超高級キーボードREALFORCEのPFU限定版を使い倒してみる

文●柳谷智宣

2018年06月19日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月5日、PFUが東プレとの協業、新製品の投入を発表した。PFUのHappy Hacking Keyboard(HHKB)ではなく、高級キーボード「REALFORCE」の最新モデル「R2」に、限定モデルの「PFU Limited Edition」が追加されたのだ。元から関係のある企業同士とはいえ、同業種が手を組んで世界に打って出ると言うのだから面白い。今回は発表会の内容と「REALFORCE R2 PFU Limited Edition」のレビューを紹介したい。

東プレのキーボードのPFU限定モデルの使い勝手やいかに!?

高級キーボードの2大巨頭がタッグを組んだ

 PFUと言えばドキュメントスキャナーが有名だが、高級キーボード「Happy Hacking Keyboard(HHKB)」シリーズを20年以上販売しているメーカーでもある。毎日膨大な量の文字を書いている筆者もHHKBを愛用している(関連記事)。

 HHKBの上位モデルは静電容量無接点方式のキーを採用しているが、実はこれは東プレのOEM。東プレも「REALFORCE」というキーボードを17年前から販売しており、高級キーボードの2大巨頭なのだ。もちろん、筆者は何回も記事(関連記事)でお借りしたことがあり、ある程度は使ったことがある。そんなツートップが手を組んで「REALFORCE」で「PFU Limited Edition」を出すというのだから興味津々だ。

 発表会では、PFU執行役員常務の宮内康範氏と東プレ取締役の山本 豊氏の挨拶に続き、新製品が披露された。2017年に発売された「REALFORCE」の「R2」シリーズの限定モデル「PFU Limited Edition」だ。テンキーレスタイプで、日本語配列と英語配列それぞれでアイボリーとブラックの2色を用意している。この限定モデルは、PFU公式ECサイト「PFUダイレクト」のみで発売される。さらに、グローバルにスキャナーの販売網を持つPFUと東プレが協業することで、中国で「REALFORCE R2」シリーズも販売するという。

PFU執行役員常務の宮内康範氏と東プレ取締役の山本豊氏
「REALFORCE R2 PFU Limited Edition」は4モデルで、価格は2万8500円(税抜)

 詳細はPFUビジネス推進統括部長の松本秀樹氏が説明してくれた。2018年9月8日より、PFUの中国販売会社であるPFU Shanghai Information Systemを起点として、東プレの「REALFORCE R2」の英語配列とゲーミングキーボードの「REALFORCE RGB」を取り扱う。日本ではテンキーレスモデルのみの扱いとなるが、中国ではフルサイズキーボードも展開するという。もちろん、HHKBに加えて、「REALFORCE R2 PFU Limited Edition」も販売する。中国の後は、北米でも展開し、2019年度には他地域にも広げる予定だ。

 「両社のラインナップは補完関係にある」と松本氏。テンキー付きのフルキーボードが4ドアセダン、テンキーレスモデルが2ドアクーペであり、HHKBは2シータースポーツと例えた。さらに、両社の強みは、東プレは技術と「REALFORCE」ブランド、PFUはスキャナビジネスで培ったグローバルの販売網と「HHKB」ブランドで、協業により高級キーボード市場を活性化させていきたいという。

 HHKBは2017年度で3万台を販売し、世界累計で45万台を突破している。以前は、エントリーモデルの方が売れていたのだが、ここ数年は圧倒的に上位モデルの方が売れており、高級キーボード志向が広まっているのがわかる。この流れに乗り、「REALFORCE」も含め、2020年には8万台の販売を狙っている。

PFUビジネス推進統括部長の松本秀樹氏が協業について説明
1996年から20年以上にわたってさまざまな製品がお目見えしたHHKB
キーボード事業は1983年よりスタートしており、2001年から17年間、「REALFORCE」シリーズを販売している
9月8日より、中国市場で独占販売を開始する
HHKBは世界累計で45万台を突破している
中国を皮切りに、グローバルに展開する予定
2017年3万台を2020年には8万台を狙う

 「REALFORCE R2 PFU Limited Edition」の製品説明は、東プレの商品事業本部電子機器部 部長である持田智彦氏が行なった。「REALFORCE R2 PFU Limited Edition」は、「REALFORCE R2」のテンキーレスモデルの最高峰であるSAシリーズがベースになっている。

 限定モデルならではの特徴としては、右上のLEDパネルがカーボン基調の専用色を採用している。アクチュエーションポイントチェンジャー(APC)機能により、キーを入力できるストロークを調節することも可能。キー押下圧はHHKBと同じオール45gで、HHKB Professional Type-Sと同じ静音仕様を採用するなど、HHKBっぽくこだわっているのがうれしいところだ。

商品事業本部電子機器部部長の持田智彦氏
限定モデルはカーボン調の専用LEDプレートを搭載
APC機能で、キーストロークを調整できる
静音化も施されており、タイプ音が抑えられているのがうれしいところ

 発表会と同じ日の夕方から、同じ場所で「HHKBユーザーミートアップ vol.2 with東プレ」が開催された。第1回の様子は「Happy Hacking Keyboardイベント開催で開発秘話から裏話まで連発!」(関連記事)で紹介している。前回はビデオ出演だった東京大学名誉教授の和田英一氏も登壇し、スピーチをしてくれた。和田先生はHHKBをPFU研究所と共同開発した一人で、何十年経ってもHHKBは変わらないと感慨深げ。その後も、自作キーボードの話題などで盛り上がった。

同日夕方、同じ場所で「HHKBユーザーミートアップ vol.2 with東プレ」が開催された
HHKBの生みの親の一人、東京大学名誉教授の和田英一氏も登壇

キーがオンになる深さを
ソフト上でカスタマイズできるのがスゴイ

 早速「REALFORCE R2 PFU Limited Edition」をがっつり1週間使い倒してみたので、レビューしてみよう。手元にあるのは日本語配列のブラックモデル。USB接続で、フルNキーロールオーバーに対応。キー数は91で、前出の通りキー加重はオール45gとなっている。昇華印刷でキートップの刻印はかすれてしまうことがないし、静電容量無接点方式を採用しているのでスイッチの寿命は5000万回以上を実現している。サイズは、142×369×30mm、重量は1.1kgだ。ちなみに、HHKB Professional BTのサイズは120×294×40mmと、比較すると一回り大きい。これはファンクションキーの部分と、右側にある特殊キーや矢印キーの部分だ。

 キーボードはずっしりしており、質感も上々。高級キーボードの風格たっぷりだ。ブラックモデルなので、右上の専用LEDプレートは目立たないが、アクセントにはなっている。

 普段は、HHKB Professional BTもしくはHHKB Professional JPを利用しているので、比較するとタイプ音が明らかに静かなのが実感できた。静電容量無接点方式の滑らかなタイプ感にふさわしい、しっとりとした音。人間の耳に付く2500~5000Hzの音を小さくし、耳障りを抑えているのだ。一人で利用する分にはどちらでもいいが、オフィスやコワーキングスペースなど他の人がいるなら、あきらかに静音タイプの方がいいだろう。ブラインドタッチで高速入力する人ならなおさらだ。

「REALFORCE R2 PFU Limited Edition」のブラックモデル
右上にはカーボン調のLEDパネルを搭載
うち味はしっとり滑らかで、音も静か

 キー配列などをカスタマイズするには、東プレのサイトから、専用ソフトをインストールする。何はともあれ、最初に「設定」から「CapsLockとCtrlキー入替」を有効にする。HHKBで慣れきってしまったため、「A」の隣にCtrlキーがないと、効率的に入力できないからだ。

 そのほか「設定」タブではLEDの色を変えられる。7色から選べ、初期設定は赤。ここでは、水色にしてみた。輝度も変えられるので、目立たないようにもできる。「RGB-LED」タブは、ゲーミングキーボードのRGBモデルのみで利用できるので、ここではグレーアウトしている。

 「Key Lock」タブではロックするキーを指定できる。「Lock有効」をオンにして、押しても反応させたくないキーを選択しよう。赤色になれば、無効化されている。筆者はスペースキーの両隣などを無効化している。

東プレのサイトからアプリをインストールする
起動すると、キーボードが認識されている
「設定」から「CapsLockとCtrlキー入替」を有効にする
LEDの色や輝度をカスタマイズできる
「Key Lock」タブではロックするキーを指定できる

 「APC」タブではキーストロークをカスタマイズできる。1.5mm、2.2mm、3.0mmから選べ「一括設定」から全キーをまとめて設定できる。「個別設定」を選べば、キーごとに設定することも可能。

 キーストロークを選んで、キーをクリックすればいい。小指など力のない指で押すキーは1.5mm、親指など力のあるキーで押し込むなら3.0mmに設定するなど、細かい調整が可能だ。

指ごとにキー入力を検知するストロークを設定できる

 さらに、付属のキースペーサーを装着することで、異なる打ち味とさらなる静音性が得られるという。そこで、効果が大きいという3mm厚のスペーサーをセットしてみた。

 キートップは簡単に外れるが、数が多いので手間はかかる。ブラインドタッチができる人でも、外す前のキー配列を写真に撮っておくと、元に戻すのが楽なのでお勧め。メインのキーを外したら、スペーサーを敷いて、キートップを元に戻す。PCにつないだら、設定画面でキーストロークを1.5mmに設定すれば完了だ。

 まずは、タイプ音がさらに静かになったのに驚いた。ここまで静かなら、図書館で使っても問題なさそう。キーピッチが思いっきり浅くなったので、とても違和感があるが、コレは好みの分かれるところ。高速タイピングをする場合、浅い方がいいという人も多い。筆者としては、2mm厚のスペーサーの方が向いているようだった。

付属のリムーバーでキーを外す。交換用のCtrlキーやCapsLockキーも同梱されている
キーを外したらスペーサーを敷く
ストロークを1.5mmに設定する
設定をキーボードに反映させる

 キーボードとしてのクオリティはもちろん、文句なしに最高。キーの押下圧が45gというのも打ち応えがあって、筆者好み。タイプ音は小さく、スペーサーを入れればさらに静かになる。キーストロークをカスタマイズできるのも便利だ。

 10万回くらいタイピングして、慣れてきたところ、ファンクションキーが独立しているのには違和感がなくなってきた。「E/J」キーをEscと間違って押してしまうことが多いが、これも改善されつつある。しかし、単なる好みの問題でEnterキーの右側はやはり不要に感じた。矢印キーを操作するために、手首をがっつり移動させるのは負担が大きい。また、HHKBは外出先で使うために持ち歩いているが、本製品だとちょっと大きすぎる。

 とはいえ、そこまで高速タイプを求められない用途であれば、最高級の使い勝手であることは確か。ユーザーの用途によってはHHKBを勧めて使いにくいと言われることもあるので、選択肢が増えることはウェルカム。PFUリミテッドであれば、HHKBファンとしても勧めやすい。

 文章をたくさん入力するのに、PCの付属品や安価なキーボードでいいや、と思っている人はぜひ量販店などで高級キーボードに触れてみてほしい。そして、高級キーボードの世界へおいでいただきたい。最低で数百円で売っているデバイスが、2万3000円~2万9500円するものの、滅多に壊れるモノではないので趣味のガジェットとしては安い部類。満足すること請け合いだ。

筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。


mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク