auの3G(CDMA 1X WIN)、2022年3月終了へ

文●スピーディー末岡/ASCII編集部

2018年11月16日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月7日をもってCDMA 1X WINの新規受付を終了したauだが、サービス自体が終了する時期が2022年3月に決定した。

CDMA 1X WIN対応機が多数発表された2008年冬モデル発表会

 CDMA 1X WINが終了することで、おもに2012年以前に発売されたau VoLTE非対応のスマホ、フィーチャフォン、モバイルルーターなどは使えなくなり、iPhoneだとiPhone 4sが唯一その対象になる。

 また、2022年3月以降もauを継続して利用する場合は、4G LTE対応機種への変更が必要になる。これにともない、16日からCDMA 1X WIN対応機種のユーザーが4G LTE対応機種に機種変更する場合の事務手数料が無料に、初めてのスマホをサポートする「初スマホ安心サポート」も無料になる。

 そのほか、「au ピタットプラン」と同時に、対象のauスマホを購入すると「ケータイ→au スマホ割」と「カケホ割60」といった料金プランが契約できる。こちらも16日から受付スタート。

 「ケータイ→au スマホ割」はCDMA 1X WIN対応機種、もしくは他社のフィーチャーフォンを利用しているユーザーがauのスマホに機種変更(MNP)する際に「au ピタットプラン(カケホ/スーパーカケホ)」に加入すると、12ヵ月間1000円が割り引かれる。また、「カケホ割60」はCDMA 1X WIN対応機種を使っている60歳以上のユーザーが「au ピタットプラン(カケホ)」に加入すると、永年毎月1000円が割り引かれるというもの。

新しくスタートする料金プラン
料金のイメージ。諸々条件はあるが、1年間は最安値980円で利用できる

 CDMA 1X WINのサービス終了までまだ3年以上の猶予があるが、心配な人は早めに機種変更しておいたほうがいいだろう。もしくは、最後まで見届けるのもありだ。

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ