ラズパイベースのポータブルプレイヤーを自作しよう!

文●鈴鹿 廻

2018年10月05日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Raspberry Pi Zero」ベースのコンパクトなポータブルプレイヤーが自作できる、同人ハードウェアの工作キット「HKT-25 AIOだぁ」が家電のケンちゃんで販売中だ。

ちょっと手間はかかるけど、ラズパイベースのプレイヤーが自作できる一式詰め合わせの「HKT-25 AIOだぁ」が販売中

 組み立てればフリスクサイズのRaspberry Pi Zero(別売り)をベースにしたポータブルプレイヤーが完成する、同人ハードの工作キット。DAC基板と3Dプリンター製の専用ホルダー(+専用パネル)、薄型モバイルバッテリーがセットになったオールインワン(AIO)キットになっている。

 DACチップ「TDA1387」やヘッドホンアンプ「MAX9722」などのパーツやコンデンサ、各種コネクター、ブリッジ用基板が同梱されており、半田ごてを使用してユーザーが組み立てる。製品には電源として使用する、2500mAhのモバイルバッテリー「ALPHA MINI」も付属している。

技術系同人サークル「さーくる -Atelier GaRaKu-」が手がけたアイテム。なお、DAC基板には同じく同人ハードの「NosPiDAC Zero」が使われている
3Dプリンター製の専用ホルダーやパネルはあらかじめ付いてくる。同梱のモバイルバッテリーがスッポリ収まる設計だ

 店頭価格は8000円(税抜)。専用ケースのカラーが異なる、ブラックとホワイトの2色から選ぶことができる。

【取材協力】

mobileASCII.jp TOPページへ