中国QRコード決済「アリペイ」沖縄で試したら失敗した話

文●山口健太

2018年07月06日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄都市モノレール(ゆいレール)。那覇空港と那覇市内を結んでいる。

 QRコード決済の注目度が高まる中、沖縄都市モノレール(ゆいレール)が中国アリババ系のAlipay(アリペイ)に対応する実証実験が始まりました。

 7月20日までの期間限定とのことなので、さっそく那覇まで行ってきました。

■ゆいレールではSuicaが使えない

 那覇の観光に便利なのが、那覇空港と首里を結ぶゆいレールです。しかしSuicaなど全国で相互運用が進む交通系ICカードは利用できず、独自のOKICAが使われています。

 紙の切符を購入すれば乗れるとはいえ、券売機には長蛇の列ができていることもあり、長時間のフライトを終えたばかりの観光客には悩ましい問題です。

予備知識がないとがっかりする、「OKICAのみ」の掲示。
ゆいレールやバスで利用できる独自ICカード「OKICA」

 そこで注目したいのが、今回のアリペイ対応です。案内はすべて中国語と、基本的には中国からの観光客のためのサービスといえます。

 しかし、少しでも多くの人がまっすぐ改札に向かってくれれば、券売機の列は短くなり、日本人にとってもメリットは大きいといえます。

6月22日から7月20日までアリペイに実験的に対応する
使い方を説明した中国語のパンフレットも。

 自動改札機をQRコード決済に対応させる上で問題になるのは、どうやってQRコードを読み取るのかという点です。この点、ゆいレールは紙の切符でもQRコードを利用しており、改札機がリーダーを備えています。アリペイとの相性はもともと良かったといえるでしょう。

ゆいレールの切符にはQRコードが印刷されている。
自動改札機はFeliCaとQRコードに両対応している。

■日本人はアリペイを使えるのか

 中国ではアリペイやWeChat PayといったQRコード決済が普及していますが、日本人が使えるかどうかといえば、その状況は複雑です。

 以前はWeChat Payのアカウントの本人確認に日本のクレジットカードを使うことで、簡単にチャージできました。しかし原稿執筆時点ではできなくなっており、逆にアリペイの開通に日本のクレジットカードを使えるようになっています。

 クレジットカードの本人確認に成功すると、すでにアリペイを使っている人やチャージ業者を経由することで、アカウントに人民元をチャージできます。銀行口座を紐つけて支払う機能とは異なるものの、プリペイドの残高の範囲内で利用できる状態です。

アカウントに100人民元をチャージできた

 筆者はこの方法でアリペイにチャージし、那覇に向かいましたが、結論から言えばゆいレールには乗車できませんでした。

 ゆいレールに乗るには、駅で配布されているパンフレットのQRコードをスキャンし、専用の交通カードを開通させる必要があります。しかしアリペイの実名認証をしていないアカウントでは、この開通に失敗するようです。

実名認証をしていないアカウントでは利用できず。

 日本人がアリペイを使えないのはゆいレールだけでありません。コンビニのローソンなどでもエラーが起きています。そもそも中国の身分証を登録していないアカウントは中国国外で利用できないという情報もあります。

 このあたりは中国の法律や外貨に関する制度が絡んでくることもあり、日本人が中国以外でアリペイを活用することは、現時点では難しいといえるでしょう。


mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

アプリ週間ランキング

アプリランキングをもっと見る

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク