アップルiPhone 11「半額」にも期待

文●山口健太

2019年09月12日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月10日(現地時間)、アップルが「iPhone 11」や「第7世代iPad」、「Apple Watch Series 5」などの新製品を発表しました。

 日本では真夜中に始まりますが、IFA開催中のドイツ・ベルリンでは19時開始ということもあり、同業者のライター陣と一緒にツッコミを入れながらライブ配信を楽しみました。

■iPhone XR後継の「iPhone 11」が主力機に

 世界的なシェアではAndroidに押されがちなiPhoneですが、その中でもよく売れているとされるのがiPhone XRです。上位モデルであるiPhone XSの陰に隠れ、どうしても廉価版のイメージがありましたが、今年は後継機種「iPhone 11」がアップルの主力機に抜擢されました。

 このネーミングからは、「iPhoneが欲しい人は、まずiPhone 11を手に取ってほしい」というアップルのメッセージを感じられます。iPhone XRの発表とは異なり、今回はまず最初にiPhone 11が紹介され、多くの時間が割かれました。

 価格が下がったことも注目です。iPhone 11の価格は米国で699ドル、日本では7万4800円(税別、SIMフリー版)と、iPhone XRに比べて米国で50ドル、日本では1万円下がっています。為替の円高傾向も相まって日本での値下げ幅が大きいようです。

 この値下げにより、「iPadとの2台持ち」がしやすくなると筆者は見ています。今回発表された第7世代iPadは、3万4800円からという低価格でありながらSmart Keyboardに対応したこともあり、手が届きやすくなりました。

第7世代iPadはついにSmart Keyboardに対応

■位置づけが明確になった「iPhone 11 Pro」

 上位の製品ラインであるiPhone XS/XS Maxの後継機は、「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」という名前になったことで、入門機ではなく「Pro」体験を求める人のための製品という位置付けが明確になりました。

「Pro」体験を期待する人のための「iPhone 11 Pro」

 注目は引き続きカメラです。新たに加わった120度の超広角カメラは、旅先での風景写真だけでなく、イベントで横長のスクリーンを撮るのに便利そうです。筆者もiPhoneで撮った写真を記事に掲載する機会は増えています。

 スマホのカメラといえば「インスタ映え」だけでなく、個人が撮影した写真や動画がニュースとして報じられ、社会を動かすことも増えています。iPhoneのカメラに期待される役割はますます大きくなっているといえるでしょう。

 それに加えて、スマホのカメラの画質向上はプロセッサーによる画像処理に大きく依存するようになっています。機械学習を用いた「DeepFusion」のように、プロセッサーの処理能力に比例して画質も向上するという傾向は、最新のAndroidスマホと共通しています。

 やや残念なのは重くなっている点ですが、バッテリー駆動時間がスペック通りに大きく伸びているならば、なんとか許容範囲でしょうか。次世代のWi-Fi規格「Wi-Fi 6」に対応したことで、ルーターやアクセスポイントの普及も期待できます。

■各キャリアの「半額」にも期待

 日本では10月1日の法改正により、キャリアによるスマホの割引は2万円に制限されます。しかしソフトバンクはその規制に抵触しない形で「半額サポート+」を発表しており、iPhone 11シリーズにも適用されることが明らかになりました。

ソフトバンクによるiPhone 11 Proの価格

 アップルは「下取り」も積極的に進めています。中古相場でもiPhoneはリセールバリューが高く、買い換え資金の足しになるのは嬉しいところです。iPhone 8やiPhone XRも値下げして販売が継続されることになり、9月末には消費増税前の最後の駆け込み需要も期待できます。

 10月以降、ハイエンドスマホは売れなくなり、ミッドレンジ主体になると筆者は予想していましたが、なんだかんだ言いながらiPhoneは売れ続けるのではないかとも思えてきました。

mobileASCII.jp TOPページへ