macOS Catalina登場! 新機能をまとめてチェック

文●柳谷智宣 編集●ASCII

2019年10月08日 03時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
提供を開始したばかりのmacOS Catalinaは、超便利な新機能が目白押し!

 アップルの最新「macOS Catalina」が、10月8日に提供を開始した。6月に開催されたアップルの開発者向け会議WWDCで発表されたように、iTunesが3アプリに置き換わり、iPadが2台目ディスプレイとして利用可能、32ビットアプリが動作しなくなると大きな進化を遂げており、注目を集めている。

 早速、新機能目白押しのmacOS Catalinaをまとめてチェックしてみよう。

美しいサンタカタリナ島の壁紙

7年前のMacでもOK! iTunesが3アプリに分裂したのが衝撃的

 macOS CatalinaにアップデートできるのはOS X 10.9以降で、MacBook Pro(Mid 2012以降)、MacBook Air(Mid 2012以降)、iMac(Late 2012以降)、Mac mini(Late 2012以降)、Mac Pro(Late 2013以降)、MacBook(Early 2015以降)、iMac Pro(2017以降)となる。

 ほとんどmacOS 10.14 Mojaveの対応機種と同じで、7年前のモデルまでサポートしているのはとてもありがたい。実際、今回の記事の画面は2012年のMacBook Airで撮っているが、問題なし。

 ちなみに、カタリナというコードネームの元ネタは、カリフォルニアの観光地であるサンタカタリナ島から。前macOS Mojaveの砂漠から一転、海がモチーフとなった。

音楽は「ミュージック」、映像は「TV」、ポッドキャストは「Podcast」に棲み分けすることに

 macOS Catalinaの大きな変更点のひとつが、従来のmacOSにあった「iTunes」に代わり、「ミュージック」と「TV」「Podcast」の3つのアプリが加わったことだ。

 新しいMac用「Apple Music」アプリケーションでは、5000万以上の曲やプレイリスト、ミュージックビデオをストリーミングで楽しむことができる。もちろん手持ちのライブラリのコンテンツは引き継がれ、「Apple TV」アプリケーションではApple TVチャンネルや映画コンテンツを楽しめる。

 11月1日(米国時間)からスタート予定の「Apple TV+」にも対応。7日間の無料トライアル終了後、月額600円(税込み)の映像配信サービスで、どんなラインナップで攻めてくるのかが楽しみだ。なんと、新しいiPhone、iPad、iPod touch、MacまたはApple TVを購入すると1年間無料という太っ腹。

 続いて「Apple Podcasts」。膨大な番組から気になるコンテンツを探し出し、自由に視聴できる。

 なお今後もiTunes Storeから、Mac、iOS、Windows パソコン、Apple TVで音楽を購入できる。

接続したiOSデバイスは、Finderのサイドバーに表示され、同期できるようになった

 iOSデバイスとの同期などは、Finderのサイドバーからできるようになった。本当にiTunesがなくなったことを実感する。

「写真」の写真管理機能が使いやすくなった

写真やリマインダー、メモのUIが大幅リニューアル

 「写真」アプリはUIが大きく変化。写真が年・月・日ごとにまとめて表示されるので、時系列で管理しやすくなる。写真のプレビューが大きくなったうえ、ライブラリのどこからでも写真の拡大・縮小ができる。Live Photosの自動再生も可能。

ギャラリー表示でメモを見た目で探せるようになった

 「メモ」アプリは、作成したメモをサムネイル表示して、見た目からも探せるようになった。共有機能も強化され、メモそのものだけでなく、フォルダを指定してまとめて共有できる。その際、編集権限を設定することもでき、閲覧のみの公開といったことも可能だ。

「リマインダー」も使いやすくなった

 「リマインダー」もUIが一新され、タスクをグループ化したり、リマインダーにファイルを添付できるようになった。リストが見やすくなり、TODOを見逃し管理できる。

 メッセージアプリとも統合され、リマインダーの項目と人をタグ付けしておくと、会話する際に通知してくれる機能も搭載。今すぐ連絡するほどではないが、次にその人と話すときに、確認したいことがあるときなどに活用できる。

iPadを2台目のディスプレイや液タブのように使える「Sidecar」

iPadを2台目のディスプレイとして利用できる「Sidecar」に期待

 「Sidecar」はiPadを2台目のディスプレイとして利用できる機能。単に、マルチディスプレイとして利用するだけでなく、iPad上でツールを操作して編集し、Mac上でチェックするということもできる。有線だけでなく、ワイヤレスでも接続できるのがすごい。

 例えば「Illustrator」でデザインしたり、「ZBrush」で3Dモデルを作成する際、iPadでApple Pencilを使い、細かい作業を行うことが可能になる。筆者であれば、記事の校正の際、赤字を手書きするときだけiPadを利用し、閲覧と長文の入力はMacを使うという二刀流で活用できそう。

Macをどのくらい使っているのかを把握できる

 iPhoneではすでに導入済みの「スクリーンタイム」がMacでも利用できるようになる。どんな作業をどのくらいの時間しているのかを細かく把握できるので、業務効率の改善に役立つ。ファミリー共有で、子供の利用時間を確認したり、制限することも可能だ。

電源をオフにしたMacの場所も、iPhoneから手軽に探せる

Macを守る機能もブラッシュアップした

 「iPhoneを探す」と「友達を探す」が「探す」アプリに統合された。MacやiPad、iPhoneを地図上で手軽に探せるアプリで、端末がオフラインになっていたり、スリープ上でもOK。Macでも近くにある他人のApple製品が中継して、iCloudに場所をアップデートしてくれるでの、外出先で端末を紛失した時にも活躍してくれるだろう。ちなみに、当たり前だが、第三者には紛失した端末の情報はわからないようになっている。

Apple Watchがあればパスワード入力なしに、認証が可能になる

 Macでパスワードを入力する際、Apple Watchのサイドボタンをダブルクリックすることで、認証できるようになった。ロックを解除したり、アプリをインストールするのがより便利になる。Apple Watchユーザーなら是非活用したい新機能だ。

月額課金でゲームを遊び放題の新サービス「Arcade」

ゲームのサブスクサービス「Arcade」もサポート

 Apple Arcadeにも対応する。ゲームのサブスクリプションサービスで、月額600円(税込み)で登録しているゲームが遊び放題になるというものだ。これまでのAppStoreにも無料のゲームはたくさんあったが、Apple Arcadeのゲームには広告が表示されたり、ゲーム内で課金することがない。しかも、MacやiPad、iPhoneのマルチデバイスで楽しめるのも便利だ。

 現状では大人が楽しめるタイトルは少なく感じるが、子供向けという感じでもない。今後のラインナップの拡充が楽しみだ。

 アクセシビリティも大幅に強化された。Siriの機能を利用して、音声コントロールでき、声だけでMacを操作できるようになった。認識も賢くなっており、、「お誕生日おめでとう。送信をタップ」と話しかけても、きちんと「お誕生日おめでとう」と送信される。また、テキストを拡大表示することはもちろん、1台目のディスプレイと2台目のディスプレイで解像度を変えることもできる。片方が標準の画面にしたまま、自分が使うもう片方のMacを拡大表示しておける。

 広東語の予測変換やインド言語のフォント、タイ語やベトナム語と英語の辞書などを搭載するほか、日本語の予測変換精度も向上した。

 32ビットアプリも廃止され、今後は64ビット対応のアプリしか利用できなくなる。もし、古いアプリを利用していて、アップデートされていないなら、今のうちにデータの移行や乗り換えアプリの選定を済ませておこう。

 macOS Catalinaは大きく変化しているので戸惑うこともあるが、考え抜かれたUIはやっぱり便利。もうすぐ正式版がリリースされるので、対応機種を使っているなら是非アップデートすることをお勧めする。


mobileASCII.jp TOPページへ