ソニーXperiaでわかる スマホの「横幅」が重要なワケ

文●山口健太

2018年09月11日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回取り上げたソニーモバイルの「Xperia XZ3」は画面サイズが6.0インチになるなど、スマホの画面は大型化の一途をたどっています。一方、手に持ったときの感覚で言えば、「画面のインチ数」よりも「端末の横幅」のほうが重要です。

 最新スマホを毎日のように見比べている方には耳タコな話ではあるのですが、改めてこの話題を取り上げてみたいと思います。

■画面を縦横に伸ばしてきたXZシリーズ

 最近のXperia XZシリーズを振り返ってみると、2017年秋のXpera XZ1は5.2インチ、2018年春のXperia XZ2では5.7インチ、そして2018年秋のXperia XZ3では6.0インチへと、画面のインチ数は順調に拡大してきました。

 こうしたインチ数の比較では、あたかもスマホ自体が大型化している印象を受けます。しかし手に持ったサイズ感としては、極端には変わっていません。なぜなら、横幅はXperia XZ1が73mm、Xperia XZ2が72mm、Xperia XZ3が73mmと、ほぼ同じサイズを維持しているからです。

 背景には、スマホの画面トレンドの変化があります。Xperia XZ1まで長らく定番だった縦横比「16:9」は、Xperia XZ2から縦長の「18:9」に変わり、Xperia XZ3では有機ELの採用により画面端を曲げてきました。

 結果、Xperia XZ3では本体の側面も活用しながら、表示領域を横幅いっぱいに広げることに成功しています。

画面端を曲げることで、横幅いっぱいの画面を実現

■まだ流動的な縦横比(アスペクト比)

 ドイツ・ベルリンの見本市「IFA 2018」では多数の最新スマホが展示されましたが、本体前面のほとんどを表示領域にする「フルビュー」のトレンドは続いており、画面上部の切り欠き(ノッチ)デザインも当たり前になってきました。

IFA 2018に展示された最新スマホ(IFA 2018に展示された最新スマホ(左上=HUAWEI Mate 20 lite、右上=honor Play、左下=シャープのOLEDスマホ、右下=ZTE Axon 9 Pro)

 画面の縦長化は18:9で落ち着くのでしょうか。ファーウェイは18:9よりも縦長の「19.5:9」を採用することで、Mate 20 liteは75.3mm、honor Playは74.3mmという横幅で6.3インチの大画面を搭載しています。

 ただ、いくら横幅が持ちやすいサイズを維持しているとはいえ、画面があまりにも縦長になると、本体の長辺方向の長さが気になってきます。19.5:9のスマホでは、ノッチの採用を含め、上下ベゼルの狭額縁化は必須といえます。

 ノッチの存在に賛否両論はありますが、スマホの画面を少しでも広げようという試みはまだまだ続きそうです。

■iPhoneも横幅維持の大画面化か

 同じことがアップルのiPhoneにも当てはまります。iPhone Xは5.8インチというこれまでにない大画面を採用しましたが、約19.5:9の縦長画面により、横幅は70.9mmに収まっています。

 IFA会場には、まもなく発表が期待される新型iPhone向けのケースや保護フィルム、モックが展示されており、画面サイズは5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3モデルになるようです。

左から5.8、6.1、6.5インチの新型iPhoneとされるモック

 6.5インチといえば、小型タブレットと言うべき「Xperia Z Ultra」の6.4インチを上回るサイズ。しかしXperia Z Ultraの横幅が92mmもあったのに対し、6.5インチiPhoneはiPhone 8 Plusと同じ78mm前後になりそうです。

6.5インチ新型iPhone(左)はiPhone 8 Plus(右)に近いサイズ感

 このように、画面の縦横比が変わったことで、過去の端末とのサイズ比較に画面のインチ数を用いるのはあまり意味がなくなっています。むしろ横幅を見るほうが正しいといえるでしょう。

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク