ソフトバンク、機種代金の支払いが最大半額になる「半額サポート+」

文●行正和義 編集●ASCII

2019年09月09日 19時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは9月9日、機種代金の支払いが最大で半額不要になる「半額サポート+」などを発表した。

 対象機種を48回払いで購入して同時に加入することで、25ヵ月目以降(査定完了日が属する請求月の翌請求月以降)の旧機種の分割支払金の支払いが不要になるプログラム。利用にあたっては、旧機種の回収および回収・査定条件を満たすこと、機種買い替え時の対象機種、支払い方式などの条件がある。プログラム利用料は月額390円(不課税)×24ヵ月。対象機種はスマホだけでなく、タブレットやケータイも用意されるという。9月13日より提供開始される。

半額サポート+の料金支払い例 

 このほか、ワイモバイルにおけるスマホ向けの料金プランを10月1日に改定、従来の料金プランと比べると月額利用料金が最大12%安くなった。さらに同日より「スマホデビューPayPayキャンペーン」を開始する。スマホ初心者向けの特別プランである「スマホデビュープラン」と、半額サポート+に同時加入することで最大1万円相当のPayPayボーナスがプレゼントされる。

ワイモバイルのスマホ向け新料金プラン
スマホデビューPayPayキャンペーン

mobileASCII.jp TOPページへ