スケルトン仕様でカッコいい! コイルや基板が見えるワイヤレス充電器

文●鈴鹿 廻

2019年07月11日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 基板が見えるスケルトン仕様のワイヤレス充電器「Qi規格対応ワイヤレス充電器(最大10W)」が上海問屋から発売。ドスパラ秋葉原別館の上海問屋にて1780円(税抜)で販売中だ。

内部の構造が透けて見える、珍しいデザインのワイヤレス充電器。リング状の青色LEDは通電時点灯、充電時は点滅する

 スマートフォンを置くだけで充電可能な、Qi規格のワイヤレス充電器。透明なトップカバーを採用し、送電コイルや基板など、内部構造が透けて見えるデザインが特徴だ。

 ワイヤレス給電の出力は最大10Wで、iPhone Xの場合1時間約30%、2時間約50%、3時間約70%、4時間約85%程度の充電が可能。送電コイル周囲にはサークル状のLEDを内蔵し、通電時に点灯、暗闇でも充電器の場所が分かる。

側面にはUSB-AC充電器などに接続するUSB Type-Cポートを実装。裏面は滑り止めのグリップが付いている

 直径は100mmで、厚さは12mm。側面には給電用のUSB Type-Cポートを備えている。入力は5V2A、9V1.67A、出力は5V1A、9V1.1Aだ。

【取材協力】

mobileASCII.jp TOPページへ