Xperiaの魅力が片手サイズに 値下げで今こそ買いの「Xperia XZ2 Compact」

文●島徹 編集●ASCII編集部

2019年04月09日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回はシャープの最強コンパクトスマホ「AQUOS R2 compact」を紹介したが、今回はライバルモデルとなるドコモ専売のコンパクトスマホ、ソニーモバイル「Xperia XZ2 Compact SO-05K」を詳しくチェックしていこう。

実質負担額が1万円弱まで下がった今こそ買い!
Xperia XZ2 Compact SO-05K

●メーカー:ソニーモバイル
●キャリア:ドコモ
●価格:1万368円(新規、MNP、機種変更、ともに2年契約時)

 Xperia XZ2 Compactは、コンパクトなボディーに5型(18:9)のフルHD+(1080×2160ドット)解像度液晶とSnapdragon 845を搭載したハイエンドモデル。高性能なうえに、発売から半年以上経ったことで実質価格が1万368円まで安くなっているのも魅力だ。ドコモユーザーの機種変更はもちろん、MNPでの契約も魅力的な端末となっている。

 5型のフルHD+液晶はHDRムービー再生に対応するほか、本体前面左右のステレオスピーカーで迫力あるサウンドも楽しめる。コンパクトながらも、映画やネット動画を視聴する際のエンタメ性能は、同シリーズの「Xperia XZ2」譲りだ。

 背面にはXperia XZ2と同じく1920万画素カメラを搭載。指紋認証センサーも背面に搭載されている。本体サイズは65×135×12.1mm/約168gだ。

 おサイフケータイや防水防塵、microSDカードにも対応。USB Type-C端子はUSB PDとQuick Charge 3.0での充電が可能だ。イヤフォン端子は省かれたが、LDACやAptX HD対応の高音質ワイヤレスイヤフォンを利用できる。

 Xperiaシリーズの特徴のひとつでもある、シャッターボタンも引き続き搭載。スリープ中でもすぐにカメラを起動して撮影できるのは便利だ。

 カメラは動画機能も充実しており、4K HDRムービーや、フルHDで960fpsのスローモーション撮影も楽しめる。

「Xperia XZ2 Compact SO-05K」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 5型液晶(18:9)
画面解像度 1080×2160
サイズ 約65×135×12.1mm
重量 約168g
CPU Snapdragon 845 2.8GHz+1.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大400GB)
OS Android 8.0(9.0に更新可能)
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz対応)
Bluetooth 5.0
カメラ画素数 リア:約1920万画素(F値2.0)
/イン:約500万画素(F値2.2)
防水/防塵 IPX5,8/IP6X
FeliCa
バッテリー容量 2760mAh
生体認証 ○(指紋)
USB Type-C(USB-PD充電対応)
カラバリ ホワイトシルバー、ブラック、モスグリーン、コーラルピンク

【持ちやすさチェック】横幅はスリムだが若干重い

 横幅は65mmとスリムで、片手親指で楽に操作や文字を入力できる。ただし、重量は168gとサイズの割にヘビー級。片手持ちで長く操作していると、若干その重さが気になってくる。

 

 厚さは12.1mmで、背面はやや盛り上がった形状。背面の形状は手にフィットするのだが、スーツのポケットに入れる際には、厚さと重さに若干違和感を感じるかもしれない。

【性能チェック】Snapdragon 845搭載機種では上位

 ハイエンドCPUのSnapdragon 845と4GBメモリーを搭載。ベンチアプリ「Antutu 7」「3DMark」ともに、Snapdragon 845搭載スマホの中では若干良好なスコアを記録した。

 3DMarkでの計測直後の発熱を計測したが、本体中央部に熱が偏っている。ただし、全体的に39度前後で本体の形状か素材によるものか、あまり手に熱は感じない。高負荷なアプリを動かしても、持つのが苦痛になるほど熱くなることはないだろう。

スマホ用赤外線カメラ「FLIR」で撮影

【カメラ画質チェック】日中屋外から料理、夜景とも高画質

 メインカメラは1920万画素で、ソニー製の高感度センサーやGレンズを搭載。風景や夜景、人物、料理など13種類のシーンと撮影コンディションを判別して写真を撮影する「プレミアムおまかせオート」機能を利用できる。

 実際に屋外、料理、夜景をオート撮影したが、屋外と料理ともにほどよく鮮やかで、解像感も良好な写真を撮影できている。実際の風景のイメージと、カメラ側で補正した写真の中間ぐらいの絵作りとなっている。

 

 夜景についても、プレミアムおまかせオートでコントラストが高く明かりが映える写真を撮影できた。ノイズも少なく、これだけ撮れれば十分だ。

【結論】映像再生やカメラ機能はベスト、重さと厚さが弱点

 Xperia XZ2 Compactはソニーのスマホらしく、ネット動画の鑑賞や高品質な写真・動画を撮ることに長けたスマホだ。コンパクトスマホでもエンタメを楽しみたい、高画質カメラでSNS投稿したいというユーザーにとってはベストな選択と言える。

 

 ライバルの「AQUOS R2 compact」と比較すると、169gという重さと12.1mmの厚さはかなり気になるところ。この2点に関しては大画面スマホに近く、コンパクトスマホでさくさく作業したいユーザーにとってはかなりのビハインドだ。

 一方、カメラや動画撮影性能の多機能さや、コンパクトモデルとしてはかなり高品質なステレオスピーカーの音質はAQUOS R2 compactより優れている。

 販売キャリアはドコモのみだが、今なら実質負担額1万円弱と安価に購入できるのもうれしい。コンパクトスマホで高性能、なおかつ価格が安くなっているモデルはなかなかない。現在コンパクトスマホの乗り換え先を考えているユーザーは、購入の選択肢に入れることをおすすめしたい端末だ。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ