ドコモ「カードケータイ」はウワサどおり物欲を煽ってくる!

文●ジャイアン鈴木 編集●ASCII.jp編集部

2018年11月11日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「カード型」というだけで辛抱たまらなくなる筆者は、ついつい見かけるたびに衝動買いしてしまいます。そんなカード型製品偏愛主義者が、ドコモの2018-2019冬春新商品発表会でもっとも惹かれた製品が「カードケータイ KY-01L」です。

と言いつつも、いま手元にあるのはこの程度。すべての製品がなにかわかりますか?

名刺入れにも入る
そう、カードケータイならね

 カードケータイはその名のとおり京セラ製のカードサイズケータイ。本体サイズは91×55×5.3mm、重量は約47g。nanoサイズのSIMカードを装着可能で、4Gケータイとして世界最薄、最軽量が謳われています。目的のためには手段を選ばずという言葉を具現化したような本製品は、筆者の大好物です。

本体前面。画面は2.8型(480×600ドット)の電子ペーパーディスプレーを採用
本体背面。中央にドコモのロゴが入ります
本体上面には電源ボタンを配置
本体底面にはmicroUSB端子を用意。USB Type-C端子でなくて残念……
本体右側面にはボリュームボタンを装備
本体左側面にはnanoSIMカードトレイを配し、「KY-01L」の文字も小さく入ります。製造会社の「京セラ」大好き星人としては、どこかに同社のロゴを入れてほしかったところです
カードサイズを実現するためか、SIMカードトレイは一般的なスマホなどに比べると少し華奢に見えます

Androidベースだが機能は限定的

 カードケータイと名付けられた本製品が携帯電話であることは間違いありませんが、端末情報を見てみるとOSのベースはAndroidのようです。なんらかの方法でアプリをインストールできれば非常に面白くなりそうなので、どなたかが道を切り開くことを強く期待します。他力本願でスイマセン。

カードケータイの端末情報。ベースはAndroid OSのようです

 本製品を触った第一印象は質感の高さ。前面、背面ともに防指紋加工が施されており、薄いながらも剛性の高いボディーに安っぽさはいっさいありません。特筆しておきたいのが、音と振動の絶妙さ。「ピポッ」、「ピッ」といういかにもな電子音と、結構強めのバイブレーションが……高級感あるんですよ! 音も振動も安易に選ばず、開発陣がこだわって調整していると個人的に睨んでいます。お疑いの方は、ぜひ店頭でお試しください。

バイブレーションと着信音、通知音、アラーム音はきめ細かく設定可能。着信音は5種類から、通知音とアラーム音は3種類から選択可能です

ウェブブラウザーが動くので
サイトのチェックもできる

 連絡先、メッセージ、カレンダー、時計、電卓、メモ帳搭載と意外と多機能な本製品ですが、驚かされたのはウェブブラウザーが動くことです。

 画面の描画色が16階調のグレースケールである、電子ペーパーディスプレーの特性上書き換え時にちらつきが発生する、動画や音声の再生をサポートしていない、GPSを搭載していないため位置情報をウェブページで利用できない、ピンチイン・アウト操作できない、ホーム画面にサイトのショートカットを作成できない……などなど制限は多々ありますが、カードサイズのデバイスでウェブページを見られるのですから感動しますねー。

ASCII.jpのトップページを表示してみました。モバイル用のサイトが表示されていますが、特にエラーは発生していません。16階調のグレースケールでもグラビアアイドルは魅力的ですね
ブラウザーからJPEG、PNG画像を長押しで保存可能。保存した画像は「設定→デバイス→ストレージ→(右上のフォルダーアイコン)→ダウンロード」から鑑賞可能です
画像を拡大表示しているときに右上にチェックを入れれば壁紙に設定可能。「痛ケータイ」もカンタンに実現します

 なお、アルファベットや数字だけでなく、日本語もフリック操作で文字入力可能です。電子ペーパーディスプレーの特性上、描画は遅れますが、遅延を無視してどんどん操作すれば、スマートフォンとほとんど変わらぬ速度で文字入力可能です。

フリック入力の際は、4方向の候補が出るのを待たず、次々に操作してしまうのが、高速文字入力のコツです

【まとめ】通話専用スマホと割り切るか
コンパクトな2台目としてならアリ

 端末代金は一括払い3万1752円と特に優遇されているわけでもなく、月々のランニングコストは2133円から(カケホーダイプランで24ヵ月目まで。25ヵ月目以降は3024円)と結構な金額がかかります。正直、一台持ちするような端末ではないです。携帯電話に慣れない方には使いこなしが難しすぎますし、スマホネイティブな方々にはあまりにも機能が少なすぎます。

 それでも「カードケータイ」であるという一点だけで、ガジェッターの欲望を揺さぶる魅力を持っていることは間違いありません。そして、できるだけコンパクトにもうひとつの携帯電話を持ち歩きたいという方には、名刺入れにすら入る本製品は唯一無二の存在と言えるでしょう。

週刊アスキー、ASCII.jpでおなじみのつばささんの画像を壁紙に設定してみました。お気に入りのキャラクター、家族の写真を壁紙にすれば愛着もひとしおです
ドコモ「カードケータイ KY-01L」の主なスペック
メーカー 京セラ
ディスプレー 2.8型電子ペーパー
画面解像度 480×600ドット
サイズ 約55×91×5.3mm
重量 約47g
CPU 1.1GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー 1GB
内蔵ストレージ 8GB
外部ストレージ ×
最大通信速度 下り最大100Mbps
VoLTE
カメラ画素数 ×
バッテリー容量 380mAh
FeliCa/NFC ×/×
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 IPX2(防滴)/-
生体認証 ×
USB端子 microUSB
連続待受時間(LTE/3G) 約100時間/約100時間
連続通話時間(LTE/3G) 約110分/約160分
カラバリ インクブラック
発売時期 11月下旬

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ