iPhoneやApple WatchでSuicaが反応しない時の対処法

文●金子 麟太郎

2019年06月24日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 皆さんiPhoneやApple WatchでSuica使ってますか? 筆者は仕事でもプライベートでもiPhoneとApple Watchに登録したSuicaを使っています。

 時折、読み取りセンサーにかざしても反応しない時があります。そんな時の対処方法をご紹介します。

グリーン車のSuicaかざし位置。赤いランプはSuicaのタッチをできていない、緑のランプは正常にSuicaのタッチができたことを意味します

 AppleによるとiPhoneとApple Watchで対処方法が異なるようです。

 まずはiPhoneから。

 iPhoneの場合は、Walletアプリを開き、Suicaを選択します。

 続いて画面右下に表示される「三」をタップし、「ヘルプモードをオンにする」をタップします。駅員さんに読み取ってもらう場合も、先にこの操作をします。

 最後にFace IDもしくはTouch IDで認証して読み取り機にかざします。

 続いてApple Watch。

 Apple Watchの場合は、本体を手首から外し、パスコードを入力してロックを解除します。

 サイドボタンをカチカチっとダブルクリックし、Suicaを選択します。

 画面を強めに押して「ヘルプモードをオンにする」をタップします。駅員さんもしくはグリーン車の係員さんに、ディスプレーを下向きにして読み取ってもらいます。

筆者紹介:金子 麟太郎


 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。



■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ