デュアルバッテリーなのにコンパクト! バランス駆動アンプ「ぷちバラS」

文●鈴鹿 廻

2019年08月30日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デュアルバッテリーを内蔵したバランス駆動のポータブルヘッドホンアンプ「ぷちバラS(半完成品)」が家電のケンちゃんにて販売中。4モデルのバリエーションがあり、価格はいずれも4445円(税抜)だ。

コンパクトなバランス駆動アンプが作れる「ぷちバラS」。オペアンプやバッテリーを追加して完成させる

 コンパクトなバランス駆動アンプ「ぷちバラ」シリーズの最新版。サークル「MF残党(仮」による同人ハードウェアで、インターフェイスとゲイン値の異なる「φ4.4 5極/ゲイン4」と「φ4.4 5極/ゲイン2」、「φ2.5 4極/ゲイン4」と「φ2.5 4極/ゲイン2」の合計4モデルをラインナップしている。ゲイン4は大型ヘッドホン用、ゲイン2はインナーイヤホン用だ。

 完全な正負電源部を構築するデュアルバッテリー設計により、一般的なDC-DC電源タイプより高音質な点が特徴。サークルによれば「魅力的な中高音に加えて、強力な電源部による躍動的な低音感が引き出せる」という。

デュアルバッテリーによる完全な正負電源部で、DC-DC電源とは段違いの高音質に。オペアンプ部はICソケット仕様になっている

 入荷したのは、あらかじめ基板に各種パーツが実装された“半完成品”。オペアンプとリポバッテリー、ケースを追加することでヘッドホンアンプが完成する。基本的に半田工作不要なため、工作が苦手な人も安心だ。

 オペアンプは「THS4631」か「LMH6672」、バッテリーは「3.7V 550mAh(6x25x40mm)」か「3.7V 450mAh(6x20x40mm)」の使用がサークル推奨。また、ケースはタカチ製モバイルケース「MX2-4-11BB」に対応、ケース内寸にピタリ収まる設計になっている。

追加で購入が必要なのは、ケースとバッテリー、オペアンプ。好みで選べるが、推奨パーツを組み込んでおけば間違いない

【取材協力】

mobileASCII.jp TOPページへ