ドコモで安い「iPhone 7」「iPhone XR」どっちが買い?

文●石川温

2019年02月20日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月19日、NTTドコモがdocomo withの対象機種にiPhone 7(32GB)を追加すると発表した。iPhone 7といえば、iPhoneで初めてFeliCaを搭載し、SuicaやiD、QUICPayが使える機種だ。また防水、防塵にも対応するなど、日本市場にとてもマッチした名機。そのiPhone 7がdocomo withで毎月1500円引きで使えるとはかなり魅力だ。機種代金は月額1782円の24回払い、総額4万2768円だ。

 ただ、最近、街を歩くと、ケータイショップでやたらと高額な割引額が記載されたポスターが目立っている。

 特に注目なのがiPhone XR。「一括ゼロ円」だったり「9万1800円割引」など、「当店独自キャンペーン」と称した割引販売が横行しているのだ。

 「あれ、キャッシュバックとか高額な割引って規制されているはずでは?」

 と思った人も多いだろう。

 確かに総務省によってキャッシュバックや一括0円販売は規制されつつある。しかしそれはキャリアに対しての規制であり、販売代理店は対象外とされている。ケータイショップのポスターを見ると、一括ゼロ円の横に「当店独自キャンペーン」と書かれている。つまり、これは「うちのお店が独自にやっているキャンペーンであり、キャリアは関係ありませんよ」という「言い訳」みたいなものなのだ。

 ただ、この状況を総務省は問題視しており、将来的には「販売代理店を届出制にしよう」という準備が進んでいる。まもなく国会で法整備が始まり、秋には施行されるのではないかと見られているだけに、こうした高額な割引で買えるのは今のうちだけになりそうだ。

●オススメはiPhone XR

 「docomo withでiPhone 7にするか」「当店独自キャンペーンでiPhone XRにするか」で悩むなら、個人的には「iPhone XR」をオススメしたい。

 最新OSであるiOS 12であれば、かなり古い機種でも対応するので、iPhone 7でもしばらく問題なく使える。

 しかし、最新機種であるiPhone XRはとにかくカメラ性能が素晴らしい。筆者のインタビューに応じたアップルのフィル・シラー副社長も「iPhone XRでは広い色域での撮影が可能で、暗い場所での撮影にも強い。イメージシグナルプロセッサーとマシンラーニング、さらにはニューラルエンジンなど複数の技術の組み合わせで、これまでにはなかった素晴らしい写真が撮影できる」と胸を張る。

 お金に余裕があれば、有機ELディスプレーを搭載し、2つのカメラがあるiPhone XSを選べばいいだろう。しかし、iPhone XRは何と言っても、いま、魅力的な値段で買えるのが大きい。

 フィル・シラー副社長も「私たちはベストな製品を作り、最先端の技術でユーザーの生活を豊かにしたい。そして簡単に使える製品をより多くの人に提供していきたい。例えばiPhone XRでは最新で最良の技術を、Liquid Retina Displayといった新しい技術と組み合わせることでお求めやすい価格を実現した」と語る。

 アップルの最新技術を搭載したiPhoneのうち、iPhone XRは価格を抑えめにしているからこそ、さらに昨今の大幅割引でお得に買えるというわけだ。

●割引モリモリのiPhone XRが狙い目

 iPhone 7よりもiPhone XRをすすめるもう1つの理由は、アップルがホームボタンをすでに過去のものであると考えている節があることだ。フィル・シラー氏は「iPhone XSやiPhone XS Max、iPhone XRのEdge to EdgeディスプレーやFace IDは、将来を見据えた技術とデザインだ」と言いきる。

 そう考えると、ときどきウワサになる「iPhone SEの後継機種」というのはちょっと現実的ではないということになる。画面が小さくホームボタンが備わっているiPhone SEは、もはやアップルとしてはトレンドとして考えられていないため、仮に後継機種が出るとしてもデザイン的は全く違ったものになりそうだ。

 ちなみに、iPhone XRはキャリアショップだけなく、NTTドコモのオンラインショップでは、端末購入サポートの対象で、iPhoneデビュー割やオンラインショップスペシャル特典などもついて、かなりお買い得になっている。

 この春にスマホデビューする学生や、MNPでキャリアを変えてもいいと思う人は、割引モリモリのiPhone XRが狙い目と言えそうだ。


筆者紹介――石川 温(いしかわ つつむ)

 スマホ/ケータイジャーナリスト。「日経TRENDY」の編集記者を経て、2003年にジャーナリストとして独立。ケータイ業界の動向を報じる記事を雑誌、ウェブなどに発表。『仕事の能率を上げる最強最速のスマホ&パソコン活用術』(朝日新聞)など、著書多数。

mobileASCII.jp TOPページへ