ミドルレンジのスマホにも5Gの拡充を進めるクアルコム

文●中山智 編集●ASCII編集部

2019年09月11日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「5G is here」をテーマにプレゼンが行なわれたIFA 2019でのクアルコムのキーノート

5Gはすでに20以上のキャリアでスタート
150種類以上の5G対応デバイスが開発中

 9月6日、ドイツ・ベルリンにて開催のIFA 2019で、クアルコムのクリスティアーノ・アモン社長がキーノートに登壇。同社の5Gへ取り組みに加え、5G対応プロセッサーのミドルレンジへの拡充について発表した。

 キーノートは「5G is Here」をテーマにスタート。アモン氏は、まずは5Gの商用化について「4Gがスタートしたときは4キャリア程度で端末数も2~3台程度だったが、5Gでは20以上のキャリアでスタートしている」とし、4G開始時よりも速いスピードで商用展開していると話す。さらに「人口カバーでは、4Gスター時は120万人だったが、5Gではすでに22億人をカバーしている」とのこと。日本のように年末から来年にかけて5G商用化を予定しているキャリアも多く、端末も多く発売されることから、今後はさらに普及が加速していく。

Tシャツではなく襟付きのシャツでキーノートに登壇したクアルコムのクリスティアーノ・アモン社長
4Gスタート時の状況
5Gではすでに20以上のキャリアがサービスをスタートしている

 アモン氏は、現在発売されている5G端末について「開発中のモデルは150以上。発売中のモデルも5Gのためのだけに開発されたような不格好なものではなく、いわゆる一般的なフラッグシップモデルを中心に搭載されている」と説明。その上で、2月に発表された第2世代の5Gモデム「Snapdragon X55 5G Modem」を使ったトータルソリューション「Snapdragon X55 5G Modem-RF System」を発表した。

 第1世代のモデム「Snapdragon X50 5G Modem」を使ったシステムと比較すると、第1世代では5Gのみ対応だったが、第2世代のX55のシステムでは5Gだけでなく4Gにも対応し、NSA(ノン・スタンドアローン)方式だけでなく、SA(スタンドアローン)方式もサポートといった違いがある。

150以上のデバイスが現在開発中
現在の5G端末はフラッグシップモデルがメイン
「Snapdragon X55 5G Modem-RF System」の詳細

ミドルレンジのスマートフォンにも
5Gの拡充を進めるクアルコム

 さらにアモン氏は「5Gの対応をSnapdragon 7シリーズと6シリーズにも拡大する」と発表。 「Snapdragon 7 Series 5G Mobile Platform」は5Gモデムを統合した7nmプロセスのSoCで、すでにOPPOやLGエレクトロニクスなど12社が搭載機を開発中とのこと。2019年の後半には「Snapdragon 7 Series 5G Mobile Platform」を搭載したスマートフォンが市場に提供されるという。また「Snapdragon 6 Series 5G Mobile Platform」に関しては詳細は今後発表されるが、2020年後半を目処に市場に登場する予定だ。

Snapdragon 8シリーズ以外にも5G対応を広げる
「Snapdragon 7 Series 5G Mobile Platform」の概要
「Snapdragon 7 Series 5G Mobile Platform」を搭載したリファレンスモデル

 ミドルレンジでの採用が多いSnapdragon 6シリーズの提供が2020年後半なので、すぐにミドルレンジでの5G端末が普及するというわけではないが、新モデルは5G対応が当たり前という時代は近いようだ。

5G対応の家庭向けルーター「FRITZ!Box 6850 5G」などスマートフォン以外にも5Gは広がりを見せている

 キーノートでは、アモン氏だけでなく、ドイツテレコムやサムスン電子、BMWの幹部がゲストとして登壇。ドイツテレコムはZTEの5Gルーター「5G Hub」を販売中だが、今後のラインアップとしてサムスンの「Galaxy A90 5G」と「Galaxy Fold 5G」、シャオミの「Mi Mix 3 5G」を紹介。5G対応端末の提供を今後も拡充していくと話していた。

ドイツテレコムの今後の5G端末のラインアップ

 このほか、アモン氏はFOSSILグループから発表されたばかりの「PUMA SMARTWATCH」を実際に腕に装着して紹介。ウェアラブル向けのプロセッサー「Snapdragon Wear」について採用メーカーが増えているとし、スマートフォンだけでなく、ウェアラブルやIoTを含めたネットワークのエコシステム構築の重要性を語った。

Snapdragon Wear搭載の新モデルとして「PUMA SMARTWATCH」を紹介
登壇したアモン氏の腕にはPUMA SMARTWATCHが

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ