まさかの大型化iPhone SE 2 Plus登場か

文●篠原修司

2019年12月14日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは2021年前半にFace ID非搭載でTouch IDのままのiPhone SE 2 Plusをリリースする。アップル関連の著名アナリスト、ミン=チー・クオ氏がその予測を12月5日に発表した。

 わかる、わかっている。みなまで言うな。「iPhone SE 2がPlusになったらそれはもう“SE”じゃないのでは?」みんなそう言いたいのだろう? わかるよ。

 でもひとまず名前の件は横に置いといて欲しい。

 同氏によると、iPhone SE2 Plusは5.5インチか6.1インチサイズの液晶ディスプレーを搭載したノッチなしのデバイスだという。

 そして電源ボタンが横に移動し、指紋認証のTouch IDも電源ボタンと統合されるため、液晶画面は全面ディスプレーになるとのことだ。

 これはこれでおもしろいデバイスだと言えるのではないだろうか?

 おそらく名前は異なるものになると思うが、2020年の新型iPhoneが有機ELディスプレーに切り替えられるうわさが流れていることを考えると、「iPhone SE 2」シリーズは液晶ディスプレー搭載モデルとしてこれからの人生を頑張っていくのかもしれない。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

mobileASCII.jp TOPページへ