんですけど、Xperia Ear Duoではつぎは何駅というのが聞こえるのがすごい画期的だなと。あと、地味にうれしいのがコンビニのお会計ですね。いままではイヤフォンをはずして支払いしていたのが、Xperia Ear Duoは外す必要がありませんし。本当にちょっとした違いなのですが、すごくラクになりますよね。

八木:あと、外の音が聞こえるだけではなくて、自分の声がこもらないというのは、こんなにも快適なのかと。Xperia Ear Duoならいまも付けたまま会話していますし、電話がかかってきても自然に話せます。そのような快適さも大きい気がしています。

――連携という点で特に便利な機能はなんですか?

小城:やっぱり一番はLINEメッセージです。ほかのデバイスに比べてもすごくLINEメッセージの利用率が高くなっています。かなり親和性が高かったんですね。あとは「LINE MUSIC」がオーディオ機器として聴きやすいですね。この2つがご評価いただいているところかなと感じています。

今後もアップデートでサービスを充実させていく

――気が早いですが、バージョンアップのご予定をお伺いできますか?

八木:詳細はまだシークレットですが、今後もアップデートでLINEさんと連携していきたいですね。

小城:ぜひよろしくお願いします(笑)。

――今後もこのようなヒアラブルデバイスを開発する予定はあるのですか?

八木:具体的な予定は申し上げづらいのですが、今回ヒアラブルデバイスとしての可能性みたいなものを作れたと思っていて、まずはこの世界をどうやって世の中に浸透させていって、拡張していくのか考えていきたいです。

 「音のAR」みたいな表現をしていただいたり、私たちもそのような世界を想像しながらやっているのですが、音楽を聴けるだけのデバイスではないですし、アシスタントだけでもありません。今回、場所や時間に応じてアシスタントが話しかけてくれる「デイリーアシスト」という機能も搭載していますが、これも日常生活を声の情報でサポートするAR的なアプローチです。日常生活を音の情報でサポートする、生活を拡張するデバイスとして、いろんなサービスやコンテンツを増やせていけると面白いかなと思っています。LINEさんとも協力して、そういった世界を充実させたいですね。

ジャイアン鈴木:将来「ARメガネ」的なものって必ず出てくると思うんですが、Xperia Ear Duoで使われている技術って、そのARメガネでもそのまま必要とされる機能ですよね。ソニーさんとLINEさんがいま作っているソフトウェアは、将来的にみんなの生活を支えるものだと思うので、ぜひ採算度外視でどんどんどんどん新しい機能を搭載してください!

一同:(笑)。

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク