OPPO「AX7」は大画面と2~3日使えるバッテリー保ちが魅力

文●島徹 編集●南田ゴウ/ASCII編集部

2018年12月18日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大画面&長時間駆動が特徴
OPPO「AX7」の実力をチェック

 2018年に数多くの新製品を発売したOPPOから、SIMフリー・格安スマホで激戦区となっている3万円前後のAndroid 8.1搭載スマートフォン「AX7」が発売された。価格は税別2万9880円。

「OPPO AX7」は3万円前後の製品ながら、大画面6.2型液晶や4230mAhの大容量バッテリーを搭載したモデル

 AX7は3万円前後という価格にもかかわらず、大画面6.2型ディスプレー、大容量4230mAhバッテリー、デュアルカメラを搭載した高コスパモデルだ。特に大画面6.2型ディスプレーが最大の魅力で、同価格帯のファーウェイやシャープ、ASUS製品と比べて明確な差をつけている。それでは、AX7の詳しい使い勝手を見ていこう。

格安スマホでは最大級の
6.2型全画面ディスプレーを搭載

 AX7の最大の特徴は、水滴型の小さいノッチが付いた6.2型HD+(720×1520ドット)液晶だ。前述のとおり、3万円前後のSIMフリースマホの中では最大級の画面サイズとなる。画面占有率は88.4%で、前面すべてが強化ガラスで覆われている。横幅75.4mm、重量169gと大画面モデルの中ではスリムだ。やや手が大きめのユーザーなら、片手で持ってのフリック入力も可能なサイズとなっている。

縦長ディスプレーなので、大画面ながらも横幅は75.4mmとスリム。ギリギリ片手持ちでの操作や親指入力が可能なサイズ感だ

 実際の表示だが、画面が大きいぶん文字や地図も見やすい。視野角が広く発色も良好だ。ただし、画面は大きいもののHD+解像度なので、画面をよく見ると文字や写真の細部表現などに粗さは感じる。そこは3万円前後のスマホで画面サイズを優先したことによるトレードオフというところだろう。実用上はそこまで気にならない。

背面にはデュアルカメラと指紋認証センサーを搭載。光の当り方によって背面の輝きが変化する

 このほか便利な機能として、背面の指紋認証センサーとインカメラの顔認証を併用できるセキュリティー機能や、Androidベースの“ColorOS”の便利な機能も利用できる。画面に3本の指を当てて下にスワイプするとスクリーンショットを撮影できるなど、細かいながらも便利な機能が数多く搭載されている。

2日どころか3日保つ?
大容量4230mAhバッテリー

 実際にAX7を使ってみて驚かされたのが、バッテリー保ちの長さだ。大容量4230mAhバッテリー搭載に加えて、液晶やCPUが省電力なこともあってか、なかなかバッテリーが減らない。実際にLINEやTwitter、カメラ、ポケモンGOなどをひんぱんに起動する使い方をしたが、10時間ほど持ち歩いても25%程度しか減らなかった。ここまでバッテリー保ちが良いと、日常はもちろん旅行や出張時でもモバイルバッテリーは必要ないかもしれない。

10時間ほど持ち歩いて使ってみたが、バッテリーが半分も減らなかった

 充電端子はmicroUSBで、最大10W(5V/2A)の充電用ACアダプターが付属する。充電時間はバッテリー残量ゼロからフル充電まで、実測で3時間12分だった。低価格ながら、標準パッケージに充電器が付属するのはうれしい。とはいえ、ケーブルを挿しやすいUSB Type-C端子にしてほしかったところだ。

底面にはmicroUSB端子とヘッドフォン端子、モノラルスピーカーを搭載。充電器も付属する

 性能面では、CPUにクアルコム製のミドルロー向けSoC「Snapdragon 450」を採用。LINEやTwitter、YouTubeといった基本的なアプリや、ライトなゲームアプリをストレスなく利用できた。メインメモリー(RAM)が4GBと大容量なので、アプリの切り替えもスムーズだ。ただし、高画質3Dグラフィックのゲームを最高画質で動かせるほどの性能はもっていない。

日中から暗い室内まで十分な画質の
1200万+200万画素デュアルカメラ

 メインカメラは1300万画素+200万画素のデュアルカメラ、インカメラは“A.I.ビューテー”搭載の1600万画素だ。

1200万画素+200万画素のデュアルカメラを搭載。200万画素カメラはおもに、背景ぼかしのポートレート撮影のために利用される

 メインカメラの画質は、屋外や若干暗い室内なら問題なく撮れる。夜景も解像感がやや落ちるものの、全体の雰囲気をとらえた撮影が可能だ。背景ぼかしのポートレート撮影も楽しめる。

屋外だと解像感があり発色の良い写真を撮影できる。ただ、この写真でも左側の光の差し込んだ部分がやや飛びぎみ。3万円前後のスマホとしては相応の画質だ
暗いシーンになると解像感が落ちてくる。とはいえ、HDRの性能もあり雰囲気をよく捉えた写真を撮影できた

 画質としては実売3万円前後のスマホ相応で、ハイエンドモデルのカメラと比べると明暗差が大きいシーンのまとめかたやホワイトバランスの安定性、暗所での解像感は落ちる。とはいえ、スマホのカメラ画質を追求しているユーザーでなければ十分な性能といっていいだろう。夜景や暗めの店内では解像感は落ちるが、盛大に手ぶれするといったことはなかった。

室内での料理も、カメラに力を入れたスマホほどではないにせよ綺麗に写せる
ポートレートモードを使うと、ピントを合わせた位置以外をぼかせる

国内外で使いやすい
DSDV対応SIM+microSDカードスロット

 対応ネットワークはドコモ、au、ソフトバンクに対応。これらの回線を利用した格安SIMで利用できる。楽天モバイルとIIJmioなら回線契約とセットで購入でき、本体価格の割引も受けられる。DSDV対応なので、2回線ぶんの通話SIMの待ち受けはもちろん、au回線とソフトバンク回線の音声通話SIMなら、VoLTEの高音質通話も利用できる。

 nanoSIMカード×2とmicroSDカードを同時に使えるトリプルスロットもAX7の特徴だ。海外旅行で国内SIMと現地SIMを両方使いながら、microSDカードに写真を保存できるほか、動画配信サービスのダウンロード視聴用データも数多く保存しやすい。

デュアルSIMとmicroSDカードを同時に利用できるトリプルスロット仕様

低価格で大画面狙いなら間違いなし
実売3万円前後クラスの最有力スマホ

 現在、格安スマホと呼ばれる3万円前後の製品では、ファーウェイ「HUAWEI P20 lite」やシャープ「AQUOS sense2」、ASUS「ZenFone Max(M1)」などが人気だ。AX7はこれら既存端末に対して、大画面6.2型ディスプレーと大容量4230mAhバッテリーという2つの点で上回る。これにより、3万円前後のスマホで大画面・長時間スタミナの製品が欲しいならAX7という、かなりわかりやすい差別化を実現できている。

 一方で、充電端子がmicroUSBという点やNFCに非対応、Wi-Fiが2.4GHz帯のみのIEEE802.11b/g/nまでの対応など、細かい部分だがガジェット好きほど気になる欠点もある。

 AX7をオススメしやすいのは、スマホを画面の見やすさを重視する、もしくはバッテリー切れのストレスなく使いたいというユーザーだ。スマホ初心者や、あまり金額をかけずにLINEやSNSなどをとにかく長く使えるスマホが欲しいなど、実用重視のユーザー向けの製品と言える。

「AX7」の主なスペック
メーカー OPPO
ディスプレー 6.2型液晶(19.5:9)
画面解像度 720×1520
サイズ 約75.4×155.9×8.1mm
重量 約168g
CPU Snapdragon 450(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.1(ColorOS 5.2)
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/18/19
/26/28/38/39/40/41
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS ○(DSDV)
VoLTE
カメラ画素数 リア:1300万画素+200万画素
/イン:1600万画素
バッテリー容量 4230mAh
FeliCa ×
防水/防塵 ×/×
生体認証 ○(指紋、顔)
USB端子 microUSB
カラバリ ゴールド、ブルー

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク