Xperia Z3から始まったXperiaの3キャリア展開

文●君国泰将 編集● ASCII編集部

2018年12月18日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本でAndroidスマホといったら「Xperia」! というくらい、スマートフォンのブランドとして認知されている「Xperia」。常に最新の技術とスマホのトレンドを取り入れて業界の最先端を走るXperiaシリーズですが、その歴史は決して順風満帆ではありませんでした。これからのXperia、ひいてはスマートフォンの来し方行く末を、ソニー大好きライターの君国氏に写真とともに紐解いてもらう連載です(基本的に登場するのは国内で発売されたモデルのみです)。

あらゆる瞬間を、美しく。
デザインがスリム化したXperia Z3

 2014年後期にフラッグシップとして登場した「Xperia Z3」。このモデルからドコモとauに加え、ソフトバンクからも発売されることとなり、初めて国内主要3キャリアからソニーモバイルコミュニケーションズのXperiaが一斉に登場しました。

 スペックは、ディスプレーが5.2型(1080×1920ドット)、SoCがSnapdragon 801(2.5GHz、クアッドコア)、メモリー3GB、内蔵ストレージは32GB、バッテリー容量は3100mAh。本体サイズは約72×146×7.3mm、重さは152g。

 デザインとしてはXperia Zシリーズから続く、フルフラットな両面とアルミ板から削り出した継ぎ目のないメタルフレームを採用したメタルフレームなどオムニバランスデザインを採用。サイド面だけでなくコーナーまでも丸みを帯びた形状になり、より一体感が増すとともに、スリムなボディーへと進化しています。

 丸くなったコーナー部分の素材には、万が一にも落下させたときの衝撃を受けることを想定して樹脂素材を採用するなどして強度を高めていたのも特徴です。物理的にXperia Z2よりも薄く、軽量化し、デザイン上ではサイドにあったプラスチックのフレームをなくし、より狭額縁化が進んだことで、よりシンプルかつスマートな印象へと変わりました。

 カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、カッパー、シルバーグリーンの4色。

暗いシーンに強くなったアウトカメラ

 フルHDのディスプレーは、鮮やかな色彩を表現できる「トリルミナスディスプレイ for mobile」や、インターネット動画など低画質の場合でも、輪郭や画素の劣化を復元して本来の質感やディテール感のある動画を再現する高画質エンジン「X-Reality for mobile」を引き続き搭載しています。

 背面には、コンパクトデジカメと同等サイズの1/2.3型で、約2070万画素のイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を採用するメインカメラを装備。高精細な写真を撮影できるソニー独自の画像処理エンジン「BIONZ for mobile」や、F2.0の明るく広角撮影ができる「Gレンズ」を搭載し、「カメラのXperia」を強くアピール。

 またXperia Z3では、センサーから最大解像度で取り込んだ画像を、一度ノイズを低減させながら縮小し、その複数枚の画面を重ね合わせることでノイズを抑え、最大ISO12800に対応するなど、より暗いシーンでの撮影にアドバンテージを発揮しました。

 手持ちで走りながら被写体を追いかけても、なめらかで自然な動画を撮影できる「インテリジェントアクティブモード」や、4K(3840x2160)動画撮影、3Dオブジェクトとペンで写真や動画を加工できる「ARファン」「スイングパノラマ」「タイムシフト連写」「背景ぼかし」「サンドピクチャー」「Live on YouTube for Xperia」といった多彩なカメラアプリを用意していました。

 オーディオ機能は、音楽CDよりも高音質なハイレゾ音源の再生に対応。発売当初のXperia Z2のように別売りのアンプを必要とせず、最初からハイレゾ対応ヘッドホンをイヤホンジャックにつなぐだけで高音質再生を楽しめました(Xperia Z2も後のアップデートで本体のみでもハイレゾ音源の再生に対応しました)。

 また、専用のデジタルノイズキャンセリングヘッドセットを用意することで周囲の騒音を最大約98%カットするデジタルノイズキャンセリング機能を搭載。「電車・バス」「航空機」「室内」の3モードを用意し、最適な設定で騒音を低減して、より音楽や動画に集中できたのです。

 スピーカーは本体正面の上下に配置。横持ちでの視聴時に迫力のあるステレオサウンドを再生でき、ソニー独自のバーチャルサラウンド技術、S-Forceフロントサラウンドにも対応して、スピーカーからより臨場感のあるサウンドが体感できました。

 そのほかの機能としては、IPX5/8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能を備えつつも、イヤホンジャックはキャップレスとなり、フタの開け閉めなくダイレクトにケーブルを接続できるようになって利便性は向上しました。フルセグ、NOTTV、おサイフケータイといった機能も搭載していましたが、赤外線通信は非対応でした。

 バッテリーは3100mAhと当時でもかなり大容量でしたが、独自のSTAMINAモードを設定することで、アプリの待機時の電池消費を抑えて、よりバッテリーを長持ちさせられました。また、災害などの緊急時には、必要最低限の機能のみ動作させて待受状態を長持ちさせる「緊急省電力モード」を搭載していたのです。

 エンタメ機能としては、PlayStation 4と連携して家中どこでもゲームを楽しんだり、Xperia Z3をセカンドスクリーンにしたりリモコンとして利用したりといった「PS4 リモートプレイ」ができるようになったのもXperia Z3が初めて。

 Xperia Zシリーズは半年というハイペースサイクルでXperia Z1、Xperia Z2、Xperia Z3へとスペックや機能を進化し続け、どんどんと完成度を上げていったのです。

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク