シャオミ、1億画素&5眼カメラ「Mi Note 10」で国内参入 最強カメラの「Mi Note 10 Pro」も!

文●ASCII

2019年12月09日 16時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャオミは、都内で記者発表会を開催。国内第1弾スマホとなる「Mi Note 10」「Mi Note 10 Pro」を発表した。SIMフリースマホとして、Amazon.co.jpで販売される。Mi Note 10は12月16日発売で税抜5万2800円、Mi Note 10 Proは12月23日発売で税抜6万4800円。ともに今日9日から注文可能。

 Mi Note 10の特徴は何と言ってもカメラ。スマホでは史上最大クラスとなる1/1.33型という超大型センサーを搭載。画素数はなんと1億800万画素にまで達する。ここにポートレート撮影用の光学2倍の1200万画素、光学5倍の500万画素、超広角の2000万画素、マクロの200万画素の5眼構成となっている。

 また、Mi Note 10のメインカメラのレンズは7層構造だが、さらに8層構造となるなど、さらに強化したモデルがMi Note 10 Proとなる。こちらがDxOMarkで「HUAWEI Mate 30 Pro」と同点で最高点を獲得している「Mi CC9 Pro Premium Edition」と同スペックのカメラになる。

 そのほか主なスペックは、6.47型有機EL、Snapdragon 730G、6GBメモリー(Proは8GB)、128GBストレージ(同256GB)など。指紋センサーは画面内蔵型。バッテリーは5260mAhと非常に大容量で、30Wの急速充電にも対応する。カラバリはグレイシャーホワイト、ミッドナイトブラック、オーロラグリーンの3色。

バッテリー容量もインパクト大
価格発表の瞬間はどよめきも

 発表会や端末の詳細は後ほどお届けする。

炊飯器やキャリーケースなどのライフスタイル製品も

■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ