超高解像度4800万画素の最強セルフィースマホ、ASUS「ZenFone 6」レビュー

文●ジャイアン鈴木 編集●ASCII編集部

2019年08月20日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いまやスマートフォンにおいて「カメラ」機能は最重要です。デュアルカメラは当たり前、トリプルカメラを搭載した端末も登場し、前面、背面合わせて5つのカメラを搭載した端末もリリースされています。

 しかし、カメラの数が増えるほど当然コストはアップします。それをフリップするカメラ機構を採用することで、リアでもフロントでも4800万画素の広角カメラと1300万画素の超広角カメラを活用可能にしたのがASUSの新型スマートフォン「ZenFone 6」です。

ASUS「ZenFone 6」
4800万画素の広角カメラと1300万画素の超広角カメラはリアでもフロントでも利用可能。4800万画素の超高解像度セルフィーも撮れちゃうわけです

Snapdragon 855を搭載し
ゲーミングスマホ並みの性能を発揮

 ZenFone 6は、CPUにクアルコム製「Snapdragon 855」、メモリーは6GBまたは8GB、ストレージは128GB/256GBのいずれかを搭載します。カードスロットはトリプルスロット仕様で、2枚のnanoSIMカードと同時に、最大2TBのmicroSDメモリーカードを装着可能です。

 ディスプレーは6.4型FHD+(2340×1080ドット)のIPS液晶。輝度は600cd/平方mで、NTSCの色域を96%、DCI-P3の色域を100%カバーし、HDR10をサポートしています。ただ、ASUSのフラッグシップスマホなのに有機ELディスプレーを搭載していない点は、ちょっと残念ですね。

 カメラは前述の通り、広角カメラ(4800万画素、F値1.79、1/2.0型、ピクセルサイズ0.8μm)と超広角カメラ(1200万画素、F値2.4、ピクセルサイズ1.6μm)のダブル構成。インカメラに切り替えるとカメラ部分がフリップして、4800万画素の超高解像セルフィーや、背景を広く収めた自撮りが楽しめます。

 ZenFone 6のカメラフリップ機構にはもうひとつ利点があります。それはディスプレー側にフロントカメラが存在しないので、画面占有率92%の全画面ディスプレーを実現できていること。もちろん邪魔なノッチ(切り欠き)も存在しません。一見キワモノ的なカメラフリップ機構ですが、実際に使ってみると理に適った設計だなと感心させられます。

本体前面。フロントカメラが存在しないので、画面占有率92%の全画面ディスプレーが実現されました
本体背面。上側にフリップする広角カメラと超広角カメラを搭載。その下に指紋認証センサーが配置されています
本体上部。右側にマイクが配置されています
本体下部。スピーカー、マイク、USB Type-C端子、イヤフォンジャックが配置されています
本体右側面。左からスマートキー、ボリュームボタン、電源ボタンが配置されています。スマートキーにはデフォルトで「Googleアシスタント」が割り当てられていますが、「1回押す」、「2回押す」、「長押し」に異なる機能を割り当てられます。「前面カメラを起動」を割り当てておくと、すぐセルフィーできて便利そうですね
本体左側面にはカードスロットが用意されています
カードスロットは2枚のnanoSIMカードと最大2TBのmicroSDメモリーカードを同時装着可能なトリプルスロット仕様です
カメラは実測2秒未満でフリップします。待たされ感はありません。また落下を検知した場合には、飛び出ているカメラが破損しないように素早く収納されます
リアカメラ、フロントカメラ切り替えアイコンを上下にスライドするとカメラの角度を自由に変えられます。ローアングルからの撮影に重宝しそうです
パッケージには、本体、ハードケース、ACアダプター、USBケーブル、3.5mmイヤフォン、イヤピース、SIMピンが同梱されています。製品版にはこのほかに説明書が同梱されるとのことです

解像感の高い広角カメラ
常用できる超広角カメラ

 カメラ画質は基本的には好ましく感じました。イマドキのスマホカメラとしては当然かもしれませんが、発色に違和感はなく、解像感も高いです。「ZenFone 5」のときは超広角カメラの解像感に物足りなさを感じましたが、ZenFone 6では超広角カメラを常用できそうです。

 使っていてひとつ気になったのは、最短撮影距離が少し遠いこと。スペック表には記載されていませんが11~12cm前後のようてす。最短撮影距離より近づいていると警告メッセージが表示されるので、近接撮影時にはピントがしっかり合っているかどうか確認して撮影しましょう。

 なお、広角カメラは4800万画素ですが、デフォルト設定は1200万画素。4800万画素に設定すると「HDR+」や「エフェクト」を利用できなくなります。ビューティーモードは撮影した写真にあとから適用できますが、「HDR+」を使えなくなるのはちょっと厳しいです。基本は1200万画素、ここぞと言うときに4800万画素という使い方がオススメです。

広角カメラで撮影(イメージ情報: 4000x3000 (Jpeg,YUV,sRGB)、焦点距離: 4.74mm、シャッタースピード: 0.000680s (1/1470)、F値: f/1.8、ISO感度: 28、測光方式: Center weight)
超広角カメラで撮影(イメージ情報: 4224x3136 (Jpeg,YUV,sRGB)、焦点距離: 2.11mm、シャッタースピード: 0.001s (1/825)、F値: f/2.4、ISO感度: 29、測光方式: Center weight)
デジタルズーム8倍で撮影(イメージ情報: 4000x3000 (Jpeg,YUV,sRGB)、焦点距離: 4.74mm、シャッタースピード: 0.001s (1/958)、F値: f/1.8、ISO感度: 25、測光方式: Center weight)
広角カメラで撮影(イメージ情報: 4000x3000 (Jpeg,YUV,sRGB)、焦点距離: 4.74mm、シャッタースピード: 0.000602s (1/1661)、F値: f/1.8、ISO感度: 25、測光方式: Center weight)
広角カメラで撮影(イメージ情報: 4000x3000 (Jpeg,YUV,sRGB)、焦点距離: 4.74mm、シャッタースピード: 0.002s (1/580)、F値: f/1.8、ISO感度: 25、測光方式: Center weight)
広角カメラで撮影(イメージ情報: 4000x3000 (Jpeg,YUV,sRGB)、焦点距離: 4.74mm、シャッタースピード: 0.008s (1/120)、F値: f/1.8、ISO感度: 59、測光方式: Center weight)
広角カメラで撮影(イメージ情報: 4000x3000 (Jpeg,YUV,sRGB)、焦点距離: 4.74mm、シャッタースピード: 0.017s (1/60)、F値: f/1.8、ISO感度: 242、測光方式: Center weight)

ゲーミングスマホ同等のハイパフォーマンス!

 最後にベンチマークスコアを見てみましょう。最大限のパフォーマンスを発揮する「AIブースト」を有効にしてベンチマークを実施したところ、「AnTuTu Benchmark」のトータルスコアで354481、「Geekbench 4」のMulti-Core Scoreで10749、「3DMark Sling Shot Extreme OpenGL ES 3.1」で5694という結果になりました。8月2日時点のAnTuTu Benchmarkのランキングを参照すると、「OnePlus 7」に次いで6位に入る好結果です。「Snapdragon 855」のパフォーマンスを高いレベルで引き出せていると言えます。

「AnTuTu Benchmark」のトータルスコアは354481
「Geekbench 4」のMulti-Core Scoreは10749
「3DMark Sling Shot Extreme OpenGL ES 3.1」は5694

肌コンディション最高なGUYS&DOLLSにオススメな
最強セルフィー端末!

 ソニー製イメージセンサーのフラッグシップ「IMX586」をリアカメラとしてもフロントカメラとしても利用できるZenFone 6は、超高解像度でセルフィーを撮りたいという方にはもってこいのスマートフォンです。お肌の曲がり角をコースアウトしているワタシは本製品で自撮りする勇気を持ち合わせていませんが、いままさに自分史上最高の肌コンディションを迎えているGUYS&DOLLSにオススメな一台です!

ビューティーモード「美人エフェクト」は、4800万画素で撮影したセルフィーにもあとから適用できるのでご安心ください!
「ZenFone 6」(ZS630KL)の主なスペック
メーカー ASUS
ディスプレー 6.4型(19.5:9)
サイズ 約75.4×159.1×9.1mm
重量 約190g
画面解像度 1080×2340
CPU Snapdragon 855
(オクタコア)
内蔵メモリー 6GB/8GB
内蔵ストレージ 128GB/256GB
OS Android 9(ZenUI 6)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ 約4800万画素(広角、F値1.79)
+約1300万画素(125度、超広角)
バッテリー容量 5000mAh
対応バンド 1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/39/41/46
生体認証 ○(指紋、顔)
USB端子 Type-C
カラバリ ミッドナイトブラック、トワイライトシルバー

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ

mobile ASCII

for Biginnersスマホ入門

スマホからスマホへ機種変更する前に読む! 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法

「Xperia A」「GALAXY S4」へ機種変更したらチェック! ケータイとの違い&スマホの使い方をマスターしよう

「Xperia A」ほか夏スマホ購入前にチェック! スマホへの機種変更&乗り換えQ&A

スマホのトラブル解決ガイド2013

スマホ定番アプリ活用術!

連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」

おサイフケータイ乗換案内!

Linkリンク