USB-HDMI出力が復活した「Xperia 1」で使いたい7in1ハブ:Xperia周辺機器

文●君国泰将 編集●南田ゴウ

2019年07月07日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

USB-HDMI出力が復活した「Xperia 1」で使いたい
「Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ」

 今回は、最新機種「Xperia 1」と非常に相性がよく、汎用性の高いUSB-Cハブをご紹介いたします。7つのポートがひとまとめになり、充電にも対応するAnkerの「7 in-1 プレミアム USB-Cハブ」は、ビジネスでもプライベートでも、ひとつあると活躍の幅が広がるアイテムです。

 Anker 7 in-1 プレミアム USB-Cハブの本体サイズは117.1×53.4×14.5mm、重量は約140gです。コンパクトで軽量、しかも厚みが抑えられていることもあってカバンの中でかさばらず、出かける際に持ち出しても邪魔にならないサイズ感です。本体は金属素材で覆われており、ちょっとやそっとでは傷つかない質感の良さがあります。

 ハブの機能としては、USB 3.0端子×2、PD対応のUSB Type-C充電端子、データ転送用USB Type-C端子、HDMI端子、SDカードスロット、microSDカードスロットの7つのポートを装備。本体直付けのケーブルはUSB Type-Cで、ここ数年に登場したXperiaに直接接続できます。

 このUSB Type-CケーブルをXperiaに接続することで、SDカードやmicroSDカード、USBメモリーにある写真や動画をチェックしたり、データをストレージ内に取り込むことができます。SDカードスロットはSD/SDHC/SDXCの最大2TBまで対応。データ転送速度は毎秒最大104MBまで。USB端子は、有線接続のマウスやキーボードを接続して周辺機器を利用する際にも利用できます。

Xperia 1で復活したUSB-HDMI出力中に
端末も同時に充電できるのが便利

 そして、なんと言ってもXperia 1の歓迎すべきポイントは、USB Type-CからのHDMI出力が開放されたこでしょう。ここ数年のXperiaでは、USBを経由するHDMI出力は塞がれていたため、こうしたハブにあるHDMI端子を使って大画面のディスプレーにXperiaの表示を映すことができませんでした。

 もちろん、「Google Cast」を利用すればワイヤレスでテレビに映し出すことはできますが、ディスプレー側が対応していなかったり、電波状況によっては混信して接続が不安定になったりなど、決して万能ではありません。そういった場合にこそ、ダイレクトにXperiaの画面を出せるHDMI出力のサポートはとても重要です。Xperia 1からハブとテレビを接続して試してみると、見事に表示できました。

 さらに、USB Type-C充電端子から電源を確保することでXperia 1への給電もまかなえます。これなら、映像を出力しながらでも長時間バッテリー切れの心配なく使い続けられます。

 Xperia 1にはワイヤレス充電が備わっていないため、Qi対応のワイヤレスチャージャーは利用できないという残念なポイントもありますが、むしろHDMI出力を利用するのであれば、この接続方法がベストのような気がします。

 HDMI端子は4K出力にも対応しており、YouTubeなどのVODコンテンツや、カメラで撮影した動画や写真を高精細なまま大画面のテレビに映し出して、思う存分楽しめます。

スマホだけでなくノートPCの充電も可能
PCとスマホ間のデータ移動にも大活躍

 また、Xperiaに限らずパソコンの周辺機器を一括で接続できる7in1のUSB Type-Cハブとしても使える汎用性の高さも魅力です。Power Deliveryに対応したUSB-C端子を備えているノートパソコンであれば、ハブを経由して電源をパソコン本体へ充電することもできます。しかも最大で100Wまでの高出力充電に対応しています。

 4K出力できるHDMI端子、カメラからの取り込みに便利なSDカードスロット、SDカードやmicroSDカード、周辺機器の接続に便利なUSB端子が2つ、これら7つのポートをパソコンでひとまとめにして利用できます。もちろんXperiaをハブに接続して、充電しつつパソコンとのデータのやりとりも可能です。

 データ転送スピードは5Gbpsと非常に高速で、データのやりとりもとてもスムーズ。ちなみにXperia 1のUSB Type-CからのHDMI出力は利用できるようになりましたが、イーサネットの利用は塞がれたままのようでした。こちらも開放されると、有線LAN端子をもつハブもさらに活用の幅が広がりそうなので、今後に期待したいところです。

 仕事をしていると、Xperiaはもちろんノートパソコンも必須なことが多く、電源から周辺機器までをひとまとめに扱えるAnker 7 in-1 プレミアム USB-Cハブがあると、とても重宝します。特にXperia 1ユーザーなら、久々に復活したHDMI出力から大画面テレビに高精細な写真や4K動画などを出力してフル活用したいアイテムです。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ