「FREETEL REI 2 Dual」は3万円の値段以上の質感と使い勝手

文●村元正剛 編集●ASCII編集部

2018年06月18日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「FREETEL」(フリーテル)は、2017年まではプラスワン・マーケティングが展開していた格安スマホのブランドだ。一時期は、有名タレントを起用したテレビCMを流すほどの勢いを示していたが、実際には派手に宣伝するほど儲かっていなかったようで、あえなく経営が破綻した。

 フリーテルは、端末と通信サービス(SIM)の両方を展開していたが、端末事業はMAYA SYSTEMに譲渡され、「FREETEL」というブランドも引き継がれた。通信サービスは楽天モバイルに譲渡され、すでに統合されている。

 今回レビューする「REI 2 Dual」は、プラスワン・マーケティング時代に企画・開発され、開発チームがまるごとMAYA SYSTEMに引き継がれて、新生フリーテルの第1弾として発売されたモデルだ。

 発売当初の実売価格は3万6800円(税別)だったが、競合モデルとの競争力を高めるためか、現在の量販店での実売価格は2万9780円(税別)と、かなり安くなっている。もしかして、めちゃくちゃコスパ高のモデルではないのか? と思い、その使い勝手をチェックした。

本体の質感は上々!
指紋センサーも使いやすい

 REI 2 DualのCPUはSnapdragon 625(2.0GHz×8コア)で、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GBという構成。5.5型のフルHDディスプレーを搭載している。最近は、ハイエンドモデルを中心に、画面アスペクト比が18:9の縦長ディスプレイを採用する機種が増えているが、REI 2 Dualの画面比率はベーシックな16:9。本体サイズは約75×152×7.9mmで、重さは約158g。さほど薄くもなく、かと言って分厚くもない、ほどよいサイズ感だ。背面パネルがラウンドフォルムになっているので、手にもなじみやすい。

5.5型のフルHD(1920×1080ドット)ディスプレーを搭載
背面にはデュアルカメラと指紋センサーを備える

 スペックとしてはミドルハイに位置付けられるモデルだが、ボディーの質感などは、ハイエンドモデルに負けず劣らずリッチな印象だ。フロントパネルには、エッジに微かな曲面処理を施した2.5Dガラスを採用。背面パネルは多層コーディングに3Dガラスを重ねて、光沢が際立つ仕上がりになっている。ツルッとした手触りなので、うっかり落としてしまいそうで不安になったが、実際には安定したホールド感が得られるためか、落とすことはなかった。

 ただし、片手で操作することが多い人は、しまうのではないかと心配になった。2週間ほど使って、落下させたことはないのだが、スマホケースに入れたり、落下防止用のリングなどを付けるのが望ましいだろう。

右側面に電源ボタンと音量ボタンを搭載
nanoSIMを2枚装着でき、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応。1枚はmicroSDとの排他利用となる
底部のUSB接続口はType-C。独立したイヤフォンジャックも備える

 背面には指紋センサーを搭載。人差し指があてやすい位置にあり、認識もスピーディーだ。

しっかりとつかめるが、横幅は約75mmあり、片手での操作には制約が生じる
背面の指紋センサーは指をあてやすい位置で、シャッターボタンとしても使える
  REI 2 Dual
メーカー FREETEL
ディスプレー 5.5型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 75×152×7.9mm
重量 158g
CPU Snapdragon 625
2GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部メモリー microSDXC
(最大256GB)
OS Android 7.1
LTE対応バンド 1/2/3/4/5/7
/8/12/17/18/19/20
/26/28/41
3G対応バンド 1/2/4/5/6/8/19
DSDS 4G+3G
CA対応 ○(2CC)
au VoLTE
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:13メガ(RGB)
+13メガ(モノクロ)
/イン:16メガ
バッテリー容量 3300mAh
防水/防塵 ×/×
指紋センサー
SIM形状 nanoSIM×2
USB端子 Type-C
カラバリ BLACK、BLUE、WHITE

カラー+モノクロのデュアルカメラは
自然な色で撮れるが……

 いまはハイエンドモデルに欠かせない機能となりつつあるデュアルカメラも搭載している。REI 2 DualのダブルレンズのF値はどちらも2.2。イメージセンサーも2基あり、1300万画素のRGB(カラー)センサーと、1300万画素のモノクロセンサーの組み合わせで、豊かな色彩と精細さを両立させる狙いだ。また、2つのレンズで深度を計測し、デジタル一眼カメラで撮ったかのような背景をぼかした写真も撮影できる。

メインカメラは約1300万画素のデュアルカメラで、4Kビデオも撮影可能
デジタル絞り値を設定して、ボケ味を調整可能

 デュアルカメラには「標準+広角」「標準+望遠」あるいは「標準+深度測定用」など、いくつかのパターンがあるが、「カラー+モノクロ」は、ファーウェイがハイエンドモデルで採用する組み合わせで、画質を重視した設計ともいえる。だが、実際に撮影してみると、キレイには撮れるものの、明るさや鮮やかでは、他メーカーの上位モデルには及ばない印象。しかし、肉眼で見える色に比較的近い色で撮れるので、最近のスマホに多い“実物よりも明るくキレイに撮れる” よりも、REI 2 Dualの落ち着いた画質を好む人もいるかもしれない。

花を撮影した作例
遠景を撮影した作例
料理を撮影した作例
空や緑の発色はリアルだが、もうちょっと鮮やかに撮りたいと感じる人もいるだろう
夜景はちょっと画質が粗くなる

 なお、背景ぼかしは撮影時だけでなく、撮影後でも調整可能。ただし、背景だけをぼかしたいのに、手前にある被写体の一部もぼけてしまうこともあった。フリーテルにとっては、カメラに注力した初号機ということもあり、まだまだ改良の余地はあると感じた。

撮影後でもフォーカス位置を変えたり、絞り値を変えたりできるが、不自然なボケ方になることも

 フロントカメラにはF値2.0の明るいレンズを採用し、有効画素数は約1600万画素。細かい設定が可能なビューティーモードも備えており、セルフィーを楽しむには十分だろう。

約1600万画素のインカメラはフルHDの動画も撮れる
インカメラでは美肌だけでなく、目幅、輪郭など、細かいビューティー設定が可能
1眼のインカメラでも、背景をぼかして撮影できる

iPhoneに似た操作性で
気が利く独自機能も充実

 REI 2 Dualの初期搭載OSはAndroid 7.1.1だが、フリーテル独自の「FREETEL UI」を採用しているため、操作性は標準的なAndroidスマホとは若干異なる。ホーム画面がアプリ一覧(ドロワー)を兼ねていて、画面上端から下方向にスワイプすると通知パネル、下端から上方向にスワイプするとコントロールセンターを表示できる仕組み。要するに、iPhoneに近い画面構成なのだ。よって、iPhoneから乗り換えて使う人には、使いやすく感じられるだろう。

ホーム画面
プリインアプリは必要最小限といった印象
iPhoneのように下から引き出すコントロールセンター

 画面表示を4型相当に縮小し、片手での操作をしやすくする「親指モード」や、片手でホームボタンなどがタップしやすくなる「イージーアクセス」など、操作性を向上されるための独自機能も充実。スマホ初心者向けの「らくらくモード」や、子供の利用時間などを親が管理できる「安全キッズモード」なども備えており、使う人に合ったカスタマイズができる。

利き手に合わせて設定できる「親指モード」
片手での操作がしやすくなる「イージーアクセス」。この黒い円の範囲で、Wi-Fiのオン・オフや明るさの調整も可能
パスコードでログインして、子供に使わせるアプリを設定できる「安全キッズモード」

 日本語入力が手書き入力に対応していたり、電卓アプリでワンタッチで税込価格を計算できるなど、使っていく過程で “気が効いているなぁ” と感じることも多かった。パフォーマンスに不満を感じることはほとんどなかったが、長く使い続けたとして、動きが鈍くなったときに簡単にクリーニングができる機能も重宝するのではないかと思う。

「Google日本語入力」を搭載し、手書き入力にも対応
電卓アプリは、消費税計算にも対応
長く使っていくうえで重宝しそうな「データクリーナー」

コスパを最重視する人にオススメ!

 フリーテルというブランドはメーカーが破綻したこともあり、イメージは「良い」とは言えないだろう。わざわざ「フリーテルのスマホが欲しい」と指名買いする人は少ないのではないかと思う。購入する人にとっては 「約3万円で、そこそこのスペックで、デュアルカメラも搭載」ということが決め手になるだろう。実際、スペックとしては3万円台後半〜4万円台でもおかしくない端末だ。旧フリーテルもコスパ高をセールスポイントしていたが、それは新生フリーテルにも受け継がれているようだ。

 バッテリー容量は3300mAhあるので、電池持ちはまずまず。カスタマイズできる節電モードも備えている。DSDS対応で、国内3大キャリアのVoLTEにも対応している。コスパを重視する人は検討すべきモデルだろう。

フレキシブルな設定が可能な「節電モード」を用意
「超節電モード」に設定すると、こんな画面に
同梱品一式。イヤホンは付属していない

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク