ワイヤレス全盛の今、有線式イヤフォンを選ぶ理由:Xperia周辺機器

文●君国泰将 編集●南田ゴウ

2019年03月17日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワイヤレス全盛でも音質指向ならアリ!
ステージモニターイヤフォン「IER-M9」「IER-M7」

 最近は、Xperiaをはじめとしたスマートフォンで音楽を聴くのは、ワイヤレスヘッドセットとの組み合わせが主流になってきました。それでも「有線接続が断然好み!」という方もまだたくさんいるはずです。

 そんな音質指向なユーザーにドハマリするインナーイヤーヘッドフォンのひとつ、ライブステージ上で演奏時に装着したり、PAエンジニアがステージ音響を確認したりするための「ステージモニター」タイプの、ソニーのステレオヘッドフォン「IER-M9」「IER-M7」をご紹介します。

 音質と、高い遮音性、すぐれた装着性&安定性を重視するライブステージ上で使えるのがステージモニターの定義となります。

 IER-M9とIER-M7はほとんど同じような外観に見えつつも、価格としては前者が13万円前後、後者が7万5千円前後とかなりの差があります。大きくはバランスド・アーマチュアやドライバーユニットの数以外にも、こまごまと違いがあります。

 IER-M9のドライバーのハウジング天面にあるプレートは、カーボン素材を採用してテクスチャーの入るデザイン。バランスド・アーマチュア・ドライバーを5基(フルレンジ×2+ウーファー+トゥイーター+スーパートゥイーター)搭載し、5つのBAで5つの帯域を受け持つ5BA-5WAYです。

 IER-M9に備わる高域用のBAドライバーユニットは、トゥイーターの振動板にマグネシウム合金、ボイスコイルに伝送効率の高い銀コート銅線、端子部には導電性を上げる金メッキを施すといった専用設計です。ハウジングはマットで金属独特の手触り心地のマグネシウム合金でできており、遮音性を上げるためのノイズブロック構造により、ドライバーの前面部は完全密閉になっています。

IER-M7のドライバーハウジングは樹脂製
4つのBAで4つの帯域を受け持つ4BA-4WAY

 一方、IER-M7のドライバーハウジング部は樹脂製で、ハウジング天面にはテクスチャーがなくフラットになり、全体として光沢のあるブラックの塗装で覆われています。バランスド・アーマチュア・ドライバーを4基(フルレンジ×2+ウーファー+トゥイーター)搭載した4つのBAで、4つの帯域を受け持つ4BA-4WAYです。

 イヤーピースのはめ込み部分がモールドになっているのも特徴的です。素材は樹脂製ではあるものの、遮音性の高いノイズブロック構造は共通のもの。

 そして、付属品が充実しています。イヤーピースはIER-M9とIER-M7ともにハイブリッドイヤーピースが7つ、トリプルコンフォートイヤーピースが6つの合計で13種類が付属。違いは、ハイブリッドイヤーピースは、耳に触れる部分は柔らかく、音を通す管には硬い2種類の硬度のシリコンゴムに独自開発のシリコンフォーム素材を組み合わせたもの。フィットしやすく長時間リスニングでも疲れにくいので常用に向いてるタイプです。

 トリプルコンフォートイヤーピースは、管の部分に2種類の硬いシリコンゴムを採用して、耳に触れる部分に独自開発のシリコンフォーム素材を使用しているもの。傘部分に厚みと柔らかさが同居しており、装着時により耳の中をしっかり埋める追従性が非常に優れているタイプ。肉厚で収縮性に優れたトリプルコンフォートイヤーピースは、耳の中でギュッと多くの部分を密着するおかげで、音漏れはもちろん外からの騒音の遮音性も高いのが特徴です。

有線ケーブルの端子部分はMMCX
バランス標準プラグのケーブルも付属

 着脱式のヘッドフォンケーブルの端子部分はMMCX。OFC(OxygenFreeCopper:無酸素銅)の表面に純銀コートを施した、二重構造の導体を採用したケーブルです。直径3.5mmのステレオミニプラグと、直径4.4mmバランス標準プラグを採用したヘッドフォンケーブルの2本が最初から付属します。

 専用のオーディオプレーヤーであるウォークマン「NW-WM1Z/WM1A/ZX300」であれば、バランス接続でつないでさらなる高音質を追求することもできます。また、IER-M9にのみヘッドフォンケーブルにタッチノイズを軽減するシルク編組を採用しており、ヘッドフォン側と機器側に非磁性体のメッキを施したプラグを採用しています。

 耳に追従させてひっかけるプリフォームドイヤーハンガーは、耳にイヤーピースがはまりドライバー位置が固定させ、ハンガーを耳にひっかけるようにして後ろに回してしっかりと追従させるとしっかりとホールドされ、首をいくら振ってもまったく落ちそうになることはありません。装着がおざなりになるとホールド感もなく、いい音で聞けないのでとても重要なポイントです。

 しっかりとしたケーブルホルダーとハードケースも付属します。シリコン製のケーブルホルダーに巻きつけておけばハウジング同士がぶつかることもなく、耐久性のあるポリエステルクロスを採用したハードケースにより衝撃から守れます。ちなみに、このハードケースについてもIER-M9のみ、天面部分に金属パネルが採用されています。

ステレオミニジャックのないXperiaでは
同梱のアダプターか別売りケーブルを使う

 さて、Xperiaにはステレオミニジャックがあるモデルとないモデルが存在します。特に2018年に発売された「Xperia XZ2」「Xperia XZ3」などにはステレオミニジャックがありません。その場合には、同梱のUSB Type-Cアダプターもしくは、別途発売されているUSB Type-C 2-in-1 ケーブル「EC270」を使いましょう。

 これで、Xperiaに貯め込んだハイレゾ音源を余すところなく存分に楽しめます。低音域の力強さはもとより、ボーカルや楽器のひとつひとつの明瞭感、ハイレゾ音源の情報量が増えたことによる余韻や息遣いの感じられ方まで高音から低音まで自然なつながりで、心地よく聴こえます。

 しかも、耳への装着感がとても良いこともあり、アクティブに動いてもイヤフォンが外れたりズレてしまう心配も一切ありません。外の音が漏れ聞こえてくることもなく、自分の聴いている音が外に漏れることもなく、外出時の最良なリスニング環境を手に入れることができます。あえてワイヤレスの波に逆らって、有線だからこそのいい音を楽しむインナーイヤーヘッドフォンとして使ってみてはいかがでしょうか。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ