外気温から12度冷える提灯みたいなUSB冷風扇

文●鈴鹿 廻

2018年07月05日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 手軽に持ち運びできる、ミニサイズのUSB冷風扇「冷感提灯クーラー」がサンコーから発売された。価格は4980円だ。

提灯のようなスタイルで持ち運ぶことができる、サンコーのUSB冷風扇「冷感提灯クーラー」。最大で外気温をマイナス12度冷やすことができる

 まるで提灯のようなスタイルで持ち運びが可能という、取っ手付きのUSB冷風扇。デスクトップに置いてUSB給電で使うもよし、モバイルバッテリーに繋げば屋外でも使用できる。

 通常の扇風機とは異なり、気化熱を利用して冷たい風を送る仕組み。外からの熱い空気が水分を含んだフィルターを通り、水分が蒸発して空気の熱を奪い、冷たい風として送り出される。有効距離は40~60cmで、外気温からおよそ5~12度ほど下がるという。

USB給電で動作するため、モバイルバッテリーがあれば屋外で使用可能。背面からの熱気が水を含んだフィルターを通り、気化熱を利用して冷たい空気を送る

 内部は気化熱を発生させるために水を含ませるフィルターと、460mlの水が入るタンクで構成されている。タンク内の水で約4~10時間ほど冷風を送ることが可能だ。

 動作電流は420mA。モバイルバッテリーを接続した場合は、10000mAh(5V/2A)の容量で約7~8時間ほど動作する。なお、湿度が70%以上の場合は、仕組み上冷却効果が低下する点には注意だ。

水は付属の漏斗を使ってタンクに入れる。満タンなら最大8時間ほど動作する

 販売するサンコーレアモノショップ秋葉原総本店では、好評につき早々に完売。同店では6日(金)の再入荷を予定しているとのことで、買い逃した人はそれまでの我慢だ。

mobileASCII.jp TOPページへ