3キャリアの主力販売モデル「Xperia XZ2」「Galaxy S9」「Mate 10 Pro」を比較

文●小林 誠 編集● ASCII編集部

2018年07月17日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 夏モデルのハイスペックモデルのなかでも、販売面で各キャリアの主力となりそうな機種、Xperia XZ2、Galaxy S9、HUAWEI Mate 10 Proの3台を4回に渡って比較する。今回はまずスペック、料金、外観から。

Xperia XZ2
Galaxy S9
HUAWEI Mate 10 Pro

メインストリームの機種も、縦長+5.7型以上に

 各社の夏スマホが続々発売されているが、今回は人気どころとなりそうな機種を取り上げる。いずれもハイエンド級の性能を誇る、ドコモ「Xperia XZ2 SO-03K」、au「Galaxy S9 SCV38」、ソフトバンク「HUAWEI Mate 10 Pro」の3機種だ。まずは各機種の簡単な紹介から。

●ドコモ「Xperia XZ2 SO-03K」
 前機種のXperia XZ1からはデザインを一新。18:9の縦長ディスプレーになり大画面でもスリムなのが特長。世界初の4K HDR動画の撮影を実現。秒960コマのスローモーション撮影もさらに進化した。ソニー独自のサウンド解析技術で、ゲームプレイ中などサウンドに合わせて端末が振動するという、バイブレーションシステムも興味深い。Xperia XZ1自体はドコモ/au/ソフトバンクの3キャリアから発売される。

●au「Galaxy S9 SCV38」
 独自のアバターやAR絵文字を作成できるほか、瞬時にピントが合うカメラが特長で、シーンに応じたF値の自動調整が独自機能。Xperia XZ2と同じく秒960コマのスローモーション撮影が可能で、約0.2秒の動画を約6秒かけて再生することもできる。AKGやドルビーの技術による音楽再生も魅力。上位モデルのGalaxy S9+と比べると、カメラがシングルになっているなどの差はあるが、18.5:9の5.8型有機ELで横幅約69mmという、コンパクトさも実は魅力。Galaxy S9+も含めて、ドコモとauからの発売。

●ソフトバンク「HUAWEI Mate 10 Pro」
 昨年末にSIMフリースマホとして発売されたファーウェイ製端末が、ソフトバンク夏モデルで登場。AIの処理に特化したプロセッサを搭載している点をアピールし、そのAI性能により、端末のレスポンスを向上するほか、カメラでは、被写体を自動認識し、最適な設定で撮影してくれるという機能も搭載している。18:9の6型ディスプレーは有機ELパネルを採用し、70000:1の高コントラストを実現するという。

 そのほか、主なスペックは以下のとおりだ。

  ドコモ「Xperia XZ2
SO-03K」
au「Galaxy S9
SCV38」
ソフトバンク
「HUAWEI Mate 10 Pro」
メーカー ソニーモバイル サムスン電子 ファーウェイ
本体サイズ 約72×153
×11.1mm
約69×148
×8.5mm
約75×154
×7.9mm
重量 約198g 約161g 約178g
画面サイズ 5.7型 5.8型 6型
画面解像度 1080×2160ドット 1440×2640ドット 1080×2160ドット
OS Android 8.0 Android 8.0 Android 8.0
CPU 2.8GHz+1.8GHz
(8コア)
2.8GHz+1.7GHz
(8コア)
2.36GHz+1.8GHz
(8コア)
ROM/RAM 64GB/4GB 64GB/4GB 128GB/6GB
メモリーカード microSDXC
(400GB)
microSDXC
(400GB)
×
国内4G対応バンド 1/3/19
/21/28/42
1/3/18/26
/28/41/42
1/3/8/18
/19/26/28/41
キャリアアグリゲーション
VoLTE
連続通話時間 1300分(LTE) 1710分(LTE) 950分(LTE)
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 1920万画素 1220万画素 1200万+2000万
インカメラ 500万画素 800万画素 800万画素
防水/防塵 IPX58/IP6X IPX58/IP6X IPX57/IP6X
ワンセグ 11時間50分 13時間30分 ×
フルセグ 10時間10分 11時間 ×
おサイフケータイ ×
NFC
Bluetooth 5.0 5.0 4.2
MHL(HDMI) × × ×
キャスト ×
SIM形状 nanoSIM nanoSIM nanoSIM
バッテリー容量 3060mAh 3000mAh 4000mAh
Qi ×
生体認証 指紋 指紋、顔、虹彩 指紋、顔
USB端子 Type-C Type-C Type-C
カラバリ Deep Green、Liquid Black、Liquid Silver、Ash Pink ライラック パープル、チタニウム グレー、ミッドナイト ブラック ミッドナイトブルー、チタニウムグレー

 3機種とも縦長画面を採用し、ディスプレーサイズは大きくなりつつもサイズは抑えられている。特にGalaxy S9は幅69mmで161gと3機種のなかでもひときわコンパクトかつ軽量だ。また画面解像度も高い。

 OSはいずれもAndroid 8.0。CPUもクロック数は若干違うがオクタコア。ただしXperiaとGalaxyは今夏モデルのハイエンド機らしく、現状最速クラスのSnapdragon 845なのに対し、HUAWEI Mate 10 Proはファーウェイ独自の「HUAWEI Kirin 970」を採用している。ストレージを見るとHUAWEI Mate 10 Proが128GBと大きいが、microSDの追加には非対応。

 国内4Gの対応周波数帯では、元々はSIMフリー機のHUAWEI Mate 10 Proが幅広い。カメラについては画素数だけを見ると驚きはないが、必ずしも注力ポイントはそこではないだろう。なお、3機種とも防水・防塵仕様となっている。ただし、HUAWEI Mate 10 Proはおサイフケータイやワンセグには対応しない。

 3機種ともハイエンド機らしいスペックだが、HUAWEI Mate 10 Proは国内向け機能は弱い。Xperia XZ2とGalaxy S9はほぼ同等だが、後者のコンパクトさ、軽さに魅力を感じる人は多いだろう。

ベーシックパックでドコモの料金が安い!

 料金比較では2年間のトータルコストを計算、各社のオンラインショップで本体を購入し、1人で利用することを想定。料金プランはなるべく安価な、通信量が月1GBのプランを選択した。ただし固定回線とのセット割引、下取り、auのアップグレードプログラムEX、ソフトバンクの半額サポートの適用は除外し、購入者のほとんどに適用される割引は取り入れた。

 すべて税込だが、各項目で小数点以下四捨五入をしているため本来の請求額とは若干違う場合もある。

  ドコモ「Xperia XZ2
SO-03K」
au「Galaxy S9
SCV38」
ソフトバンク
「HUAWEI Mate 10 Pro」
新規契約
(一括/実質)
4万7952円
/9万4608円
9万5040円 10万7520円
機種変更
(一括/実質)
4万7952円
/9万4608円
9万5040円 10万7520円
MNP
(一括/実質)
3万1104円
/9万4608円
9万5040円 10万7520円
基本使用料 シンプルプラン auピタットプラン(シンプル) スマ放題ライト
1058円 下記に含む 1836円
通話定額 なし なし 1回5分定額
Web接続 spモード LTE NET ウェブ使用料
324円 324円 324円
データ定額 ベーシックパック(~1GB) auピタットプラン(~1GB) データ定額ミニ(1GB)
3132円 2894円
/3974円
3132円
その他   購入キャンペーン  
-3000円
2年間トータルコスト 13万9440円~
(MNP)
18万2232円~ 23万4528円~

 結果、ドコモのXperia XZ2がMNP時に13万9440円~で、使えることになり、最安と判断した。MNPで無い場合も実質価格が+1万6848円で済み、他社より安い。

 これはドコモが新しく導入した、段階制データ定額のベーシックパックのおかげ。通話定額が含まれないシンプルプランと組み合わせられるうえ、端末購入時に毎月の料金を割り引く「月々サポート」も適用されるからだ。他社ではデータ通信が低容量のプランでは毎月の割引が適用されないことが多い。ただ、データ通信を多く使うユーザーにとっては、割高になるプランでもあるので注意が必要だ。

 というわけで他の2機種は月1GB程度のプランでは、毎月の割引が適用されず本体価格が高い。auのGalaxy S9はピタットプランに1年間月1000円の割引があり、Galaxy S9には8月31日まで3000円分のキャッシュバックがある購入キャンペーンが適用されるもののトータル18万円台。

 ソフトバンクのHUAWEI Mate 10 Proは本体価格が10万円を超えるうえ、割引やキャンペーンも無く、トータル23万円台とドコモとは10万円もトータルコストで差がつく結果となった。ただ同機は、実際には店頭ではかなり安価な価格で販売されているケースも散見されるので、あくまで参考……ということになりそうだ。

やはりGalaxy S9がひとまわりコンパクト

 外観チェックではまず3機種を並べてみたが、やはりGalaxy S9がひとまわり小さく、両端が曲面ディスプレーということもあって5.8インチの画面とは思えないコンパクトなサイズ感を実現している。Xperia XZ2とHUAWEI Mate 10 Proでは写真では同じくらいのサイズに見えるが、大画面のスマホを見慣れているとXperia XZ2にはさほど違和感が無く、HUAWEI Mate 10 Proは大ぶりな感じ。

真ん中のGalaxy S9が明らかに他の2機種より小さい

 Xperia XZ2はホームボタンなどはディスプレーに表示。右側面に上から音量キー、電源キー、カメラキーが並ぶ。上部にSIMカード&microSDスロット。下部にはUSB Type-C端子。3.5mmのイヤフォン端子が無く、Bluetoothヘッドセットか、もしくは付属の変換ケーブルをType-C端子に挿して使用することになる。指紋センサーは背面に移動した。

ついに縦長画面を採用したXperia XZ2。その代わりに指紋センサーは背面に
Xperia伝統の右側面のカメラキーは本機でも搭載。SIMスロットは上部に

 Galaxy S9もホームボタンはディスプレーに表示するタイプ。ただし設定で必要な時以外は消すことも可能。右側面に電源キー、左側面に音量キーと、その下に様々な情報を取得できるBixbyキー、上部にSIM&microSDスロット。下部にキャップレス防水のイヤフォン端子とUSB Type-C端子。背面には指紋センサーや心拍数センサーなど。

横幅が70mmを切っているだけではなく、エッジディスプレーの効果もあって、さらに持ちやすい印象。左側面にあるのは独自のBixbyキー
ハイエンド端末でイヤフォン端子を搭載するのは今では貴重ですらある。指紋センサーが背面なのはS8と変わらないが、カメラの下の位置に移動している

 HUAWEI Mate 10 Proもホームボタンはディスプレー表示タイプ。右側面に音量ボタンとそのすぐ下に電源ボタン。左側面の上側にはSIMスロットがある。上部にはキー類は無く、下部にUSB Type-C端子。背面に指紋センサーという配置だ。

前面下部を含めて、かなりの狭額縁。主要なキーは右側面に集まっている
背面にはLeicaダブルレンズカメラに指紋センサーと並んで設置されている

決め手は料金
今回の条件では安く使えるドコモのXperia XZ2が1勝

 3機種ともハイスペックで、Xperia XZ2とGalaxy S9は機能面で不足なし。HUAWEI Mate 10 Proはおサイフケータイが無いといった 弱点はあるが、バッテリーが4000mAh、Leicaダブルレンズカメラの搭載など優秀な部分も多い。

 となると決め手は料金。今回の比較ではドコモのXperia XZ2が安くなったのでリードと言える。ドコモのベーシックパックを適用できるのが勝因だ。ただし、データ通信容量が大きいプランとなると事情が異なってくるほか、前述のように店頭での端末価格という問題もある。あくまで今回の条件となる、可能な限り安いコストで高性能なスマホを使いたいというケースでの結果と言える。

 次回からは実際にテストを行なっていく。本体サイズではGalaxy S9が比較的コンパクトで有利に思えるのだが、果たして予想どおりになるのかお楽しみに。


公開当初より、記事タイトルを変更しております。(7/17 18:30)


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

Access Rankingアクセスランキング

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク