モバイルバッテリーで車のバッテリー切れを解決:Xperia周辺機器

文●君国泰将 編集●南田ゴウ

2018年11月11日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車のバッテリー切れにも
モバイルバッテリーで対応できる

 いざというときに役立つモバイルバッテリーは、Xperiaをはじめとしてあらゆるガジェットを充電してくれる必須グッズ。市場には多くの製品がありますが、その中で異彩を放つのが、車のバッテリー切れにも使えてしまうというAnkerの「Roav ジャンプスターター Pro」(以下、ジャンプスターターPro)です。

 車で移動することが機会が多いと、めったに遭遇することはないものの、万が一のバッテリー切れという事態に陥ると本当に悲惨です。近くに車がいれば助けてもらうことができますが、ブースターケーブルがなかったり、周りに車がいないとなると、ロードサービスを呼ぶしかありません。そんな時にお役立ちなアイテムがジャンプスターターProなのです。

ジャンプスタートに必要な
ケーブル類がすべて付属する

 本体とUSB Type-A&USB Type-Cケーブル、クランプ付ジャンパーケーブルと必要なものがすべてセットになっており、収納する専用のキャリングケースまで用意されています。バッテリー容量は8000mAh。本体サイズは161×84×33mmで重量は378gです。

 出力ポートは、5V/2.4AのUSBが2ポート(同時出力時は合計3.5A)と、充電用のUSB Type-Cを備えています。

 容量8000mAhのモバイルバッテリーとしては外装はかなり大きめ。タテヨコサイズは「Xperia XZ2 Premium」と同じくらいあり、さらに厚みがドーンとあるので大きい印象。

 材質はプラスチックなので大きさに対して重さはあまり感じないませんが、余裕のある構造にしているのだと思われます。ふだん使いに使うのもアリかなと思いましたが、ちょっと大きすぎるので、これはこれで車専用として使うのが無難でしょう。

バッテリーの消耗を防ぐ
二段構えのスイッチ構造

 充電はUSB Type-Cから接続、USBの先にシガーソケットやAC電源のアダプターなどを介して充電します。充電の際には、4つのランプで充電状況を確認できます。点灯しているランプが4つで100%、3つで75%、2つで50%、1つで25%というのが目安。そもそも車に積んで置くことになるので、いざというときに慌てないためにも余裕をもって充電しておきたいところです。

 バッテリーを使う際は、横にあるスライドスイッチをONにして、さらに押しボタンをONにするという2段構え。不意に手が当たってバッテリーを消耗するのを防ぐためなのか、こういう構造になっています。また、バッテリーを充電しながらUSB出力からXperiaに充電といったパススルー充電には対応していません。

約15回ジャンプスタート可能
バッテリー状態はLEDで確認できる

 さて、自分の車で利用する場合に備えてシミュレーションしておきましょう。本体にあるフタのついた専用の端子に、付属のジャンパーケーブルを接続します。対応している車は、6.0Lまでのガソリンエンジン車や3.0Lまでのディーゼル車など。

 クランプを車のバッテリーに接続します。手順としては、赤いクランプをバッテリーのプラスにつないで、次に黒いクランプをバッテリーのマイナスにつなぐだけ。ケーブルの部分にLEDディスプレーがあり、ここからバッテリーの現在の電圧をチェックできます。

 あとは、車のエンジンを始動して、うまくかかればOK。容量的にフル充電であれば、最大で約15回のジャンプスタートが可能ということで、そこまで頻繁に使うことはないとしてもガジェットなどの充電を含め余裕があるほうが安心です。ただし、連続して車のエンジンを4回以上使うとオーバーヒートしてしまうので注意しましょう。

ライトも方位磁石もあり
車のトランクに忍ばせておくと安心

 また、さすがというか孤立してバッテリーあがりを起こしてしまった車で困るのが光源です。本体はLEDライトも備えおり、懐中電灯代わりにもなります。電源ボタンを長押しでオン、その後電源ボタンを軽く1回押すごとに、点灯からゆっくり点滅、高速点滅に切り替わるので、緊急時のサインとしても使えます。おまけにコンパスも備わっているので、方位確認にも利用できます。

 基本的に車にはバッテリーがあるおかげで、ふだんはスマホも充電できてとっても便利と思いつつも、万が一旅行先などでバッテリーがあがった際は、一気に逆転して不安のどん底に突き落とされてしまいます。

 これから寒くなる季節、ロードサービスを呼ぶ不安な時間や、余計な費用がかかることを考えれば、決して無駄な投資にならないはず。車のジャンプスタートができることはもちろん、ふだんは手元にあるスマホを充電する手助けにもなると考えれば、いつも車に「Anker Roav ジャンプスターター Pro」を載せておくのも良いかもしれません。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ