スマートスピーカーブームの中で成長するSONOSに、Apple MusicのSpotify超え、米国の音楽再生事情

文●松村太郎(@taromatsumura) 編集● ASCII編集部

2018年07月11日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホに通知が来ても音楽が途切れない
SONOSのスピーカー

 自分が好んで使っていた製品の企業が上場を果たす機会は、そうたくさんはありません。筆者は以前から「SONOS」というブランドのスピーカー製品を自宅で使ってきましたが、そのSONOSがNASDAQに上場申請を出しました(https://www.cnbc.com/2018/07/06/sonos-files-to-go-public-in-100-million-ipo.html)。

我が家で愛用中のSONOS Play 5。Wi-Fi接続機能を備え、単体でApple MusicやSpotifyなどの音楽を再生することができる仕組みを持つ

 SONOSは高品質なスピーカーにWi-Fiを搭載させ、各種ストリーミング音楽を単体で再生できる機能や、複数のスピーカーをペアリングさせ、ステレオやサラウンドのシステムを構築できる機能性を早期から実現してきました。

 BluetoothだけではなくWi-Fiを搭載していることは、iPhoneユーザーである筆者に非常に大きなメリットがあります。iPhoneからApple Musicの音楽をBluetooth経由で再生していると、手元の端末の状況で音楽が止まってしまいます。

 たとえば、電話がかかってきたり、iPhoneでYouTubeを再生すると、せっかく心地よく流れていた部屋の音楽も中断されてしまうのです。これは、HomePodでiPhone経由の音楽再生をしても同じことです。

 しかしSONOSは、スピーカー自体がWi-Fi経由でストリーミング音楽を再生し、iPhoneのアプリはそれをコントロールするリモコンに徹しているだけです。そのためiPhoneがどういう状況であれ、スピーカーはキチンと部屋の音楽を奏で続けるわけです。

SONOSにとって、時が来た

 SONOSのIPOは、一見荒波の中の船出に見えます。というのも、強大な力を誇るAmazonやGoogle、そしてAppleまでもがスマートスピーカーに参入し、AIを武器に、部屋のスピーカーの陣地の奪い合いを展開しているからです。

家の中のスピーカー戦争を仕掛けるAmazon Echo(右)とGoogle Home(左)。直近では、Google Home miniが善戦していると伝わってきますが、この争いに音楽の音質は、あまり含まれていない模様。いずれも、当然ながらApple Musicには非対応……

 しかし音質で競合するのはAppleのHomePodぐらいで、しかも前述のようにスマートフォンと組み合わせる機能性はSONOSが依然として勝っています。個人的には、AmazonやGoogleが高音質モデルを無料でばらまくような荒技に出ない限り、SONOSの成長の余地はありそうだと思っています。

Apple MusicをSiriを通じて声で再生できるHomePod。しかし部屋の音楽を再生し続ける能力としては、HomePod以前から利用してきたSONOSに軍配が上がります

 ただ、テクノロジーの巨人たちのスピーカー争いは、SONOSにとっても追い風となっているようです。

 IPO書類によると、2017年は9億9200万ドルを売上、2016年から10%成長しています。また2016年に3800万ドル出していた赤字は、2017年に1400万ドルの赤字まで圧縮されました。2018年の前半は、1300万ドルの黒字を報告しており、その収益性は急速に向上している様子が分かります。

 2017年末にスマートスピーカー競争が激化するまでに、SONOSはAmazon Alexaに対応するモデル「SONOS ONE」を投入。2台組み合わせてもHomePodと同じような値段で、ステレオシステムが作れます。

 またこのSONOS ONEは、AppleがiOS 11.3でサポートを開始したAirPlay 2に対応し、HomeKitから操作できるようになりました。加えてGoogleアシスタント対応なども見据えています。

 時流に乗りつつ、自らの価値を光らせる、そんな取り組みは、今のところ成功しているように見えます。ただ、Amazonは、音声アシスタントのAlexa、そしてAmazon.comの販売チャネルの両方を、いつでもSONOSから奪うことができるとも言えます。

 その点では、独自の価値の充実とメッセージ作りがより重要、と言えそうです。たとえばホームスピーカーは音質が命という路線を示すと、Appleと、とまでは明言しないまでも、共闘戦線を張ることもできるかもしれませんし。

Apple Musicが米国でトップに

 スピーカーは家にいる時間に音楽を楽しむ道具で、それ以外の場所では基本的にはヘッドフォン、イヤホンなどで音楽を楽しむ事になります。

 AppleのAirPodsは生産体制が整いつつあり、街でも見かけることが多くなりました。あくまで感覚的な話ですが、2018年3月に米国中でも指折りの大都市、シカゴに行ったとき、サンフランシスコやバークレーで見る以上にAirPodsが普及していることにびっくりしました。

 Appleは今後、ワイヤレス充電に対応するAirPodsケースを用意していると伝えられており、またよりハイエンドモデルの登場も予測されています。外で音楽を聴く仕組みは、今後も充実していくことになるでしょう。

 聴く手段とともに重要なのが、ソース、音源です。米国ではストリーミング音楽の定額サービスへの移行が続いていますが、最近のデータでは、これまで先行してきたSpotifyが、米国史上においてApple Musicに追い抜かれたそうです。

 Digital Music Newsによると、Apple MusicもSpotifyも、米国市場では2000万人の有料会員を集めていますが、米国市場において有料会員数の増加はApple Musicが5%、Spotifyが2%と差がついていました。今後もその差は開いていくとみられています(https://www.digitalmusicnews.com/2018/07/05/apple-music-spotify-us-subscribers-2/)。

 それでもSpotifyは、依然として世界最大の音楽ストリーミングサービスであり、有料会員は7500万人と、Apple Musicの4500万人を大きく上回っています。またSpotifyは広告モデルの無料会員も用意されており、世界のリスナー数は1億6000万人と優位に立っています。

 しかしユーザーのエンゲージメントについては、Apple Musicが勝るという結果も示されています。Drakeの新アルバム「Scorpion」は、最初の1週間で1億7000万ストリームだったそうですが、Spotifyは無料ユーザーも多く抱えながら、1億3000万ストリームに留まったそうです。

 Appleとしては、加入者数以上に、エンゲージメントの高さは重要といえます。アーティストに対して、新しい音楽の発表の場としての有効性を示すことができるからです。

 その一方で、筆者は米国にいながら、桂歌丸さんの落語を長らく聴いており、亡くなったというニュースに驚きを隠せずにいます。落語は正確には「音楽」ではないのかもしれませんが、購読型サービスはライブラリを制限なく聞ける点も、体験上のメリットと言えるかもしれません。


筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。米国カリフォルニア州バークレーに拠点を移し、モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

mobileASCII.jp TOPページへ