アップルAirPods Proで大変なことが起きそうだ

文●松村太郎 @taromatsumura

2019年11月07日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載「アップル時評」で前回ご紹介したBeats Solo Pro Wirelessと同日に発売となったのが、アップルブランドで登場したAirPods Pro。ノイズキャンセリング機能を搭載する完全ワイヤレスヘッドフォンです。

 この製品についてはちょっとした論争が生まれています。どうしても、音をどう感じるかは個人の主観と体験に照らした相対的なもので、AirPods Proの音が良いかどうか、聞く人によって評価が異なることは仕方がありません。

 その上で筆者がこれまで、それなりの数、価格帯の広さでヘッドフォンを聴き比べてきた経験で言えば、「AirPods Proで大きな満足感を得る人は相当数多いのではないか」という非常にポジティブな評価を与えるというものでした。

 たとえばノイズキャンセリングを有効にした場合、ソニーの同様のノイズキャンセリング完全ワイヤレスヘッドフォンよりも低音域や中音域のキレが鈍いと感じるし、その領域のパワフルさでいったらドライバーが大きく味付けもそちらに向いているSolo Proの方が楽しめます。音質で言えば、まだまだ上はあり、AirPods Proが最高ではありません。

 しかし、iPhoneのスピーカーや、iPhone付属のEarPods、これまでのAirPodsと比較すれば、若干力不足に感じる中低音だって、十分改良されたと評価できるのです。歯切れが悪く聞こえるかもしれませんが、この辺りが筆者にとっての正確な表現かな、と思います。

●ノイズキャンセリング初体験の反応?

 さて、AirPods Proはノイズキャンセリングヘッドフォンです。周囲の音を拾って分析し、これを打ち消す音をヘッドフォンのドライバーで鳴らすことでノイズを取り去ります。

 中低音の成分を打ち消す音を出力していることで、音楽の中低音のパワフルさに欠けるという印象を持ったのですが、これは仕組み上仕方がないと思いました。

 ノイズキャンセリングの性能は実用的に十分優れたものだと思います。

 それを裏付けるのが、外部音取り込みモードに切り替えたとき。外部の音がフェードインしてくると、まるで自分の耳で聞いているかのようなクリアさで、遅延なく外の音が伝わってきます。一度処理されたオーディオが「クリアで遅延がない」ことは、打ち消す音を効果的に鳴らせていることを意味すると考えています。

 確かにノイズキャンセリングの能力は優れています。アップルがヘッドフォン向けに独自開発したH1チップとソフトウェア、昨今の評価すべきオーディオ処理技術により、最初の製品でいきなりトップクラスの性能を叩き出してきたポテンシャルには脱帽です。

 しかしユーザーの反応を見ていると、そもそもノイズキャンセリング自体が初体験、という人も多そうだ、と思いました。ノイズが消えること自体に感動している人が多かったからで、AirPods Proのヒットはノイズキャンセリング体験人口を大幅に増やす可能性を感じました。

 これも重要なことで、初めて触れるノイズキャンセリング製品がAirPods Proの品質になってしまうと、大変なことが起きます。前述の通り、こうした評価は体験による相対的なもので、ソニーやボーズ辺りは良いかもしれませんが、それ以外のメーカーは安い製品を出しても性能が悪いと評価されてしまうからです。

●AirPods Pro、様々な活用

 AirPods Proはノイズを消せる一方、ノイズを正確に拾える性能も示しました。またその切り替えがフェードイン、フェードアウトになっているところも、演出として面白く、ノイズキャンセリングを有効にしたときの没入感は、ぜひ多くの人に試してもらいたい瞬間です。

 邪魔者扱いのノイズですが、たとえばこれを環境の音を左右正確に録音するステレオマイクとして見立てた場合、iPhoneで撮影するビデオは、iPhoneで録音する以上に臨場感のあるステレオ音声を記録できるようになるはずです。バイノーラル録音、ASMRといった最近注目されている音にこだわる映像を作るツールとしての活用にも期待できます。

 また、AirPods Proを含むH1チップ搭載のワイヤレスヘッドフォンとiOS 13.2の組み合わせによって、届いた新着メッセージの読み上げとハンズフリー返信への対応も実現しました。これによって、iPhoneを見なくても、届いたメッセージは自動的に読み上げられ、続けて発話することで返信を返すところまでを声だけで実現できます。

 現状メッセージアプリしか対応していませんが、アプリごとにON/OFFを切り替えられる設定が見られることから、他のメッセージングアプリも今後APIで対応していくことが予想できます。


筆者紹介――松村太郎

  1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

mobileASCII.jp TOPページへ