Galaxy A80の「飛び出す回転カメラ」を実機レビュー

文●山根康宏 編集● ASCII編集部

2019年04月14日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
回転式カメラが飛び出すGalaxy A80

ハイエンドモデルと変わらぬサイズ感

 サムスン電子が4月10日に発表した「Galaxy A80」はフロントカメラを廃止した代わりに、背面側のリアカメラが上部にスライドして180度前面に回転してフロントカメラとしても使える特殊なギミックを搭載しています。4800万画素+800万画素ウルトラワイド+3D深度測定というトリプルカメラ仕様も気になるところ。ミラノで行なわれた新製品発表会会場でカメラ周りを中心に、実機をテストしてみました。

ノッチのない全画面ディスプレーを採用するGalaxy A80

 Galaxy A80の本体サイズは約76.5×165.2×9.3mm。6.7型(2400x1080ドット)の大きいディスプレーを採用するため、やや大柄な印象です。しかし、フロント面がすべてディスプレーになっていることもあり、手に持った印象は数値ほど大きくありませんでした。

6.7型ディスプレーの大型モデルだが、大きいとはあまり感じられない

カメラはトリプルカメラ
イン・アウトで同じレンズが使える

 背面にはトリプルカメラが並びます。このカメラ部分が上部に動くため、カメラの下部分にはラインが入っています。なお、表面はガラス仕上げに似た質感で、同じカメラが上下するギミックのOPPO「FIND X」と比べると、Galaxy A80のほうが傷がつきにくそうで質感も高いと感じられました。カバーを付けずとも日々気にせず使うことができそうです。

背面には稼働式のトリプルカメラを搭載。光沢ある仕上げの質感はいい

 ハードウェアの特徴としては、3.5mmヘッドフォンジャックは廃止されています。本体上部側は可動パーツであることから何もなく、下部側にUSB Type-C端子とスピーカー、SIMスロットを備えます。

本体上部
本体下部

 カメラ部分をよく見ると、可動部分と本体には隙間はなく高精度に仕上げられています。カメラは中央が4800万画素、右が800万画素、左が3D深度測定用です。さらにLEDフラッシュもここに収められています。カメラ部分は本体から若干飛び出ています。

カメラ周りをアップで見る

カメラのUIはGalaxy Sシリーズを踏襲

 それではカメラを起動してみましょう。カメラのUIはGalaxy Sシリーズなどとほぼ同等です。

カメラを起動。リアカメラ利用時は一般的なスマートフォンと変わらない

 そしてカメラをフロントに切り替えると、本体上部からカメラ部分がモーターで引き上げられ、完全に飛び出たところで今度はカメラ部分が180度回転します。つまり動作は2段階。1秒以下でカメラが出てくるため待たされるという感じはありませんでした。

フロントカメラに切り替えるとカメラ部分が引き上げられ、さらにカメラが回転

 カメラをフロント側にしたところを見てみると、カメラ部分はこの状態でも若干出っ張っています。本体上部の厚みの2/3程度の部分に高画質なカメラが内蔵されており、この部分の上下可動に合わせてカメラが回転しているわけです。

フロント側にカメラを切り替えた部分のアップ

 カメラが飛び出た状態の背面はどうなっているのでしょうか? 裏側を見るとカメラのあった部分は目隠し状態になっています。ツライチで出っ張りはありません。

背面側を見るとカメラモジュール部分の裏側は本体と同じ色で目隠しされる

 可動部分を見てみると、左右前後にぶれないように本体側をレールのようにしてカメラ部分が挟み込み、上下に動いていることがわかります。出し入れどちらもモーターで動きますが、その動きはスムースで引っ掛かりもありません。

可動部分にぐらつきが起きないような設計になっている
カメラ部分を別のアングルから

 フロントカメラはセルフィーするとき以外はあまり使うことがありません。普段ディスプレーを見るときにフロントカメラが無くても困ることはないでしょう。動くカメラのギミックはコストもかかりますし故障率も高くなりそうですが、それでもあえて「フルビュー」可能なディスプレーを採用するチャレンジングな取り組みが最近のGalaxy Aシリーズには増えています。

 なお、セルフィーするときに本体を横向きにすることはあまりないでしょうが、縦に伸びるため横向きにするとフロントカメラ使用時はかなり横に長く伸びます。

横向きにしてフロントカメラを出すとかなり横長になる
裏から見てみる

特徴的なカラバリ
日本でも若者にウケそうなモデル

 本体カラーはAngel Gold、Ghost White、Phantom Blackの3色ですが、背面の色を見るとAngel Goldはライトなベージュ色、Ghost Whiteは薄いブルーに見えます。微妙な中間色仕上げで上質なイメージをうまく出しているといえるでしょう。

 Galaxy A80は、カメラ性能だけを見ても他社のハイエンドスマートフォンに匹敵するスペックです。OPPOやVivoなどの高性能カメラフォン同様、ミッド・ハイレンジな性能で若い世代をターゲットにした端末だけに、Galaxy S10シリーズと並ぶ人気製品になりそうです。動くカメラのギミックは毎日Galaxy A80を使うことが楽しくなりそうなだけに、日本での発売を期待しましょう。

本体カラーは3色展開

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ