色温度を変えられる自動LEDライトが想像以上にお役立ち:Xperia周辺機器

文●君国泰将 編集●南田ゴウ

2019年06月16日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色温度を変えられる自動LEDライト
BenQ「Wit MindDuo」が想像以上に便利

 昔はよく「暗いところで本を読んじゃだめ!」と叱られたものです。本がPCやスマートフォンに置き換わっても、長い時間作業をしていると目が疲れてしまいます。

 仕事や勉強など机に座っての作業では何気なく使っているデスクライトですが、そういえば、今までは「ただ光ってさえいれば良い」と思っていたフシがありました。光が眩しすぎたり暗すぎたりと色々な要素があるとは思いつつも、毎日見続けているXperiaの画面の周囲の光にも気を使ってみようと思い、BenQのLEDデスクライト「Wit MindDuo」を使ってみました。

 Wit MindDuoには、机に締め付けて固定するクランプタイプと、机にどっしり置いてつかうスタンドタイプの2種類があります。クランプタイプのサイズは約38×47×32cmで重量は1.2kg。スタンドタイプはデスクライトを支える都合上、重さは3.4kgです。

 スタンドタイプはどこでも設置できますが、接地面に大きな場所を必要とするため、使う場所が決まっているならクランプタイプが使いやすいです。ただし、クランプが対応する机の厚さは約60mmまで。極端にぶ厚い机だと挟み込めないこともあるので注意しましょう。

デスクライトの可動部は計5ヵ所
狙ったポジションにピタッと収まる

 LEDデスクライトの可動部は合計で5所あり、高い位置から低い位置、奥から手前までかなり広い範囲に動かせます。アームを動かす際には力を必要とせず、簡単に動かすことができます。また、狙ったポジションにピタっと収まるのでなんとも快適です。

 光を照らすヘッド部分は極端に大きくはありませんが、BenQ独自の「広域導光ルーバー」によって、スポット光のように一点に集中してしまうようなこともなく、照射範囲は95cm程度とかなりの広範囲を照らしてくれます。

 電源のオン・オフはスイッチ不要で、ライト部の下に手をかざすだけ。デスクライトには人感機能があり、例えば机の前に座れば自動的にライトが点灯します。およそライトから40×40cmの範囲に人を感知すると反応して点灯する仕組みです。

 逆に、点灯させたまま離席すると、人がいなくなってから約30分経過すると自動的に電源がオフになります。うっかり点灯させたままで出かけてしまっても、消し忘れという事態が発生しないのでとても便利です。自動オン・オフ機能が不要な場合は物理スイッチで切っておくこともできるので、好みで使い分けできます。

明るさはライトの上のノブを回して調整
押すと色温度を回して調整するモードに

 明るさは、デスクライトの上にある丸い形をしたロータリーノブを回して調整します。右に回すと明るくなり、左に回すと暗くなるといった具合に調整しつつ、明るさが適当であればグリーンに、不足していればレッドに光るといったガイド的な機能もあります。

 無断階に調光できるおかげで反射光も抑えられ、スマホを見るにしても本を読むにしても、目が疲れない適量に調整できるのはなかなか便利です。

 このロータリーノブを上から軽く押すと、今度は色温度調整モードに切り替わります。手動でオレンジ色のような光となる2700Kの電球色から、青白い色味となる6000Kの白色まで、クルクルと回して色温度を変化させられます。もしくは、2つのデジタル閲覧モードと読書モードを選ぶと、明るさまで含めて自動調整してくれるプリセット閲覧モードもあります。

 集中したいときやリラックスして本を読みたいとき、その時々のシチュエーションで光環境が作れるというのはとても快適です。

 そして、何と言っても使い勝手が良いのが、デスクライトの根本にあるUSBポートです。USBポートの仕様は5V/1A。ここからUSBケーブルを接続すると、Xperiaを充電をしながら操作できます。机周りの電源は足りていないことが多いうえ、足元から電源を引っ張ってくると配線が引っかかったりとわずらわしいことが多いだけに、これはかなり重宝します。

 Wit MindDuoはとても良くできたデスクライトですが、唯一悩ましいのはややお高めということ。。市場にはリーズナブルなLEDデスクライトもたくさんあるため、実売価格2万5千円前後という金額は、なかなか手が出しにくい範囲だと思います。

 しかしながら、実際に使ってみると確かに広い照明範囲とバランスのとれた光で、今まで明るさや色の温度やムラといったところまで気を回していなかった部分にも気付かされます。

 ライト位置を思い通りに配置できる自由さや充電できるUSBポートもあり、仕事や勉強に長時間集中して使いたい、リラックスして本を読んだりXperiaで動画や写真を見たいといった欲求に応えてくれるLEDデスクライトは、想像以上に重要アイテムかもしれません。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ