アップル ティム・クックCEO来日の真意は

文●松村太郎 @taromatsumura 編集● ASCII

2019年12月12日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年12月8日からの日程で3日間、アップルのCEO、ティム・クック氏が来日し、東京を中心に精力的に日程をこなしました。クック氏の来日は3年ぶりで、前回は京都での写真をツイートしました。

 アップルはiPhoneを代表としたスマートフォン、タブレット、コンピュータ、ウェアラブルなどのハードウェア企業で、iPod以来音楽市場にも大きな変革を与えてきました。しかし今回の来日に同行していると、いままでと違った側面でアップルを見ることができそうです。

 今回の視察は、都内のApple Storeを拠点にしながら、開発者、学生との交流を持ったり、アプリ開発企業を回ったり、サプライヤーを訪問したり。音楽、映画などのアーティストとの交流や、病院を訪問したことも重要なポイントと言えます。

 そして、クック氏のTwitterには明らかにされていませんが、おそらく日本政府の要人とも面会していると思われます。そうだとすれば、話題は当然GAFA規制。マスメディア向けのインタビューでも、「GAFAを一括りにしないでほしい」と指摘し、あくまで「GAFA憎し」と規制を作ることを前提にしている現在の行政の姿勢に疑問を投げかける場面もありました。

●アップルが日本に寄せる期待

 アップルにとって日本は、単独に国としては売上高第3位に付ける重要な市場です。実際、筆者はApple表参道で日曜日の夕方、クック氏への取材のために待っていましたが、店舗はびっしりと人で埋まり、iPhoneとApple Watchが次々に売れていく光景が見られました。

 日本は比較的アップル製品に好感を持っていて、スマートフォンの販売シェアは5割前後を維持できている数少ない国でもあります。同時に、数々の重要なサプライヤーがひしめき合い、新しい製品のフォームファクターを構成する技術の開発パートナーとのコラボレーションが日々続いていると言います。

 また、優秀なデベロッパーの宝庫であるともクック氏は指摘します。細部にまで配慮を深めたアプリの数々が日本のアプリの強みであると考えており、個人・企業の開発者の活躍、アプリビジネスの拡大、さらにはアプリ開発者人口の増加によるアップルプラットホームの強化に期待しているでしょう。

 しかし今回面白かったのは、アーティストとの交流、そして病院訪問でした。

●病院を訪れた理由はヘルスケア

 ワールドツアーをしている星野源氏とは居酒屋で会い、東宝では2021年公開の「シン・ウルトラマン」で監督を務める樋口真嗣氏と面会しました。音楽、映画といった、アップルのサービス部門に関係するコンテンツを作り出すクリエイターと積極的に会っている点は、サービス部門の成長をクリエイターとともに実現したいという意向が透けてきます。

 病院はさらに重要です。規制が厳しい医療や健康に関する行政において、アップルが積極的にコミュニケーションを取り、事実を積み上げていく戦略を取っていると考えられます。昨年から日本でも販売されているApple Watchには、米国などと同様に、心電図を計測できるセンサーが内蔵されています。しかしソフトウェア的に使用できなくなっており、健康に関する機能と認可の関係の難しさがうかがえます。

 アップルは病院の医学研究向けの開発キット「ResearchKit」を用意しており、米国では心臓疾患のリサーチの成果を挙げています。糖尿病や聴覚、女性の健康についても、今後取り組まれるでしょう。加えて、「CareKit」は病院と患者をつなぐ、遠隔医療も含むアプリ構築ができ、病院のサービスにモバイルを介在させることができるようになります。

 米国は医療や保険の大きすぎるコストを軽減するという社会全体の共通課題が存在していますが、日本は皆保険のためにそうした意識が共有されていません。根源的なインセンティブがない日本で、いかにアップルが医療方面を攻めていくのか、気になるところです。

●教育に注力する理由はエンジニア育成

 ティム・クック氏は米国のニュースに対し、プログラミングなどのスキルがあれば、4年制の大学を出ていなくてもアップルで働くことができると発言しており、「4年制の大学の単位はスキルではない」とも語っています。

 大学の学位は、学問を修め、新たな知識の探究ができることを証明するものであり、良い企業に就職することを目指したものではありません。ただし世界を見ても、結果的には企業は高い学歴の人を採用したい傾向にあることもまた事実です。

 アップルほどの巨大な企業であっても、あるいはシリコンバレーに本拠地を置いていても、エンジニア不足は痛感しているようで、プログラミングができる人を求め続けています。その様子が、Apple Storeでの子ども向けイベントで、積極的にプログラミングを取り入れている様子にも現れてきます。

 12月8日はApple表参道で球体のロボットを用いたプログラミングのセッションを視察しましたし、12月9日はApple丸ノ内にフィールドトリップでやってきた立教小学校3年生のSwiftのクラスに飛び入り参加しました。

未来のエンジニア候補?

●プログラミング教育必修化も「歓迎」

 プログラミングのスキルについては、エンジニアになる・ならないを問わず、より多くの人々が身につけるべきだとして、日本のプログラミング必修化も歓迎の姿勢を見せました。その上で、Apple Storeでのカリキュラムが日本の学校での必修化されるプログラミングの授業の助けになるとも語りました。

 アップルの教育への取り組みはこれまで、教育向けにコストをおさえたモデルを用意する、ハードウェアによるアプローチを採ってきました。しかし現在、その役割はいまiPad(第7世代)が一手に引き受けてあまりあるほど、このiPadはパワフルでコストパフォーマンスに優れたモデルになりました。

 だからこそ、Apple Storeでのカリキュラムの充実に力を入れ、そこへ子どもたちを呼び込み体験をさせることで、アップルが考えるテクノロジー教育の方向へと誘導しようとしているように感じました。

●工場視察で見せた「違った側面」

 クック氏の来日に3日間同行しましたが、基本的には人との交流が続いていた印象でした。以前出会った人と再会する、エンジニアを激励する、優れた才能を持つアーティストに敬意を表するなど、アップルのビジネスに関わる人との時間を多くとっていました。

 一方、違った表情を見せたのが、iPhone 11 Proのインクと印刷を提供するセイコーアドバンス訪問時でした。ミッドナイトグリーンの塗料を攪拌している様子を、自分のiPhone 11 Proと見比べていたり、工場視察を念入りに行い、またショールームでは完成品のサンプルとカラーサンプルをじっと黙って見つめ、その眼光の鋭さに愕きました。

鋭い眼光を見せたクック氏

 クック氏はCEOになってからすでに9年が経ちますが、それ以前はCOOとして、調達やサプライチェーンの最適化を通じて、製造業としてのアップルのビジネスモデルそのものを変革し、会社を立て直したその人でした。

 そんな一面が見られたことは、貴重だったかもしれません。


筆者紹介――松村太郎

  1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

mobileASCII.jp TOPページへ