1億画素カメラスマホが日本上陸! シャオミ「Mi Note 10」の実機をレビュー

文●中山 智 編集●ASCII

2019年12月09日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界第4位が日本にやってきた!
シャオミ「Mi Note 10」をファーストインプレッション

 日本でもSIMフリースマートフォンの市場で存在感を見せる中国メーカー。そんな中国メーカーのなかでも、満を持しての日本市場参入となるのが世界シェア4位のシャオミだ。そんなシャオミの国内第1弾モデルとなるのが、今回紹介する「Mi Note 10」。メインカメラの画素数が1億800万画素というスペックで、海外でも注目を集めている。

シャオミの国内参入第1弾モデル「Mi Note 10」を早速レビュー。注目はやはりカメラ。1億800万画素のメインカメラは1/1.33型という大型センサーを採用する

 「Mi Note 10」は6.47型(1080×2340ドット)の有機ELディスプレーを搭載。本体サイズは約74.2×157.8×9.67mmで重量は約208gとなっており、手に持ってみると見た目よりもずしりと重たい。ただし、前面と背面ともに両サイドがカーブしているのでグリップはしやすい。

6.47型(1080×2340ドット)の有機ELディスプレーを搭載
左右の縁がカーブして横方向にもディスプレーが見える

 本体の四隅も単純に丸くしたのではなく、カーブ率を変化させて複雑な曲線となっている。このあたりは、中国メーカーのハイエンドモデルの流行ともいえるデザインで、流行を取り入れるのを得意とするシャオミらしい仕上がりだ。

本体背面は光沢がありツルツルだ。テストしたカラバリはグレイシャーホワイト
複雑な曲線でコーナー処理がされている

 本体前面はナローベゼルで、ほぼすべてディスプレーと言った感じ。唯一画面上部にノッチはあるものの、ティアドロップタイプで非表示範囲としてはかなり狭いので、写真や動画、ゲームなどをフル画面表示したときにあまり気にならない。ディスプレー自体も見やすく、色域はDCI-P3に対応。また、ブルーライト低減性能でドイツの認定機関「TUV Rheinland」の認証も受けている。

ノッチはティアドロップタイプ
画面下部のベゼルも狭い
シャオミ「Mi Note 10」の主なスペック
ディスプレー 6.47型有機EL(19.5:9)
画面解像度 1080×2340
サイズ 約74.2×157.8×9.67mm
重量 約208g
CPU Snapdragon 730G
2.2GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 6GB(LPDDR4X)
内蔵ストレージ 128GB(UFS 2.1)
外部ストレージ ×
OS MIUI 11(Android 9ベース)
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/7/8/18/19/20
/26/28/38/40
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS ○(DSDV)
VoLTE ○(ドコモ、au、SB)
カメラ アウト:1億800万画素(標準、F1.69)
+1200万画素(光学2倍、F2.0)
+500万画素(光学5倍、F2.0)
+2000万画素(超広角、F2.2)
+200万画素(マクロ)
/イン:3200万画素(F2.0)
バッテリー容量 5260mAh
(急速充電対応、30W)
生体認証 ○(画面内指紋、顔)
SIM形状 nanoSIM×2
USB端子 Type-C
カラバリ グレイシャーホワイト、ミッドナイトブラック、オーロラグリーン
価格(税抜) 5万2800円
発売日 12月16日

1億画素オーバーの衝撃!
センサーサイズも大きい5眼カメラ

 「Mi Note 10」の一番の特徴はやはりカメラ。メインセンサーはサムスン電子製の「ISOCELL Bright HMX」で、1/1.33型とスマートフォンに搭載されるセンサーとしては異例の大きさ。一般的なスマートフォンのカメラ用センサーは1/2.3型で、大きいと言われていたファーウェイの「HUAWEI P30 Pro」でも1/1.7型。ハイエンドコンデジに搭載されている1インチセンサーと比べると、約3/4のサイズにまで達する。

 さらに画素数は1億800万画素と、スマートフォンとしては最高の性能。また「ISOCELL Bright HMX」は4つの画素を1つにまとめて使用し、そのかわり感度を良くして撮影できる機能も装備している。そのため標準のカメラアプリには、1億800万画素で撮影するモード「108M」が用意されており、標準時の撮影は4つの画素を1つにまとめた仕様での撮影となる。

カメラに「108M」という1億800万画素で撮影するモードが用意されている

 さらに背面にはメインセンサーのほか、ポートレート向けに使用する1200万画素の2倍、ペリスコープレンズで望遠時に使用する500万画素の5倍、2000万画素の超広角0.6倍、超マクロ撮影用の200万画素と、合計5つのレンズとセンサーを搭載している。そのため「近、遠、広」どんなシチュエーションでも撮影可能な万能カメラとして活用できる。

右から500万画素/5倍、1200万画素/2倍、1億800万画素/標準、2000万画素/0.6倍、200万画素/マクロと5つのレンズ&センサーを搭載

 以下は「Mi Note 10」で撮影した作例。基本はHDRをオンでオートで撮影している。やはり1億800万画素の効果は絶大で、画像処理ソフトなどを使って相当拡大してもドット感を感じないほど。ただし、画像サイズは12032×9024ドットで、写真1枚が18MB〜19MBほどのサイズになってしまう。ちなみに標準サイズで撮影した場合は1枚12MB前後だった。原寸で掲載しているので、画像を表示するときはデータ容量に注意してほしい。

108Mモード(1億800万画素)で撮影。細部まで細かく描写され解像感がある
標準モードで撮影。影の部分の明暗差は108Mモードよりも上
2倍で撮影
5倍で撮影
0.6倍で撮影
108Mモードで撮影。街路樹の影の部分のつぶれが気になる
マクロ撮影
108Mモードで撮影。クリームにかかっているちいさなトッピングも精細に撮れている
標準モードで撮影。パンケーキのホワイトチョコレートソースのテカリ具合が良い感じで描かれている
インカメラでビューティーモードの効き具合を中間で撮影

 また夜景モードもかなり優秀で、手持ちの状態であってもあまりぶれずに合成してくれる。三脚などで固定するとさらに効果的で、肉眼ではあまり見えなかった星もしっかりと描かれており、さらにノイズもほとんどないきれいな仕上がりだった。

108Mモードで撮影
標準モードで撮影
2倍で撮影
5倍で撮影
三脚で固定して夜景モードで撮影

 ただし、標準画角以外のカメラは夜景があまり得意ではなく、特に超広角は発色や手ぶれがひどかったので、夜景モード以外で暗い場所で撮る際には、標準画角で撮影したほうが良さそうだ。

 動画撮影には通常の「ビデオ」モードのほか、SNSのストーリーズなどに使える「ショートビデオ」モードも用意されている。ショートビデオでは撮影時間が15秒と決まっており、録画をスタートするとタイムスタンプがカウントダウンになっている。さらに撮影スピードを5段階で設定可能。全体の長さは15秒と変わらないが、撮影スピードを変えることで実際の撮影時間を調整できる。ショートビデオにはオリジナルのBGMもつけることができるので、そのまま音楽付きのショートムービーをSNSにアップできるわけだ。

15秒の短い動画を撮影する「ショートムービー」
撮影をスタートすると15秒からカウントダウン
撮影スピードを5段階から選択可能
BGMをあらかじめ選べる

 5つのカメラや1億800万画素というスペックに目を取られがちだが、いまどきの写真や動画の使われ方にマッチした撮影方法が用意されており、まさにスマートフォン時代のカメラとしては決定版とも言えるモデルだ。

 画質とは関係ないが、ひとつ気になる点がカメラ部分の盛り上がり。大型センサーやペリスコープの採用もあって、ほかのスマートフォンと比べるとやや出っ張っている。さらにカメラ回りの縁が指で触ってみるとかなり鋭角なので、裸のままカバンに入れておくと、タブレットの画面やノートPCのボディーなどを傷つけそうだ。そのため使用時にはレンズ回りの段差をなくして、ツライチになるようなカバーを装着して使いたい。

カメラ部分がかなり出っ張っているのが気になる

スペックはハイエンドではないが
ゲーム向けSoCを採用し、3Dゲームも苦手ではない

 プロセッサーはSnapdragon 730G。ハイエンドの800番台ではないものの、ゲーミング向けにネットワークの最適化がされ、ゲームプレー時はフレームレートの低下を低減させるなどの機能が強化されたモデルなので、3Dゲームなども快適に遊べる。メモリーは6GBで、内蔵ストレージは128GB。一般的なスマートフォンとしては十分過ぎるが、microSDには非対応なため、1億800万画素の写真を大量に撮ることを考えると、ある程度ストレージの管理は必要になりそうだ。

デュアルSIM仕様だがmicroSDには非対応
本体右側面に電源ボタンなどを配置

 各種ベンチマークアプリの結果は下記のとおり。Snapdragon 855などの最新ハイエンドのモデルと比べるとやや落ちるものの、前モデルのSnapdragon 845よりは高いスコアを計測しており、動作などに関しては不満なく使うことができそうだ。

AnTuTu Benchmark
Geekbench 5
3DMark

 USBはType-Cで本体底面に配置。その隣には3.5mmのイヤホンジャックも用意されている。最近はBluetoothのイヤホンが一般的ではあるが、ワイヤレスイヤホンは遅延が気になるというゲーマーにはぴったり。バッテリーは5260mAhで容量もかなり大きい。

本体底面にイヤホンジャックも装備
指紋認証はディスプレー埋め込み型

 突出したカメラ性能とバランスのとれた基本スペックを持つシャオミ「Mi Note 10」。2019年最後にはなるが、「今年の1台」の筆頭候補にあげても問題ないスマートフォンだ。


■関連サイト

mobileASCII.jp TOPページへ