Xperia 1だけの特権! 映画みたいな動画を撮れるCinema Proを使ってみよう!

文●林 佑樹 編集●ASCII編集部

2019年08月25日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画だって撮れる
そう、Xperiaならね!

 Xperia 1にプリインストールされているCinema Proは、映画業界でも使われているソニーのシネマ用デジタルビデオカメラ「CineAlta」開発チーム監修と、気合いの入ったアプリだ。操作感や画作りは業務用的なのだが、少し操作や仕様を覚えるだけでシネマ風な動画を作成することができる。今回は、Cinema Proの使い方をチェックしていこう。

Cinema Pro。デザインや基調カラーもCineAltaカメラの操作画面がベースとなっている

 よくある動画撮影用アプリとは異なり、プロジェクトを作成してから撮影になる。プロジェクトでは、解像度やフレームレート、Lookを決定するが、これらはそのプロジェクト内で固定されるため、途中変更はできない。なかでも重要なのはLook。色合いや明るさのプリセット的なもので、全9種類が用意されており、そのまま作成する映像の雰囲気に直結する。いずれもシネマ的なもので、プリセットとしては優秀。日常風景もシネマのワンシーンっぽく仕上げやすい。そのため、まずはLookの雰囲気を確認しておこう。

「VENICE CS」CineAltaカメラ VENICEに採用されているもの。スキントーンがよく、人物中心ならまずはこれから
「Opaque/BU60YE60」彩度の高い青と黄色が特徴。青空の下や白の多い室内で試してみよう
「Bright/BU20YE60」気持ち彩度強めの青、彩度の高い黄がベース。自然な雰囲気になりやすく、迷ったときに選んでみよう
「Warm/YE80」セピア調なのだが、それとは違う独特の暖かさのある画になる
「Strong/BU100」コントラストが強く、青みが増す。サイバーな雰囲気にしやすく、トンネルや通路でまずは試してみよう
「Cool/BU60」ほどよく青く、晴天下だと映画っぽさがわかりやすいし、街中にも向く
「Soft/YE60」彩度が低く、トーンも硬め。堅い印象が増すのだが、オブジェクトの撮影にもよく意外と出番がある
「Soft Monochrome」いわゆる白黒。階調がしっとりとしている。ただの白黒と思わずにチェックしてみよう
「N/A」とくに補正をかけない。通常モード、ノーマルという認識でいい

設定項目は多いが
思い通りの絵が撮れるようになると快感

 プロジェクトを作成後には、クリップの設定を行なう。このクリップを複数組み合わせて、ひとつの動画にすることになる。クリップの設定はLensとWB(ホワイトバランス)、Focus、ISO、Shutterが中心。すべてお任せのような機能がないため、初心者にはやや心理的ハードルの高い部分だ。最初はレンズで画面の広さを決めて、WBとFocusをAUTO、ISOとShutterは画面上のプレビューを見ながら、明るすぎたり、暗すぎたりしないように設定してみるといい。

プロジェクト作成直後の画面。オレンジ色の文字部分の項目のパラメーターが変更可能。また録画するごとに自動的にClipとして保存されていく

 録画のスタートは画面右下のRecボタンを押すだけと、普通の動画撮影アプリと変わらない。また撮影中に「Grab」を押すと、そのときの静止画が保存される。そのため、録画ではなく1枚絵用としてCinema Proを使用してもいいだろう。

画角は16mm
画角は26mm
画角は52mm
Focusでマニュアルを選ぶと、ボケた状態から人にピントが合う演出も可能。ただ、しっかりとXperia 1を固定する必要があるため、ミニ三脚は必須だ

 上記で作成したクリップを複数つなげて、ひとつの作品にするというのがCinema Proの使い方だ。そのため、Cinema Proアプリ内での動画編集機能は、クリップを連結するだけ。特定の動画短くするといった機能はない。ただ、動画ファイルとして保存されているため、別の動画編集アプリで調整したり、PCで処理したりといった使い方も可能だ。

「Final filmを作成する」では、Clipの連結順も決められる
アプリのライブラリの設定から「Final filmを作成する」を選ぶと、撮影したClipを選んで、ひとつの動画にすることができる

まずは短いクリップでトライしてみよう

 最近のSNS上の動画はごく短いもの、6〜10秒程度のものが主流だ。いきなり長い動画は難易度が高いため、ごく短い動画から攻めてみよう。上記で紹介したLookはいずれも扱いやすく、かつシネマな雰囲気が生まれやすい。Xperia 1の手ぶれ補正性能もあり、ジンバルがなくともブレの少ない動画にしやすいため、日常の風景やペットの様子などから、Cinema Proにトライしてみよう! 以下、サンプルを撮影したので、ぜひとも参考にしてほしい。

「Xperia 1」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
取り扱い ドコモ、au、ソフトバンク
ディスプレー 6.5型有機EL(21:9)
画面解像度 1644×3840ドット
サイズ 約72×167×8.2mm
重量 約178g
CPU Snapdragon 855 2.8GHz+2.4GHz+1.7GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 6GB
内蔵ストレージ 64GB
OS Android 9
最大通信速度(下り/上り) 37.5Mbps/988Mbps
無線LAN IEEE802.11ac
カメラ アウト:約1220万画素(F値1.6)
+約1220万(望遠、F値2.4)
+約1220万(超広角、F値2.4)
/イン:約800万画素
バッテリー容量 3200mAh
防水/防塵 IPX5,8/IP6X
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C
カラバリ パープル、ブラック、
ホワイト(auとソフトバンクのみ)、
グレー(auのみ)

mobileASCII.jp TOPページへ