IPv6対応の良コスパWi-Fiルーター「Aterm WG2600HS」:Xperia周辺機器

文●君国泰将 編集●南田ゴウ

2019年03月24日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リーズナブルで実力十分の
Wi-Fiルーター「Aterm WG2600HS」

 最近では自宅の必須アイテムとなりつつあるワイヤレスルーターですが、今回はNEC製Wi-Fiホームルーターのスタンダードモデル「Aterm WG2600HS」をご紹介いたします。

 Aterm WG2600HSはリーズナブルなスタンダードモデルながら、上位モデル「Aterm WG2600HP3」と同じく、5GHz帯と2.4GHz帯ともに4ストリーム(4×4)に対応。大容量データの転送でも高速かつ安定して通信できるのが魅力。5GHz帯(11ac)では、今までの3ストリーム(3×3)より約1.3倍高速になる理論値最大1733Mbps、2.4GHz帯(11n)でも256QAMに対応して理論値最大800Mbpsの高速通信が可能です。

 まったくWi-Fiの電波が届かなければモバイル通信を使おうかと最悪割り切れるものの、ギリギリWi-Fiは拾いながらも通信が途切れたり、通信スピードが極端に変化することのほうがイライラするものです。

 Aterm WG2600HSは独自の回路設計やチューニング技術「ハイパワーシステム」でWi-Fi性能が向上。より快適に通信できるエリアが広がったことと、特定の機種に集中して電波を送信する「ビームフォーミング」にも対応。例えば、家の中でも端から端まで距離が離れた部屋や2階や3階でも、よりつながりやすくなっています。新たに「IPv6(IPoE)」に対応したことで、従来のIPv4方式に比べて通信が混むような時間帯でもより快適に通信できます。

 本体サイズは約38×129.5×170mmで、スクエアなデザインは上位モデルのAterm WG2600HP3と共通です。本体は縦置きと横置き、壁掛けに対応。接続端子は、本体背面にWANポート(インターネット側)がひとつ、1000Mbpsの有線LANポートが4つ。モード切り替えスイッチ、電源コネクター。側面の表側に「SETボタン」、側面裏側に初期化用のリセットボタンがあります。

スマホとの接続はアプリからがラク
Wi-Fiの利用状況もスマホで視認化できる

 Xperiaとの接続は、「Aterm らくらくQRスタート」アプリからの設定がラクラクです。アプリをインストールして起動、付属するQRコードのシールを読み取ると、瞬時に認識してWi-Fiの設定が表示されれば「設定適用」するだけ。あとは自動で設定を行ってくれるのでとてもスムーズです。ほかにも手動での設定方法以外に、WPSに対応したパソコンやゲーム機などは、本体にある「SETボタン」を押して接続できます。

 Aterm本体の詳細な設定は、Xperiaに専用アプリ「スマートリモコン」をインストールしておけばとても簡単。アプリを起動すると自動的にAterm本体を見つけてくれるので、中継機として利用していても複数台利用していてもそれぞれ検索できます。そして「見えて安心ネット」「クイック設定web」「Wi-Fi接続通知設定」といった設定が行えます。

 Wi-Fiを利用しているのを把握して管理できるのが「見えて安心ネット」。XperiaやほかのWi-Fi機器それぞれが視覚化できて、とてもわかりやすくなります。子どもたちの利用しすぎを防ぐためにも、接続の許可や拒否といった操作が必要となることもしばしばですが、端末個別にWi-Fiを利用できる時間帯を曜日ごとに細かく設定可能。さらに、端末がWi-Fiにつながったときに通知を受け取るといったこともできます。

設定変更もスマホアプリから
安価で実力十分のホームルーター

 「クイック設定web」は、基本設定から無線LANの設定、情報の確認から本体ファームの更新まで、Xperiaから容易にメンテナンスできます。これまでは確かにPCのような大画面で設定するのが当たり前でしたが、実際のWi-Fiルーターを目視で確認しつつ状態を把握しながら設定できる、Xperiaのようなスマホが圧倒的に便利なことが多いはず。

 設置も設定も非常にかんたんで、QRコードアプリでのWi-Fi設定までもが非常にスムーズ。「スマートリモコン」アプリから、細かな設定も使っている機器の把握も視覚化してわかりやすくて便利です。しかも、肝心な電波の届く範囲も広く、しかも多数のWi-Fi電波が飛び交う環境でも通信は安定。動画鑑賞中にひっかることもなく快適です。

 さて、上位モデルのAterm WG2600HP3との違いが気になるところ。立体的に電波を放射する「ワイドレンジアンテナ」と、5GHz帯と2.4GHz帯の混雑していない周波数帯へ自動で振り分ける「ハンドステアリング」という機能は、Aterm WG2600HSにはありません。

 また、無線LANの実効値ではAterm WG2600HP3が約1430Mbps、Aterm WG2600HSが約1048Mbpsという差もあります。使い勝手の部分では、ワンボタンで設定できる「らくらく無線スタート」や、NFCを利用する「らくらくかざしてスタート」、ゲストに指定したサイトを表示する「URLリダイレクト」、友人などに一時的にインターネットを利用するための「ゲストSSID」といった機能もAterm WG2600HP3のみとなります。

 接続機器の数や通信スピード、利用シーンの違いによって、どちらかをチョイスすると良いかもしれません。Aterm WG2600HSは、IPv6やIEEE802.11acの4ストリームに対応するほか非常に導入しやすいのも魅力。とても優秀なスタンダードタイプのWi-Fiルーターです。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ