メインもサブもデュアルカメラなハイスペックスマホ「HUAWEI nova 3」がアキバに入荷

文●鈴鹿 廻

2018年08月04日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノッチ付きディスプレーや前後デュアルカメラなど、ハイエンド志向の最新スマートフォン「HUAWEI nova 3」がアキバで販売中だ。イオシス アキバ中央通店などのイオシス各店にて、店頭価格は6万9800円。

まだ日本では発売されていない、ファーウェイの「nova」シリーズ最新モデル「HUAWEI nova 3」が登場した

 HUAWEI nova 3は、ファーウェイの人気SIMフリースマートフォン「HUAWEI nova」シリーズの最新モデル。同店が買い取った未使用品で、鮮やかなIris Purpleなどカラバリ3色がまとまって入荷。コスパがウリの従来シリーズに比べ、最新機種ではよりハイスペック志向となっているが特徴だ。

 ディスプレーはノッチ付きの6.3型液晶(2340×1080ドット)で、プロセッサーはオクタコアのKirin 970、メモリー6GB、ストレージ128GBを内蔵。OSはAndroid 8.1を搭載している。

ノッチ付きのディスプレーなどトレンド要素をカバー。さらに前後デュアルカメラなど魅力的な機能を備える。カラバリは合計3色だ

 充実したカメラ性能も魅力で、メインカメラは1600万画素+2400万画素、インカメラは2400万画素+200万画素と、前後にデュアルカメラを備えている。シーンに最適な設定で撮影できるAI分析に対応し、フロントカメラも自撮り用に高度な露出制御の技術を搭載する。

 そのほか、ネットワークはFD-LTEバンド1/3/5/8、TD-LTEバンド34/38/39/40/41などに対応。nanoSIM×2のデュアルSIMスロットを備えている。

ファーウェイ製スマホでは歴代人気の高いモデルだが、これまで以上にハイエンド寄りな点が特徴。コネクターはType-Cを装備し、イヤホンジャックも備える

【関連サイト】

mobileASCII.jp TOPページへ