Xperia XZ3のカメラ機能「クリエイティブエフェクト」が楽しい!

文●中山 智 編集● ASCII編集部

2018年12月13日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリエイティブエフェクトで
写真をアレンジしてみよう!

 「Xperia XZ3」のメインカメラはシングル仕様ですが、これまでXperiaシリーズで定評のある撮影機能は引き続き搭載されています。なかでも筆者が気に入っているのが「クリエイティブエフェクト」機能です。

各種フィルターを使った撮影ができる「クリエイティブエフェクト」

 クリエイティブエフェクトを使うには、まずカメラアプリを起動して「モード」ボタンをタップします。ちなみに「モード」ボタンはXperia XZ3からの採用で、以前のXperiaシリーズでは「カメラアプリ」に収録されています

カメラアプリの「モード」ボタンから「クリエイティブエフェクト」を起動

 クリエイティブエフェクトには「明るさ」や「色合い」、「ミラー」など「ノーマル」も含めて全部で19のエフェクトが用意されています。エフェクト選択時はサムネイルに効果をリアルタイムで表示してくれるので、画像編集に詳しくなくてもわかりやすいのがポイント。

右のサムネイルでどんな効果があるのかわかるので、選びやすい

 試用したいエフェクトをタップして選択すると、撮影モードに切り替わります。各エフェクトはそれぞれエフェクトの効き具合などさらに調整可能です。たとえば、仕上がりを古い紙焼き写真のように仕上げる「オールドフィルム」では、3つのモードが用意されています。

※写真はすべて原寸大で掲載しています。

古い写真の若干退色したようなエフェクトがかかる「オールドフィルム」
設定1での作例
設定2での作例
設定3での作例

モノクロやセピア調のエフェクトで
アーティスティックな作品に!

 「白黒-セピア」では、セピア調と白黒をスライダーで調整可能。スライダーを動かすと、リアルタイムでフィルターの効き具合が反映されるので、どんな仕上がりになるのか撮影前にわかります。

モノクロ写真を撮るのに最適な「白黒-セピア」
セピア調へスライダーをMAXにした作例
セピアと白黒中間での作例

 そのほか「残像」では動いている被写体の残像を残して撮影可能。交差点の人の動きなどを撮影するとおもしろい写真が撮れます。「残像」では残像を残す感覚を調整可能です。

被写体の軌跡が残せる「残像」
「残像」での作例

 ちなみにクリエイティブエフェクトが写真撮影だけでなく、動画撮影にも対応しています「オールドフィルム」で動画を撮影すれば、古い映画のような印象に仕上がります。いろいろとこだわりの写真や動画撮れそうですね!

※Xperia XZ3(ソフトバンク版)/Android 9で検証しました。

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ