Xperia 5とXperia 1の違いをチェック! Xperia 1にはない機能も多い

文●中山智 編集●ASCII編集部

2019年09月09日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  IFA 2019のプレスカンファレンスで発表された、ソニーモバイルの「Xperia 5」。先に発売されている「Xperia 1」よりもひと回り小型ながら、プロセッサーやメモリーは同じとパワフルさがポイント。そこでIFAのソニーブースで展示されているXperia 5と筆者が購入したドコモ版の「Xperia 1(SO-03L)」と比較した。

ソニーモバイルの最新スマートフォン「Xperia 5」

 まずはXperia 5のスペックをもう一度確認。Xperia 1と比較すると、下記のようになっている。

  Xperia 5(グローバル版) Xperia 1(参考、国内版)
ディスプレー 6.1型有機EL(21:9) 6.5型有機EL(21:9)
画面解像度 1080×2520ドット 1644×3840ドット
サイズ 約68×158×8.2mm 約72×167×8.2mm
重量 約164g 約178g
CPU Snapdragon 855 2.8GHz+2.4GHz
+1.7GHz(オクタコア)
Snapdragon 855 2.8GHz+2.4GHz
+1.7GHz(オクタコア)
メモリー 6GB 6GB
内蔵ストレージ 64/128GB 64GB
外部メモリー microSDXC(最大512GB) microSDXC(最大512GB)
OS Android 9 Android 9
カメラ画素数 アウト:約1220万画素(F値1.6)
+約1220万(望遠、F値2.4)
+約1220万(超広角、F値2.4)
/イン:約800万画素
アウト:約1220万画素(F値1.6)
+約1220万(望遠、F値2.4)
+約1220万(超広角、F値2.4)
/イン:約800万画素
防水/防塵 IP65/68 IPX5,8/IP6X
バッテリー容量 3140mAh 3200mAh
生体認証 ○(指紋) ○(指紋)
USB端子 Type-C Type-C
カラバリ ブルー、ブラック、レッド、グレー パープル、ブラック、ホワイト、グレー

 プロセッサーやメモリー、内蔵ストレージといった基本的なスペックは同じ。大きく違うのはディスプレーで、どちらも有機ELパネルなのは変わらないが、Xperia 1が6.5型に対して、Xperia 5は6.1型。解像度もXperia 1が4K相当の1644×3840ドットに対して、Xperia 5は1080×2520ドット。そのため全体の大きさとしては厚さはかわらないものの、横幅は4mm、高さは9mmほどサイズダウンしている。

左がXperia 1で右がXperia5
本体背面もデザインは似ているが、カメラ位置は変わっている
Xperia 5は本体左側面にSIMを装着するトレーを配置
本体右側面。音量ボタンなどの配置は同じ

 ディスプレーが小さくなったことで、映像やゲームを楽しむ際には物足りないが、手に持った際の片手操作で親指の届く範囲が広くなっており、操作感はXperia 5のほうが上。操作性にプライオリティーを置いてスマートフォンを選ぶユーザーなら、Xperia 5のほうがしっくりきそうだ。

 また本体が小型化していても、バッテリー容量は国内版のXperia 1と比べると60mAhしか少なくなっていない。ただしグローバル版のXperia 1はバッテリー容量が3330mAhで、国内版とは表記の仕様が違うため、グローバル版と比較すると190mAh減となる。それでもディスプレーサイズや解像度も下がっているため、バッテリーの持続時間に関してはあまり差がなさそうだ。

カメラ性能もほぼ同様
撮影アドバイス機能が追加

 カメラの性能もアウトカメラが、約1220万画素(標準、F値1.6)、約1220万(望遠、F値2.4)、約1220万(超広角、F値2.4)、インカメラが約800万画素とスペックは同じ。搭載しているカメラ用のセンサーも同じだ。ただしアウトカメラの標準だけおなじ世代のセンサーではあるものの、Xperia 1はメモリー積層なのにたいして、Xperia 5はメモリーを搭載していないモデルとなっている。そのため、960fpsでのスーパースローモーションには対応していない。

Xperia 5(右)にはスーパースローの項目がない

 カメラの配置位置はXperia 1が背面中央なのに対し、Xperia 5は左上。さらに細かいポイントだが、レンズの並びはXperia 1が上から標準、望遠、広角だが、Xperia 5は望遠、標準、広角となっている。

トリプルカメラは同じでスペックもほぼ同じ。ただしレンズの並びは変わっている

 ハードウェアスペックの差だけでなく、ソフトウェアにも細かい点で違いがある。まず、カメラアプリでは「撮影アドバイス機能」を搭載。指がかぶって映り込んでしまったり、フォーカスがずれている場合は撮影前に、眼を閉じていたりぶれたりしている場合は撮影後に通知が表示される。

カメラアプリに撮影アドバイス機能を搭載。※IFAのセッションより
撮影時に通知してくれるのでミスショットを防げる

 映画のような本格的な映像が撮影できる「Cinema Pro」にも変更がある。たとえばプロジェクト名に任意の名前をつけられたり、フレームラインを4:3などに切り替え可能。また音声のレベル調整もできるので、音の大きなシーンでは音割れしないように調整できる。Cinema ProはType-C接続の外部マイク入力にも対応しているので、映像だけでなく音にもこだわれるのはうれしいポイントだ。

「Cinema Pro」にも細かい変更点が
プロジェクト名を任意につけられるようになった
フレームラインを4:3などに変更可能
メーターを見て録音レベルを調整可能に

 またゲーム専用のセッティングができる「Game enhancer」もアップデートされており、ゲーム中はSNSなどの通知だけでなく、電話の着信通知もオフにできるようになっている。

設定できる項目が増え、電話の着信通知もオフにできるようになった

 そのほか最大20コマ/秒の連続したスクリーンショットが撮れる「スクリーンショットバースト」や、ゲーム配信機能利用時にオーディオミキサーやボイスチェンジャーが利用できるようになった。

Game enhancerのアップデートポイント。※IFAのセッションより

 ソニーモバイルによると、これらXperia 5のみの機能はXperia 1でもいくつかはアップデートで対応するが、時期は未定でXperia 1のOSアップデートに合わせて行われる可能性が高いとのこと。

 逆にXperia 5でなくなった機能が、日本語入力の「POBox」。Xperiaシリーズだけでなく、フィーチャーフォンやPDAのころから開発&搭載されてきた日本語入力アプリで愛用者も多いが、ついに非搭載となってしまった。

左がXperia 5で右が日本版のXperia 1。海外版のXperia 1でも確認したがPOBoxはあった

 全体としてはサイズ以外にほぼ違いはなく、Xperia 1がアップデートするまで独自機能も多い。日本版が発売されたらサイズ感と操作性にポイントを置いて、Xperia 5を選ぶというのも十分アリなモデルだ。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ