シャープがデュアルSIM仕様の「AQUOS R3」を海外展開

文●中山智 ●編集 ASCII編集部

2019年09月06日 22時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dynabookの最新モデルをシャープのプレスイベントで発表

デュアルSIM仕様の「AQUOS R3」を海外展開
dynabookの最新ノートPCはIGZOディスプレー搭載

 シャープは、ドイツ・ベルリンで開催のIFA 2019に関連したプレス向けのイベントを9月5日に開催。スマートフォンの最新グローバルモデルや、シャープの関連企業となったdynabookのノートPCなどを紹介した。

 グローバルモデル向けとして発表されたスマートフォンは「AQUOS R3」「AQUOS V」の2モデル。AQUOS R3は日本で販売されているモデルとほぼ同じで、IGZOディスプレーを搭載しアウトカメラは写真用と動画用、ふたつのカメラを装備したデュアル仕様。プロセッサーはSnapdragon 855のハイエンドモデルだ。ただし、SIMスロットはSIMを2枚装着できるデュアル仕様。

フラッグシップの「AQUOS R3」を海外市場にも投入
IGZOディスプレーを搭載した「AQUOS R3」
写真用&動画用の組み合わせのデュアルカメラ仕様は日本版と同じ
左側面の電源まわり
SIMスロットはデュアル仕様

 シャープはこれまで、ミドルレンジからローエンドを軸に欧州市場などに参入。ついにハイエンドも投入ということで、どこまで販売台数を伸ばせるか気になるとことだ。

低価格帯市場を狙う「AQUOS V」は
Snapdragon 835搭載で3万円台半ば

 AQUOS Vは299ユーロ(約3万5500円)と低価格帯の市場を狙ったモデル。ただしプロセッサーはミドルレンジではなく、Snapdragon 835と2世代前のハイエンドモデルを採用。Snapdragon 835は現状でも十分な処理能力を誇るプロセッサーなので、低価格ながらハイパフォーマンスという端末に仕上がっている。

299ユーロ(約3万5500円)で2世代前のハイエンドプロセッサーを搭載した「AQUOS V」
デュアルカメラで背景ボケなどを効果的に処理する
こちらもSIMスロットはデュアル仕様

 そのほかスマートフォンでは、日本での実証実験などにも使われている5Gのテスト端末や大量のロボホン隊をブースにて展示。発表会では「日本のAndroidスマートフォンではナンバー1のブランド」とも話しており、スマートフォンにも本格的に取り組んでいる点をアピールしていた。

5Gのテスト機は、残念ながらフライトモードで5G接続テストは行なっていなかった
シャープはAndroidスマートフォンの販売で国内1位をアピール

dynabookのノートPC「Tecra X50-F」は
15型IGZO液晶搭載で約1.36kgと軽量

 ノートPCは、関連会社のdynabookから新モデルとして「Tecra X50-F」を発表。展示モデルはプロセッサーに第8世代のCore i5-8265Uを搭載していた。15型(1920×1080ドット)ディスプレーを搭載しながら、本体重量は約1.36kgと軽量。見た目のサイズ感との違いから、実際に手に持ってみるとかなり軽く感じる。また、シャープのIGZOディスプレーを採用し、470カンデラの高輝度と非常に見やすい。

15型IGZOディスプレー搭載のノートPC「Tecra X50-F」
閉じたときの厚さは最大17.6mm
「Tecra X50-F」のシステム
シャシーの素材はマグネシウムで、本体サイズは約359(W)×250(D)×17.6(H)mm。

 インターフェースは本体左側面にUSB Type-A×2とイヤホンジャック、右側面にはThunderbolt 3×2とHDMI、microSDカードスロットを配置している。ディスプレー上部にはカメラを装備。セキュリティーを考慮して物理的なシャッターボタンも搭載している。

本体右側面のポート類
本体左側面のポート類
ディスプレー上部にあるカメラとシャッターボタン

 キーボードは15型クラスながら10キーのないタイプ。タッチパッドだけでなく、スティック型のポインティングデバイス「Accupoint」も搭載。そのため、タッチパッドのクリックボタンは下辺ではなく上辺に配置している。

キーボードはテンキーなしで「Accupoint」を搭載
クリックボタンはタッチパッドの上辺に配置

 10月から欧州などで販売がスタート。価格は未定で、日本での展開も未定とのこと。

 そのほかプレスイベントでは、シャープが今度開発予定の製品も紹介。8K対応のPCやマイクロフォーサーズの規格を採用した8K対応のビデオカメラなどがアナウンスされ、ブースにもデモ機として展示されていた。

2021年に販売予定の8k対応デスクトップPC
ディスプレー背面に装着してAIOライクに使える
マイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式8K対応ビデオカメラのコンセプトモデル

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ