アプリアイコンからサクッとウィジェットを配置するXperiaテク

文●中山 智 編集● ASCII編集部

2019年10月07日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 時計やスケジュール表、ニュースの通知など、さまざまな機能やアプリをホーム画面に貼り付けて利用できるウィジェット。Xperiaでも標準のウィジェットをはじめ、ユーザーがインストールしたアプリのウィジェットなど数多く利用可能です。

 ウィジェットは、ホーム画面の空きスペースを長押しして、表示されるメニューから「ウィジェット」を選択すれば、利用可能なウィジェットが一覧で表示されます。あとは使いたいウィジェットを選んでホーム画面に配置するだけでOK。

ホーム画面を長押ししてメニューを呼び出す
使用できるウィジェットが一覧で表示される

 ただし、この方法だとインストールされているアプリが多い場合、数多くのウィジェットがラインアップされていて、目的のアプリのウィジェットを探し出すのはなかなか大変です。そこで、どのアプリのウィジェットを使いたいか決まっている場合は、ホーム画面にあるそのアプリのショートカットアイコンからも追加できるようになっています。

 追加方法は、ウィジェットを利用したいアプリのショートカットアイコンを長押ししてメニューを呼び出し、小さな四角が4つ並んだウィジェットボタンをタップします。すると、そのアプリが用意しているウィジェットが表示されるので、使いたいウィジェットを選んで配置するだけです。

ホーム画面のアイコンを長押しして、メニューの右上にある四角が並んだボタンをタップすると、使用できるウィジェットが表示され選べる

 ちなみに長押しメニューにウィジェットボタンがない場合は、そのアプリで使えるウィジェットが用意されていないことを意味しています。また、ホーム画面のショートカットアイコンだけでなく、インストールされているアプリを一覧表示したドロワーのアイコンからも、同じように長押しメニューからウィジェットの登録が可能です。

ウィジェットボタンがないアプリもある
ドロワーのアプリアイコンからも長押しメニューで登録可能

 特定のアプリのウィジェットを登録するのは、このほうが素早くできるので憶えておきましょう!

※Xperia 1(SO-03L)/Android 9で検証しました。

mobileASCII.jp TOPページへ