アップルiPhone、iOS 13でさらに高速化?

文●篠原修司

2019年05月08日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年のiOSでも高速化する?

 アップルが今年6月のWWDC 2019で発表するとみられているiOS 13について、その詳細を米ブルームバーグが5月6日に報じた。

 ブルームバーグのMark Gurman(マーク・ガーマン)記者によると、以下の機能が追加されるという。

  • 5G対応と新しいAR機能のサポート
  • iOS 12のときのように端末の高速化とバグの修正
  • ダークモード搭載
  • 1回のスワイプ操作で単語を入力できるSwiftKeyに似た新キーボード
  • 毎日の活動をより詳しく計測するヘルスアプリ。「聴力の健康」といったセクションや、月経周期の確認も
  • Macのサブディスプレイにできる新機能
  • 今日のタスク、すべてのタスク、スケジュールされたタスク、フラグ付きタスクなどが使える新リマインダーアプリ
  • 夕方以降は両親にしか連絡できないなどのスクリーンタイムの新機能
  • ユーザーがもっと本を読むようになる報酬機能をつけたブックスアプリ
  • iMessageにWhatsAppのような機能強化。プロフィールを友人ごとに設定可能
  • マップアプリで自宅や職場などの設定が可能に。よく行く場所のグループ化や写真の追加も
  • 「友達を探す」と「iPhoneを探す」を統合(9to5Macによる情報)
  • 個々のスレッドのミュートや、特定の連絡先のブロックなどができるメールアプリ
  • おやすみモードをシステム全体に適用可能に
  • ホームアプリと防犯カメラを統合。過去の録画をチェック可能
  • HomePodスピーカーでマルチユーザーが作成可能に
  • 写真やWebページを共有するインタフェースの刷新。よく共有する相手を推薦
  • Safariにダウンロードマネージャーを追加
  • マルチタスクのための新インターフェース(iPadのみ)
  • アクセシビリティ設定で補聴器のサポートをより統合

 これらのうちどれが実際に搭載されるのかはわからないが、iPhoneがより便利なスマートフォンに近づいているのは間違いない。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

mobileASCII.jp TOPページへ